ルイージVIP攻略/立ち回り解説


私的VIPランク
:つらい ★★★★☆

数いるヘイトキャラの中でも一際のヘイトを集める嫌われ者。大体が掴みからのリターンが高すぎてどう頑張っても掴みを擦るキャラにしかならないせい。技のフレーム自体はマリオよろしくどれも異常なほど優秀だが運動性能が極端で横の差し合いが非常に弱い。差し合いを制して勝つキャラではなくリターン差で勝つキャラなので火力の稼ぎどころは把握しておきましょう。まぁ、主に掴みからのコンボルートになるんですが…。コンボは%によって派生が多くアドリブ性が高いので数をこなして感覚で慣れる必要がありますが、分かってくると笑えるぐらいダメージを伸ばせるので楽しくなってきます。立ち回りについては機動力が低いので相手への近づき方を覚えるのでまず一苦労すると思います。後は復帰の仕方が通常キャラとはあまりにも違うので最初の内は狩られまくる可能性も。それらを克服できてしまえば技はどれも優秀なものが揃っているのでどうにでもなってしまう印象。ほんと最初の導入部分がすんなり行くかどうかで感じる難易度が天と地ほど変わると思います。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★★
(発生 2F ダメージ 2.4 + 2.4 + 4.8)
2F発生は強い。リターンが高い訳ではありませんがほとんど発生負けしないのでとりあえず密着状態で暴れたい時の安パイ。

【横強】 ★★★
(発生 5F ダメージ 10.8)
ルイージの中ではリーチが長く発生・回転率ともに優秀で使い勝手のよい技。リターンは高くないのでとりあえず前方に攻撃を置きたい時にどうぞ。

【上強】 ★★★★
(発生 5F ダメージ 7.2)
前方から上方にかけてカバーでき持続も長めなコンボ始動技。余程の高%でもない限り何かしらの攻撃で追撃可能なのでリターンも高い。背面には攻撃判定が存在しない点と密着でガードされれば反撃を受ける点には注意が必要。対空攻撃や着地狩りとして積極的に狙っていきましょう。

【下強】 ★★★★
(発生 5F ダメージ 6)
アホみたいなモーションでアホみたいな連射性能を誇るアホ技。吹っ飛ばし力は皆無だがそのおかげで掴みが繋がったりする。一番の脅威は崖狩り。崖掴まりに当たり、当たると斜め下に飛んで行くためそのまま復帰阻止を決めやすい。また崖上で下強を連打することで攻撃上がりを誘えるのでガードで捌くことによって撃墜チャンスも作れる。見た目以上に嫌らしい仕事をしてくれる技。

【横スマッシュ】 ★★★
(発生 12F ダメージ 18)
リーチは極めて短いがその分、発生と威力に優れた横スマ。当てるには回避や着地に合わせる必要がありますが当たった時のリターンは高い。ただルイージには他にもリターンの高い攻撃が盛り沢山なので無理にこれを通す必要はありません。チャンスに活かすためのひとつの手段として用意しておきましょう。

【上スマッシュ】 ★★★★★
(発生 9F ダメージ 16.8(14.4) )
発生・攻撃範囲・威力・後隙どれも優秀。主な使いどころはやはりガーキャン。撃墜%になったらと言わずにチャンスだと思ったら積極的に振っていきましょう。例えガードされようとも大きなお咎めはありません。攻撃が後ろ側から始まるので背面でガードした時や相手がめくって着地した時などが特に狙いどころ。当然メインバースト択になるので振り慣れておきましょう。

【下スマッシュ】 ★★★
(発生 6F ダメージ 18(16.8))
これまたフレームが優秀なスマッシュ。強攻撃ばりの発生を誇りリーチも横スマより長いのでちょっとした確定場面で使えると便利。撃墜も狙えますが横スマに比べたらやはり必要%が高いので横スマが間に合うならしっかり横スマを選択したい。

【DA】 ★★★★
(発生 4F ダメージ 2.4×4 + 4.8)
発生が早く移動距離もそれなり。多段技なので持続も長くガードされてもしっかりとめくってくれる。あまつさえ威力まで高く崖端なら撃墜も狙えてしまう。撃墜出来なくとも相手を外に追い出せるのでその後の崖展開が美味しい。要するに強い技。脚の遅いルイージにとって貴重な横のカバー範囲の広い技。相手の後隙・着地隙に対してダッシュ掴みが間に合わないと思ったらこの技で拾っていきましょう。シリーズ通して死に技のイメージが強すぎてこの技が強い事に未だに慣れない…

【空中N】 ★★★★★
(発生 3F ダメージ 14.4(持続7.2))
ライダーキック系空Nにハズレなし。発生・持続・判定・着地隙が優秀で当てると相手を真上に打ち上げるのでコンボ始動技になる。ただ全体フレームが長いので上りで振ると無防備な時間が長くなってしまいます。コンボ始動技としての側面を活かすためにも下りでの使用を基本としましょう。

【空中前】 ★★★★
(発生 7F ダメージ 9.6)
異様な回転率を誇り小ジャンプから余裕で2回振れる。威力は低いものの判定は強いので対空攻撃として非常に優秀。ルイージの横の差し合いはとりあえず空前でジャンプを咎めるところから始まります。復帰阻止技としても吹っ飛ばし力は低いものの判定の強さが活きるので復帰弱者にはよく刺さります。

【空中後】 ★★★★
(発生 6F ダメージ 16.8(持続9.6))
ルイージの空中攻撃の中で唯一まともな吹っ飛ばし力を持っておりステージ上からちゃんと撃墜が狙える貴重な技。リーチが長くダメージも高いので撃墜以外でも優秀。コンボの締めに持ってくるのが理想的。持続も長めですがカス当てになるので撃墜を狙いたい時はちゃんと出だし部分を当てること。

【空中上】 ★★★★★
(発生 5F ダメージ 13.2(持続8.4))
空前同様、回転率が異様なためガンガン振れる。ダメージの割に吹っ飛ばし力が低いためコンボパーツとしてかなり優秀。%が高くなっても持続のカス当て部分からなら高%までコンボが繋がるため反転空上であえてカス当てを狙う価値さえある。ルイージのコンボ火力の根幹を成す大事な技なので浮かせた時はまず空上を当てることを考えましょう。

【空中下】 ★★★
(発生 10F ダメージ 12(持続9.6))
悪さしてるイメージの強い悪い技。出だしにメテオ判定がありますが地上の相手にはメテオにならないので注意。下投げから狙うのが主な使い道になっていますが強力なメテオ技なので復帰阻止で狙うのももちろんあり。ただ空中横移動が極めて悪いので深くまで追いかけて当てるのは無理。下から復帰に合わせるか下強で崖下に落とした時が狙いどころ。

【NB:ファイアボール】 ★★★★
発生 17F ダメージ 7.2(持続6))
マリオと違いバウンドせずに直進する飛び道具。弾速が適度に遅く嫌らしい仕事をしてくれます。相手にガードを固めさせるもよし、ジャンプを誘うもよし。横の差し合いの弱いルイージの救世主的な技なので適度に撒いて相手を動かしましょう。引きこもって連打してるのは時間の無駄なのでやめましょう。

【横B:ルイージロケット】 ★★
(発生 22F ダメージ 7.2~25.2(暴発30))
あまりに頼りない復帰技。ただこれを使わないと冗談抜きで復帰できないので使わざるを得ない。発動前も発動中も発動後も隙の塊なので相手の手の届かな深さまで降下して使うのが基本。スマッシュ入力で少し溜まるのが早くなるので基本はスマッシュ入力。暴発はする確率は1/10。速度が速いと壁に突き刺さる確率が上がるので注意。注意ったって暴発したらどうしようもないんですがね…

【上B:スーパージャンプパンチ】 ★★★
(発生 8F ダメージ 地上30. 空中24(持続1.2))
ハイリスクハイリターンの権化。密着以外では何の役にも立たないので使う場面はガーキャンか下投げからのコンボの2択。どちらも確実に当たるという保証はなく当然リスクの伴う行為なので性に合わなければ無理に使う必要はない。私も初めてVIPに入れた時は全く使いませんでした。ただ当てた時のリターンは凄まじく試合を決定づける一撃にも余裕でなり得るので自分の撃墜リスクの低い内は覚悟を決めてトライすることをオススメします。復帰技としては意外と狩られないので安心感がありますがあくまで崖下まで移動できた場合の話。そこまでの道中が危険。

【下B:ルイージサイクロン】 ★★★
(発生 10F ダメージ 2.4×4 + 4.8)
1F無敵の最強の暴れ技。回避は間に合わないけど下Bなら間に合うという事態が発生してしまうため相手の確定コンボを崩したり出来るのが脅威的。攻撃と一緒に相手を巻き込む風判定が発生するのでカバー範囲も見た目以上に広い。ただ読みを外すと隙だらけもいいところなので考えなしに入れ込まない。暴れ以外の用途はやはり下投げからのコンボ。確定帯が広くバーストも狙えるので撃墜択としても重要です。ちなみに無敵発生は地上4~8F、空中1~7F。

【掴み】 ★★★★★
(発生 その場 14F, ダッシュ16F, 振り向き17F)
言わずと知れた最重要技。ワイヤー掴みならではの発生の遅さと外した時の膨大な後隙はもちろん兼ね備えているが、そのリターンの高さから人は擦ることをやめない。0%の即死コンボはもちろん中%でのダメージ稼ぎから撃墜に至るまであらゆる場面で高いリターンが望めので試合中一貫して最も狙いたい行動になりますが、相手も当然最も警戒しているので警戒している相手にどうやって掴みを通すか、または掴みを避けようとする相手をどう咎めるかがルイージの闘いのカギになります。





<立ち回り方>

警戒されていようが結局は掴みを狙っていく

近づかなければ何も出来ないけど自分から近づくのは苦手。なので掴みとNBを振りかざして相手に動いてもらうことを祈りましょう。本気で拒否されたら何も出来ません。立ち回りで勝てないキャラがほとんどなのでワンタッチの火力差で勝つイメージが大切。

1)基本の立ち回りについて
本命択は掴み。それは相手も分かっているはずなので掴み拒否の動きを考えながら立ち回る。①掴み、②NB牽制、③対空攻撃。この3つの動きが立ち回りの基本となります。NBを撒いて地上からの攻めを牽制しつつガードやジャンプを誘発。掴みやNBを嫌がってジャンプしたら対空攻撃で叩く。対空攻撃を嫌がって地上から来るようならダッシュ掴みや振り向き掴みを通す。自分から攻め込むのは弱いということを念頭に置きつつ相手の動きに合わせて対応していきましょう。

2)主軸となる技について
掴み・NBは言わずもがな。対空攻撃としては回転率の高い空前・空上が便利。どちらも小ジャン最速で撃つと着地前にもう一度攻撃を振るだけの猶予があるので空Nで着地を誤魔化すなり空中ジャンプで逃げるなりワンセットで考えると強力。密着状態においては弱・強攻撃・DAどれも強力なので特に困ることはありませんがガーキャン上スマだけは意識して使えるようにしておくと撃墜の面でも助かります。

3)最低限覚えるべきコンボ
【下投げー空下・空上・上B・下B】
ルイージの全てと言っても過言ではない投げコン。0%からの即死コンボがあまりにも有名ですが出来ないので説明は割愛。

1) 0%時は即死まで行けなくても空下のダメージが高いので空下から繋ぐのはあり。私は妥協も妥協の上スマを使っていましたが…

2)ある程度%が溜まって来たら空上に繋ぐのが安パイ。大体空上からもう一発ぐらいは殴れるのでダメージを稼ぎましょう。オススメは反転空上からの空後本当てですが反転動作が必要なので余裕がある人だけでOK。

3) 60%~70%ぐらいになったら上B一発KOが狙えます。リスクは伴いますがリターンがあまりにも大きいので狙う価値あり。大体外ベク変なので内ベク変なら諦めるぐらいの気持ちで外一本狙いがいいかもしれません。

4) 100%前ぐらいまでの広い範囲で下Bが繋がるので安定を取るなら上Bよりも下B。状況に応じて撃墜も狙えます。上Bほどシビアではありませんがこちらも相手のベク変に対応する必要があるので相手の挙動に注目。

4)復帰について
特殊。そして明確に弱点。空中横移動があまりにも悪いので横の移動のほとんどを横Bに頼る必要があり、これが他のキャラとは異なるのでなかなか曲者。横Bのタメ時間中および移動中は隙だらけもいいとこなので相手の攻撃の届かないところで使う必要があります。まずはルーペになるぐらい下深くまで溜めながら降りて崖下まで移動、ジャンプと上Bで真下から崖を掴むという基本の復帰ルートを覚えましょう。これが出来ないと本当にびっくりするぐらい帰れません。上Bは上昇量・速度が優秀なので意外と狩られません。

5)バースト手段について
理想は上B早期撃墜。ただそれだけ狙う訳にもいかないので上Bを狙うのはいい%で掴めた時かあからさまに隙の大きい攻撃をガードした時だけでいいと思います。それ以外ではガーキャン上スマ・下投げ下B・空後が使用頻度の高い撃墜択。崖端後投げも撃墜力高めですが、そもそも掴みを警戒されやすいキャラなので崖端で狙うのはなかなかにリスキー。

6)復帰阻止について
空中攻撃がどれも優秀なので実は復帰阻止能力は高い。ただ空中横移動が無さすぎるせいで外まで追えないし復帰のリスクが高すぎるので復帰阻止に行くのは得策ではない。行くのは真下からの復帰に対してのみでいいです。オススメは相手の崖掴まりに下強を合わせて、下に落ちたところを復帰阻止。

7)ガーキャン行動について
空中攻撃が優秀なのでどれも使えますが意識した方がいいのはやはり上スマ。範囲・威力・後隙どれも優秀。撃墜時はもちろんダメージ稼ぎとしても使っていいと思います。上Bは意外とズレたりして当たらないことも多いので自信をもって当てられる時のみでいいです。掴みは発生が遅すぎるので狙わない。狙っちゃうけど。

8)キャラ相性について
間合いに入ってくれないリーチキャラ・弾キャラがキツ過ぎる。上から差し込む能力もないのでNBを撒きつつダッシュガードを上手く駆使して懐に入りましょう。自分から近づいて来てくれる近距離キャラは戦いやすくはありますが立ち回りで勝てる訳ではないので結局は一発のリターン差が大事。





<実践動画>

ルイージVIP立ち回り解説【全キャラVIPのススメ:スマブラSP】

VIP前後での対戦動画です。

1戦目(対ソニック)
機動力の差がひどいので考えなしに技を振っていると差し返されます。幸い相手は近接攻撃しかないので相打ちでリターン勝ち狙いもあり。復帰阻止はかなり厳しいので外に出された時は要注意。

2戦目(対ルキナ)
リーチ差がキツイ。自分から攻めに行くと差し返されて終了ですが距離を詰めない限りこちらの攻撃が届かない間合いを維持されるだけなので頑張って近づくしかありません。ダッシュガードを上手く使うことと甘い空中攻撃をちゃんと咎めることが大事。復帰阻止は危険。

3戦目(対ホムラ&ヒカリ)
ヒカリは見るからに差し合いがキツイ。ホムラはリーチ差がえぐ過ぎて近づけない。要するにどっちも辛い。ちゃんとガードを使う。無理に暴れない。基本のコンボを安定して決める。丁寧に戦うしかありません。

4戦目(対サムス)
キツ過ぎるでしょ。どうやって戦えばいいのかこっちが聞きたい。動画の試合は少ないチャンスで上手く壊せたって感じ。それが正解な気がします。貧弱な機動力でこちらから攻め込まなければいけない展開が多くなるので相手の迎撃手段は何が多いのか考えながらどうにかこうにか距離を詰めましょう。


【執筆時ver. 12.0.0】

【PR】VIP達成したら記念にamiiboを



他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です