ピクミン&オリマーVIP攻略/立ち回り解説

私的VIPランク:苦痛 ★★★★★

特殊操作キャラ。しゅーとんが頑張ってるおかげで強キャラのイメージあるけど上手に使えないと無茶苦茶弱いです。とにかく両極端。攻めてる時の火力はえげつない。適当に決めたの?ってぐらい1発のダメージ高い上にコンボも多い。ただ攻められてる時の防御力の低さは壊滅的。ピクミンいないと追い払うこともできないし、ガード張ろうにも触覚が飛び出してるせいでガード漏れしまくるし、おまけにものすごく軽い。戦い方が分かるまで目も当てられない勢いで負けまくると思いますが、そんなに上手に動かせなくてもVIPまでならちゃんと勝てますのでめげずに頑張りましょう。ピクミンの色管理についてもそんなに難しく考えずに要点だけおさえれば上手いこと行くのでご心配なく。ちなみにCスティックはスマッシュ推奨です。

<ピクミンの色について>


最低限覚えておいた方がいい色毎の特徴まとめときます。この他にも細かい違いがあるそうですがそこまでは知らなくていいです。
【赤ピクミン】
攻撃力がちょっと高いスタンダードなピクミン。投げは弱い。
【青ピクミン】
攻撃力は普通だが投げがめっちゃ強い重要ピクミン。
【黄ピクミン】
攻撃力は普通だが攻撃範囲が広い使いやすいピクミン。
【紫ピクミン】
攻撃力が一番高い代わりにスマッシュのリーチが短く、投げも弱い。ダメージ稼ぎからバースト狙いまで頼りになる重要ピクミン。横Bで相手にくっつかずに軽く吹っ飛ばす。耐久力が高いので生き残りやすい。
【白ピクミン】
攻撃力が低い代わりに横Bで張りついた時に与えるダメージがものすごく高い。気持ち掴みのリーチが長い。横B専用と考えてよい。


<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★★
(発生 4F ダメージ 3.6 + 3.6)
ピクミンがいなくても使える近距離の暴れ技。リーチは短いが中%帯まで投げが繋がるので暴れ以外でも狙っていく価値のある技。

【横強】★
(発生 15F ダメージ 13.2)
わかりやすい封印技。昔はいっぱいあったけど今作では珍しい死に技。一応、ピクミンいなくても使える唯一のバースト技だが狙わなくてよい。

【上強】★★★★
(発生 6F ダメージ 8.4)
持続が長いので対空に使える。横方向には見た目通り範囲狭い。主な使い道は降り空Nからのコンボ。広い%帯で上強から空上が繋がるので当てられると火力が伸びやすい。

【下強】★★★★★
(発生 6F ダメージ 7.2)
重要技。踏み込むためリーチがあり持続もちょっとある。広い%帯で空前が入るので積極的に狙いたい地上での立ち回りの要。頭はでかいが姿勢は低いので着地狩りにも使える。後隙も少なめなのでガードされても手痛い反撃はもらいにくい。先端意識で振るのがよい。崖掴まりにも当たるので困ったらこれ。

【横スマッシュ】★★★★
(発生 11F ダメージ 24.3(赤))
もはや飛び道具。というか本当に飛び道具判定。リーチと根元の威力が異常。モーションが分かりにくいのも相手からすると嫌。そこそこ連射性能も高いが、技範囲が真横にしかないのでジャンプで簡単に躱される。脳死で連射してると簡単に負けます。ただ強いのは間違いないので要は使い方。持続も長いので引き技、置き技として非常に優秀。

【上スマッシュ】★★★★★
(発生 12F ダメージ 16.8(赤))
重要技。立ち回り技兼バースト技。ダメージが高い上に低%時は上スマから上スマに繋がり、さらに空上-空上まで入るとんでもない技。吹っ飛ばし力もあるのでバースト択でもある。横方向の範囲は狭いが後ろ側にも判定があるので意外とめくられても当たる。ガーキャンで使うのが使いやすいが対空としても使える。ただし、飛び道具判定で相手の攻撃とかち合うと相殺されてしまうので信用は出来ない。

【下スマッシュ】★★★
(発生 10F ダメージ 18.4(赤))
前後に同時に判定の出るタイプの下スマ。弱くはないが横スマか上スマでいい場面が多いのであまり使い道はない。表裏確認に自信がない時にどうぞ。当然だがピクミン2匹いないと前後には攻撃できない。

【DA】 ★★★
(発生 8F ダメージ 8.4 + 4.8)
弱い。この技いっぱい振ってた時は全然勝てなかった。一見持続あるし発生も悪くないし使いやすいんだけど、後隙長いのとリターン薄いのであんまり強くない。着地狩りなどDA使いたくなる場面では下強を使うこと。

【空中N】★★★
(発生 7F ダメージ 9.6)
範囲は狭く密着状態じゃないと当たらない。ピクミンがいなくても使える。ピクオリは掴みが使いにくいので密着時のガーキャン択。降りで当てると上強に繋がるので狙う価値あり。上Bのキャンセル技としてもお世話になる。

【空中前】★★★★
(発生 7F ダメージ 14.2(赤))
リーチは短いが発生が早く使いやすい技。空中攻撃はスマッシュと違って武器判定なのも強い。復帰阻止としても使いやすい。立ち回りで振る技なのでOPがかかりやすく、ステージ上からバースト出来るほどの威力はない。

【空中後】 ★★★★
(発生 10F ダメージ 18.1(赤))
空前ほど発生が早くないが威力が高く技範囲も気持ち広い使いやすい技。紫空後は普通にバースト択。崖側ならどの色でもバースト狙える。ただし白ピクミン、テメーはダメだ。

【空中上】 ★★★★
(発生 8F ダメージ 15.1(赤))
発生が早く、上方向に範囲も広いので色んな技から繋がる使いやすい技。低%時は空上からも繋がる。空上が入ると火力が伸びやすいので積極的に狙っていきたい。上空で当てられるとバーストも狙える。

【空中下】★★★★
(発生 9F ダメージ 15.1(赤))
空上をそのまま下にしたような技。当然使いやすい。出だしにメテオ判定がある(地上の相手にはメテオにならない)。技の持続が長く、持続部分も威力が低くないのがキモで、崖掴まりを非常に狩りやすい。相手が崖掴むタイミングの分かりやすいキャラの場合は無理に復帰阻止に行くより崖上で空下狙った方が強いまである。技の範囲が下に長く、武器判定であることを活かして着地狩りの展開での暴れとしても強い。

【NB:ピクミンひっこ抜き】 ★★★
(発生 1F ダメージ -)
ピクオリが難しい元凶。全体フレームはそんなに長くないが、その間完全に無防備になるのでタイミングが重要。ステップ挟みながら一匹ずつ抜くといいとか聞きますが、慣れない内はそんなことしてるとテンパるのであまりおすすめしません。ただでさえこのキャラ考えなきゃいけないこと多いので。抜ける時に抜けるだけ抜いときましょう。3匹以上抜こうとすると失敗して後隙大きくなるので連打にだけは気を配ってください。ちなみに出てくるピクミンの色はランダムではなく「白→紫→赤→黄→青→白→」と順番が決まっています。次が何色か 無理に覚えておく必要はないですが、そろそろ~色来るなぁぐらいの感覚は持っておきましょう(特に、バースト択になりやすい青、紫)。

【横B:ピクミン投げ】 ★★★★
(発生 9F ダメージ 7.2(紫))
難しい元凶その2。間違いなく強いけど使い方が難しいです。飛び道具ですが紫以外は相手がのけぞらないので、向かってくる相手に投げても関係なく距離を詰められて攻撃されます。また手元にピクミンがいないと各種攻撃出せなくなる仕様上、ピクミン潰しながら近づかれると一気に窮地に立たされます。ただ相手からすると非常にやっかい。はがさないと痛い定数ダメージ入るし、はがすためには攻撃振らないといけないし、付いてる場所によっては攻撃当たらなくてはがせないし、飛び道具はピクミンに当たって消えるしでたまったものじゃない。なので、積極的に狙っていきたい技ではありますが、この技に躍起になっているとかなり動きが疎かになりがちなので、横Bでダメージを取るというよりは横Bで相手を動かして迎えうつという意識が大切です。ちなみに定数ダメージは赤青黄が 2.4%、白が 5.6%です。攻撃でのけぞっている間も当然ダメージは入るので、くっつけてコンボ決められたりするとあっという間に撃墜%まで到達します。

【上B:羽ピクミン】★★
(発生 -F ダメージ -)
厄介者。ピクオリの必殺技はどれも難しいよ…。攻撃判定のない純粋な上昇技。手持ちのピクミン数によって上昇速度がかなり異なる。3匹いると普通に遅いので狩られたい放題、0匹だと余裕で終点の下回って来られるぐらい違う。攻撃技でキャンセル可能なので必ずしも崖を掴みに行く必要はなく、無理やり台上に帰る選択肢もあると覚えておきましょう。あまりないけど連続で使用するとガス(?)切れになるので注意しましょう。

【下B:ピクミン整列】★★
(発生 -F ダメージ -)
整列と言いながら用途が多岐にわたる癖の強い技。①離れたピクミンを呼び寄せる。一番使うのは吹っ飛ばされた時。オリマーが吹っ飛ばされるとピクミンはしばらくついてこないのですぐに呼び寄せることをおすすめします。反射で自分に張りついたピクミンを戻すこともできるので覚えておきましょう。②ピクミンの順番をひとつ送る。空中攻撃をその場で空振りしてもできるのでこれはお好みで。ピクミンの色調整は場面に余裕があるときに。③ 2-7F にスーパーアーマーが発動するので着地の誤魔化しに使用する。ダメージは受けるが回避より全体フレームが少なく反撃が取りやすい。連射できるがアーマーのフレームが短いため慣れが必要。慣れない内は無理に使う必要はない。私は使えない。

【掴み】 ★★★★
(発生 その場 12F, ダッシュ 12F, 振り向き 12F)
ハイリスクハイリターン技。低%時には下投げ空前で火力が伸びる。%をためれば上投げバースト出来る。特に青ピクオリの投げはダメージも吹っ飛ばしも異常。「青ピクミンの投げは強い」と心に刻んでおきましょう(青ピクミンは投げが強すぎて下投げ空前が繋がらないのは注意。逆に投げの弱い赤、紫の場合は下投げ空前の確定帯が広いので覚えておくとお得です)。ただし、発生が遅いので普通のガーキャンつかみのタイミングで打っても通らない。掴み癖のある人はここで捨てていきましょう。投げの仕様は先頭ピクミンにより決まるが、連れている匹数によってダメージと後隙が変わり、ピクミンが多い方がハイリスクハイリターンとなります。3匹でのダッシュ掴みは全体フレームが1秒(60F)以上ある。やばい。使うときは狙いすまして。

<立ち回り方>

かなり特殊なキャラなので普通のキャラの感覚で使っていても全然うまくいきません。ボコボコのボコです。負け続けた私が意識して上手くいったのは「とにかくピクミンが 0 匹にならないようにする」ということ。ピクミンがいない状態で追いつめられるとピクミンを抜く暇もなくなり、攻撃で追い払うこともできないまま、あれよあれよと殴られて気づいたらバーストされます。最低でも追い払う用のピクミンが常に手元にいるように、横Bで投げる時も 2 匹までにする。欠員が出たら隙を見つけてすぐに補充する。これらを意識したらいくらか立ち回り易くなったのでまずは試してみて下さい。

その他、要点をいくつか挙げておきます。

1)ピクミンの色管理について
ピクオリが難しい最大の要因。色管理が難しいからピクオリ敬遠している人も多いのではないでしょうか。VIP狙い程度であればいくつかのポイントに絞って管理すれば十分に上手く立ち回れるので要点をおさえて管理しましょう。
①ピクミンの色に行動を合わせる
行動に合わせてピクミンの順番を合わせようとするから難しいのであって先頭のピクミンの色に合わせて行動を決めれば自然と強い行動ができます。例えば先頭が青ピクミンなら投げを狙うなど。必ずしも行動を縛られる必要はないがそういう意識の持ち方をするだけで思考の余裕がだいぶ違います。
②白ピクミンは即投げる
白ピクミンは各種攻撃が弱いです。バースト確定だと思ったら白で倒しきれなかったという悲劇を少しでも減らすために白ピクミンはすぐに横Bで投げましょう。相手につけられたら引くほど強いし。
③バースト帯では青ピクミンと紫ピクミンを大切に
普段は白ピクミン以外そんなに意識しないで使ってもらって問題ないですが、ダメージが稼げてバースト帯になったら紫ピクミンでの攻撃もしくは青ピクミンでの投げを意識した立ち回りに変えましょう。バースト意識は常に高く。

2)コンボについて
覚えておいて欲しいコンボは 4つ
【上スマー上スマー空上ー空上】
代名詞的ぶっ壊れコンボ。通ると50%ぐらい出て相手の心をえぐる。上スマー上スマは基本は 0 %時のみだと思って、ちょっとダメージ入ってたら上スマー空上に切り替えましょう。最大取ることよりもダメージ漏らさないことの方が重要。
【下強ー空前】
地上での立ち回りの主軸。簡単で当てやすく火力も取りやすい優れもの。%低すぎると繋がらないのは注意。%高い時も繋がらないが着地狩りの展開になるのであり。
【降り空Nー上強ー空上】
割と広い%帯で繋がり狙える場面も多い。簡単なのも助かる。小ジャン最速空Nでは出来ないので降り空Nから繋ぐこと。
【弱弱ー掴み】
これも割と幅広く繋がるイメージ。近距離での不意の暴れから火力が取れるので覚えておくと必ず役に立ちます。飛びが大きくなると繋がらずに隙を晒すことになるのでいつまでも脳死で振らない。

3)復帰について
まず言っておくのは復帰弱いです。選択を誤ると一気に窮地に立たされるのでかなり気を遣う部類です。意識して欲しい項目を箇条書きにしておくので参考にしていただければ。
①大きく吹っ飛ばされたら下Bでピクミンを呼び寄せる
吹っ飛ばされるとしばらくピクミンがついて来ないので呼び寄せてすぐに投げれる準備をすること。
②ピクミンの匹数を調整する
相手の復帰阻止の体勢が整ってなく余裕をもって帰れるときは気にしなくていいのですが、阻止狙われている時は復帰力の上昇と相手への妨害のために横Bでピクミンを投げつけましょう。ただし、全て投げ捨てた状態で崖展開になると吐くほど辛い思いをすることになるので極力 1 匹は残すようにしましょう。
③たまには上から帰る
ピクオリは復帰も狩られやすいし崖展開も辛い(触覚が出てるので崖掴まりも弱い…)ので必ずしも崖を掴みに行くのが正解ではありません。上昇量を活かしてたまには上から帰って空Nで強引に降りる選択も取りましょう。

4)バースト手段について
ダメージは簡単に稼げるんですが、バースト技当てるのに苦労するので意外とバ難を感じることが多いです。自身の体重がかなり軽いのもあって常にバースト意識を強く持って相手より先行してバーストすることが勝利へのカギです。個人的にバースト機会が多かったのは横スマ、上スマ、青ピクミン投げです。こいつらは早期撃墜が狙え、通せると試合を有利に進められるので積極的に狙っていきましょう。それ以外はある程度%溜めた各種空中攻撃、もしくは復帰阻止という感じでした。

5)復帰阻止について
空中機動がフワフワ系で出の早い空中攻撃が揃っているので復帰阻止が強いキャラです。しかし、積極的に狙っていくべきかと言われるといまいちです。理由は攻撃を外すと早く帰れないので、逆に阻止を決められたり、崖展開が弱いので攻守が逆転してしまうリスクが高いから。加えて崖上での空下置きや下強が強く、無理に飛び出さなくても相手に圧を与えることができるので余程のチャンスでない限り復帰阻止は崖上で行うことをおすすめします。

6)ガーキャン行動について
掴みの発生が遅いので癖掴みは禁止。大穴はリターンが高い上スマ。使いやすいのは空前か空N。ただし、そこまで発生が早い訳ではないのでガードされた場合のケアとして距離を取りながら振った方がよいでしょう。やはりガーキャン上スマが強いので狙いたいがしょっちゅうガード漏れするのが心に来る…。

7)キャラ相性について
有名なのがカービィ。ほんと無理。ただでさえ近接の立ち回りがキツイのに吸い込まれると無理ゲーになる。吸い込まれなきゃいいとか言うけどガー不攻撃全拒否とかできたら苦労しないよ。オンラインに多いのもまた辛いところ。他はインファイト仕掛けてくる素早い系もキツイです。思考を巡らす時間がないし抜く暇もないのでテンパる。重量級は行けるはずだが、体重が軽くワンミスで簡単に壊されてしまうので来ても嬉しくはないです。サムスには有利とれるという声もありますが、別にサムスにはチャージショットしかない訳ではないので有利とれるとまでは言い難いと思います。書き出していくと誰に有利とれるんだって感じですがそもそも立ち回りで勝つキャラではなく火力で壊すキャラなので重量級に近いと思って頂ければ。

<参考動画>

VIPでの対戦動画です。
2戦とも横Bだったり色調整だったりピクミンの使い方に関しては割と上手くいってると思いますが、回避だったりの基本の立ち回りが結構危なっかしいのでそちらはあまり参考にしないでください。NBの空抜きが多発してるのもいただけないですね。そして終点のBGMの緊張感の無さはどうしようもないですね(笑)。アプデ希望。

【執筆時ver. 9.0.1】


【PR】VIP達成したら記念にamiiboを


他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です