パックンフラワーVIP攻略/立ち回り解説


私的VIPランク
:普通 ★★★☆☆

圧倒的に影の薄いDLC。ファイターパスにも収録されていないので後からスマブラを買った人はそもそも持ってないとかなんとか…。性能としてもネタ枠臭がプンプンしますがアプデで人知れず強化が繰り返され気づいたら侮れないスペックに魔改造されています。必殺技がどれも特殊で一見取っ付きづらいように見えますがA技はどれも素直なので実はそこまで。なんなら対パックン慣れしている人の方が少ないので勝ちやすいまである。マイナーキャラの特権ですね。立ち回りで重要になるシューリンガンは色々とテクニカルな使い方がありますがほぼ不用。とりあえず相手の方に飛ばせれば問題ありません。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★★★
(発生 2F ダメージ 2.8 + 2.6 + 5.2)
発生2Fでリーチもそこまで悪くない。苦手な密着展開を避けるために相手を追い払う暴れ技として大活躍してくれます。百裂でダメージを稼いでもよし弱3で展開を作ってもよし。上手に使っていきましょう。

【横強】 ★★★★
(発生 5F ダメージ 6.6 + 7.2)
珍しい2段攻撃タイプの横強。発生が早くリーチもそこそこあるのでシンプルに前方に攻撃したい時に使いやすい。2段攻撃なので回避を狩りやすくガードされても1段でやめて誤魔化すなんてことも可能。引き横強を置き技として使うのも有効。

【上強】 ★★★
(発生 5F ダメージ 10.8(8.4))
横の判定は狭いものの上に攻撃範囲が広く、低%ならコンボ始動、高%では撃墜が狙えます。また頭部分に無敵が付くので相手の着地暴れに合わせて使うのが強力。そもそもパックンの頭上は警戒されやすいので通せる場面は少ないですがリターンは高いので狙う価値は十分にあり。

【下強】 ★★★
(発生 7F ダメージ 8.4(7.2))
地上技の中ではリーチが長め。当てると軽く浮かせるので空前で追撃可能。ただ後隙がそれなりにあるので密着でガードされると反撃確定、リーチを活かして置き技として運用しましょう。

【横スマッシュ】 ★★★
(発生 16F ダメージ 22.8(18))
リーチと威力に優れた横スマ。前後隙があるので気軽に振ることは出来ませんが当たれば美味しい。無理に横スマを狙わずとも他にも撃墜手段は豊富なのでチャンスがあれば使うぐらいの認識でいいです。

【上スマッシュ】 ★★★★
(発生 12F ダメージ 3.6 + 14.4 )
吹っ飛ばし力が非常に高い強力な撃墜択。100%手前から撃墜が見えて来るので通せると試合が一気に傾きます。発生もそこそこ早いのでガーキャン技としても選択肢ですが左右の判定が極めて狭いので密着してなければ当たりません。上の攻撃範囲の広さを活かして対空技として狙うことも出来るので上から攻めて来る相手を撃ち落とす択も頭の片隅に準備しておくと狙える場面が増えるのでオススメ。

引用元:https://ultimateframedata.com/


【下スマッシュ】 ★★★
(発生 10F ダメージ 14.4(16.8))
スマッシュの中では最も発生が早く前後攻撃なので範囲も広め。一番の狙いどころは何と言っても回避上がり狩り。パックンは崖展開がメインの稼ぎどころで相手の回避上がりを誘発しやすいので狙える場面も多い。もちろん上スマを狙った方がリターンとしては高いのですが当てやすさで言うと完全に下スマなので安定択として使用しましょう。

【DA】 ★★★★★
(発生 7F ダメージ 12(持続8.4))
伸びが非常に良く加速して飛び込むので奇襲性抜群。ダッシュの遅いパックンにとっては救世主のような技。ガードされてもめくってくれるので反撃を取られにくいのも強い。撃墜は厳しいものの相手を真横に飛ばすので得意の崖展開に持っていきやすく間違いなくパックンの立ち回りの主軸となる技。

【空中N】 ★★★★
(発生 8F ダメージ 2.4×3 + 3.6)
クルクル系全身判定技で使い勝手が良い。主にガーキャンで密着拒否に使用します。ただ発生はそこまで早くないので間に合わないことも多くとりあえず攻撃を振りながら引くための誤魔化し技の側面が強い。着地の誤魔化しにも使えますが、着地隙が小さい訳ではなくランディングフォースも存在しないので注意。最終段前に着地すると気まずい密着展開になるので弱等で追い払いましょう。

【空中前】 ★★★
(発生 7F ダメージ 13.2(10.8))
素早く前方を攻撃出来るシンプルでクセのない空前。攻撃範囲も広く当てやすいので相手を浮かせた時の追撃はとりあえずこれでOK。ただステージ上から撃墜出来るほどのパワーはないので撃墜狙いであれば別の選択肢を用意したい。

【空中後】 ★★★★
(発生 14F ダメージ 17.4)
異様な威力を誇る空後。発生が遅いので一筋縄には当たってくれませんが通せれば早期撃墜も見えてくるハイリターン技。着地隙もあるので目の前に着地すれば当然反撃確定ですが先端であればお咎め無しなことが多いので先端を意識。引き空後で相手が前に出てきたら当たる振り方がベスト。

【空中上】 ★★★★
(発生 7F ダメージ 12)
上方向を素早く攻撃出来るシンプルな技。シンプルな技は大体強い。低%時はコンボ性の高い浮き方をするため追撃で火力を伸ばせる。高%時は撃墜が可能。地味に頭に無敵が付くので相打ちにも強い。相手を打ち上げた時に狙いにいきたい技ですが、パックンは相手の真下を取った時に出来ることが多いので毎度毎度同じ行動にならないように心がけると揺さぶりを掛けられるのでオススメ。

【空中下】 ★★★
(発生 9F ダメージ 13.2(持続10.8))
発生の早いメテオ技。下方向の範囲も広いので当てやすい部類。ただパックン自身の空中横移動が悪いので外に出てまで当てに行くのは悪手。相手の復帰に合わせて崖に置いておく程度に留めましょう。リスクは伴いますが着地狩りを狙う相手に対する暴れとしても無しではない。

【NB:シューリンガン】 ★★★★★
(発生 9F~ ダメージ 16.8(21.6))
代名詞的な飛び道具。独特の軌道で飛んできて弾も大きくバウンドしても攻撃判定が残るので見た目以上に避けにくい。飛ばすまでの一連のモーションが長いので見てからガードが余裕だがガードの削り値も高いのでちょっと嫌。またパックン本体を叩いても弾は消えないので相打ちになるケースも多い。書き出すと厄介極まりない技ですが隙は大きいので当然連射は出来ずタイミングを間違うと手痛い反撃は免れない。使い所は十分に距離のある状況か有利展開に限定しましょう。有利展開の中でも特に崖展開でのシューリンガンは全キャラトップクラスの脅威。その場上がり、崖掴まりっぱなしを両方狩れるように崖をかすめるように投げるのがポイント。ワンバウンドして崖から落ちるとなお良し。

【横B:ポイズンブレス】 ★★★★★
(発生 21F~ ダメージ 1.4×n(最大3.3×n))
ヒットストップのない毒霧を設置する特殊な飛び道具。溜め時間が長いほど停滞時間が長くなりダメージもアップする。食らい判定がないので直接相手を足止めすることは出来ないもののダメージ量がえげつない上手くので相手としてもそうそう突っ込んでは来られない。上手く毒霧を絡めてダメージを稼いだり距離を確保してシューリンガンを飛ばすのがパックンフラワーの立ち回りの基本。ただ後隙が大きいので多少のダメージを覚悟すれば殴ることは容易なので過信は禁物。相手が向かって来るのを見てからでは遅いので撃つ時は空振りになってもいいので気持ち早めを心がけましょう。ちなみに反射技にものすごく弱いので相手が反射持ちなだけで立ち回りが窮屈。

【上B:リーフローター】 ★★★
(発生 13F ダメージ 1.4×n + 4.8)
上昇量の多い復帰技。角度の自由はある程度利きますが下から復帰が基本になることは変わらないのでルートを読まれると狩られやすい。上手くタイミングをずらして復帰阻止を掻い潜りましょう。実は着地隙が小さいので崖をスキップしてステージに戻るのも選択肢。復帰の際に相手を巻き込んで悪さをすることもしばしば…

【下B:ロングレンジパックン】 ★★★
(発生 19F~ ダメージ 10~31.2)
溜め時間に応じてリーチと威力が上がるこれまたちょっと特殊な技。溜め中および攻撃中はアーマーが付くので強引に勝つことが出来る。一番の使い所は復帰阻止に対する妨害。飛び降りてきた相手に合わせるもよし、崖上で待機している相手にちょっかいを出すもよし。角度の調整に少々慣れは必要ですが使いこなせると便利な技。ちなみにガード削り値も高いのでシューリンガン等でガードが減っている場合はブレイク可能。

【掴み】 ★★★★★
(発生 その場 6F, ダッシュ 9F, 振り向き 9F)
掴みの発生が早くガードを固めさせる手段が豊富なので通しやすい。投げは低%で投げコン、高%で上投げバースト持ちとかなり優秀。パックンの強みである崖展開を作るためにもポイポイ外に投げましょう。掴みを警戒してジャンプなどが増えればシューリンガンや空中攻撃・着地狩りが通しやすくなるので相手の行動の変化にも目を光らせること。






※立ち回り解説は現在執筆中、近日公開予定。




<実践動画>

パックンフラワーVIP立ち回り解説【全キャラVIPのススメ:スマブラSP】

VIP前後での対戦動画です。

1戦目(対ガノンドロフ)
近距離攻撃のみ、鈍足、復帰弱い。完全にやりやすいやつ。距離をとって横B・NBで弾幕形成、対処しようと隙を晒しているようなら近距離攻撃を通して外に出して崖攻め展開。パックンの強みを全面的に出していきましょう。こっちのNB・横に合わせて下Bで突進して来る輩もいるので一応警戒。

2戦目(C.ファルコン)
ガノンの速い版。近距離攻撃しかないので基本は引いて拒否の立ち回りで良いが圧倒的にNB・横Bを咎められやすいのでしっかりと安全確認をしてから撃つ。近距離攻撃でしっかりと相手を追い払ってから撃つのがベスト。横Bも気持ち早めに吐く。

3戦目(対ホムラ&ヒカリ)
対ホムラは結構キツい。近距離戦はリーチ差・機動力差で分が悪く、遠距離戦はいつ飛んで来るか分からないブレイズエンドがただただ怖い。ダッシュガードを駆使しながら何とかDA・掴み辺りを通して外に出す展開を作りましょう。対ヒカリは立ち回りが厳しいことに変わりはありませんがホムラよりリターン差で勝ちやすいので幾分マシ。

4戦目(対デイジー)
横の機動力がそれほど高くないのでNB・横Bによる弾幕メインでOK。浮遊にも刺さりやすい。相手のカブはしっかりガードする。復帰の際は崖下に落として来るであろうカブを避けるためにも真下からではなく潜り込んでから復帰すると良い。

【執筆時ver. 12.0.0】

【PR】VIP達成したら記念にamiiboを



他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です