パックマンVIP攻略/立ち回り解説


私的VIPランク
:やや楽 ★★☆☆☆

トリッキーキャラ筆頭。動画で多種多様なテクニックを目にする機会も多く、始めて触る時の腰の重さは全キャラでも屈指。ただそれらのテクニックが必須かと言われると全然そんなことはなく、触ってみると攻撃技は素直で使い易く、フルーツと消火栓の基本的な使い方さえ覚えてしまえば十分に戦うことが出来てしまいます。むしろ攻撃技の性能にさすがのキャラパワーを感じる程。勝ちやすさで言うと撃墜が少々難しいので最初のうちはいいところまでいったけど結局負けたみたいなケースが多くなるかもしれません。ただ立ち回りは間違いなく強いので撃墜の仕方にさえ慣れてしまえばVIPには行きやすい部類だと思います。ぶっちゃけVIPに行くだけだったら横スマブン回してる方が簡単に行けたりもしますがそこは自己判断で…

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★
(発生 4F ダメージ 2.4 + 2.4 + 4.8)
なんの変哲もない弱。無難に使えるがそこまで発生が早い訳ではないので横強で事足りることが多い。

【横強】★★★★
(発生 5F ダメージ 9.6)
素早く前方を攻撃できる使い勝手の良い技。相手を追い払う時はもちろん消火栓を飛ばす時にも活躍してくれます。上下シフト可能で下シフトは崖掴まりにも当たりやすい。威力は低めなので撃墜にはかなりの%を要しますが、パックマンはバ難に陥ることがちょくちょくあるのでそういう時には役に立ちます。

【上強】★★
(発生 7F ダメージ 7.8)
上方向の判定は広めですが左右には全くと言っていいほど判定が無いので地上の相手には使えません。なので用途は対空のみ。使いにくいので封印しても問題ありません。

【下強】★
(発生 7F ダメージ 7.2)
見た目ほど攻撃範囲は広くなく、発生も威力も横強に劣るので横強でいいじゃんってなる技。一応全体フレームは下強の方が短いので隙は小さいですが微々たるもの。

【横スマッシュ】★★★★
(発生 16F ダメージ 19.2(持続10.8))
ビックリするほど威力が高く攻撃範囲も広め、持続もたっぷり。後隙はあるので至近距離でガードされれば反撃をもらうものの、リスクに見合ったリターンの期待できる優秀なスマッシュ。100%未満から撃墜が狙えるので横スマで撃墜出来ると試合展開が非常に良い。ベルで拘束中に当てるのが基本中の基本だが攻撃範囲を活かして素当ても十分に狙えます。

【上スマッシュ】★★★
(発生 11F ダメージ 3.6 + 16.8(持続9.6) )
そこそこ早めの発生でガーキャンから撃墜を狙える貴重な技。上方向にはリーチが長いものの、対地では正面の小さい範囲にしか攻撃判定が無いので当てる時は密着に近い状況が必要。対空で狙うことも出来るが少々難しいのでやはりガーキャンで来たるべきチャンスに合わせて使うのが無難か。

【下スマッシュ】★★
(発生 15F ダメージ 15.6(持続8.4))
前後同時攻撃技。横スマとほとんど発生が変わらないのでめくり確認が微妙な時以外の使い道が分からない。使いませんでした。

【DA】★★★
(発生 10F ダメージ 2.4×3 + 4.8)
移動距離が長い多段技。特筆すべきはその後隙の無さ。例えガードされたとしても不利フレームが驚くほどなく、反撃が間に合う技はほとんどないほど。ただしジャンプで避けられれば持続の長さが仇となって上から叩きたい放題。自分から差し込む手段としてではなく余裕のない相手への追い打ちという形で使用して最悪でもガードさせるように仕向けましょう。

【空中N】 ★★★★★
(発生 3F ダメージ 12(持続10.2, 7.2))
発生が異様に早く攻撃範囲も優秀。持続も長い上に着地隙まで小さい。文句なしの高性能。主な用途はガーキャン反撃・着地の誤魔化し・空中での暴れ。吹っ飛ばし力はほとんどないのであくまで展開を作るための技だが密着状態を拒否したいパックマンにとってこれほどありがたい技もない。ガンガン使っていきましょう。

【空中前】★★★★★
(発生 5F ダメージ 9.1)
発生が早く見た目よりも攻撃範囲も広い。そして何より回転率が異常。小ジャンプから余裕で2回振れる。小ジャン空前から空Nや下Bなどに派生することで防がれた時の誤魔化しも利きやすい。最速で振っても地上の相手にちゃんと当たってくれるので横の差し合いで非常に頼りになります。復帰阻止としても使いやすい性能ですが、吹っ飛ばし力は極めて低いので倒し切るにはかなり深い位置で当てる必要がある。

【空中後】 ★★★★
(発生 9F ダメージ 14.1(持続8.4))
空前とは違い発生が遅い分威力の高い撃墜技。発生が遅いと言っても振り回すには十分な早さで、小ジャン最速振りがたいていの地上の相手に当たるのでガーキャンの選択肢としても無しではない。見た目より持続が長いのも嬉しいが、撃墜するためには出だしの高威力部分を当てる必要があるのでちゃんと狙うこと。撃墜を空後に頼ることが多いのでしっかりと使いこなせるようにしましょう。

【空中上】 ★★★★
(発生 9F ダメージ 12)
地味強技。上方向に攻撃範囲が広いことに加えて撃つとちょっとだけ身体が上に浮くので予想よりも高い位置を攻撃できる。持続も長いので打ち上げた時の追撃だけではなく空中での置き技としても使えます。吹っ飛ばし力は低いので撃墜には高%が必要ですが機会がないわけではない。消火栓を空上で飛ばすといい感じにステージ上に滞在してくれるので余裕があれば試してみてもいいでしょう。

【空中下】 ★★★★
(発生 6F ダメージ 2.4×3 + 8.4)
下方向への多段技。攻撃範囲は見て目より広く当てやすい。最大の特徴はどんな当て方をしても必ずパックマンの向いている方向に飛ばしてくれるということ。これが復帰阻止で大活躍してくれます。注意点は多段技部分があまり相手を引き寄せてくれないので抜けやすいこと。急降下なんかしてたら大いに抜けます。崖下に降りて当てに行く以外にも後ろに引きながら当てても前に飛ばすことが出来るので崖に置いておくなど色々な当て方が可能です。試してみましょう。復帰阻止以外には着地の誤魔化しでも使えます。特にパックマンは消火栓で着地狩りを拒否するケースが多いので、消火栓の生成を叩きに来た相手を空下で逆に返り討ちにするのが中々に通るので有効です。

引用元:https://ultimateframedata.com/



【NB:フルーツターゲット】
(発生 12F ダメージ -)
主力技。溜め時間で効果の変わる特殊な飛び道具。溜めの保持可能(溜め直す時はBボタン長押し)。撃ったフルーツは全てアイテム扱いなので自分も相手もキャッチして再利用可能。アイテム化することによって使用時の隙を減らすことが出来るので基本的にはアイテム化した方が強力。ただし当然アイテム保持中は攻撃技が制限されるのでアイテム化を意識すべきはボスギャラとベルだけでOK。

〔チェリー:ダメージ 5.1〕★★
飛距離は短く弾速も遅い。すぐに出せるのが最大のメリットだが、撃たないでガードを張った方がいい場面も多いのでそこは状況と相談。

〔ストロベリー:ダメージ 7.2〕★★
チェリーのちょっと強化版だがほとんど変わらないので用途は同じ。

〔オレンジ:ダメージ 9〕★★★★
バウンドせず一直線に飛んでいく。弾速も速過ぎず遅すぎず絶妙。当たると相手を真横に吹っ飛ばすためステージ外で当てると撃墜が狙えます。当たらなくとも相手の復帰ルートをいい感じで潰せるのでその後の復帰阻止展開が非常に良くなるとりあえず投げ得なやつ。復帰阻止以外でもNBを溜めると見せかけて急に投げると結構当たってくれる優秀な奴。オレンジ以降は溜め時間が長くなるのでオレンジで投げてしまうというのは回転率の観点からも理にかなっている。

〔アップル:ダメージ 11.4〕★★
軌道がきつめの角度で斜め下に飛んでいくので空中で使うと意表を突きやすい。威力はこれまでのフルーツと比べると高く、150%過ぎたくらいから撃墜も狙えます。ただ使い勝手の面から言うと横の飛距離が短いので少々使いにくい。使用するのはバ難に陥って撃墜出来る択を増やしたい時ぐらいでいいです。

〔メロン:ダメージ 14.4〕★★
高威力だが弾速が非常に遅い。軌道はオレンジに似ているので同様に復帰阻止で使うと機能してくれます。ただし溜め時間が長いので咄嗟には出せず意識していないと狙うことは難しい。積極的に使う選択肢ではないでしょう。

〔ボス・ギャラクシアン:ダメージ 10.8 + 10.8〕★★★★★
通称ボスギャラ。単発ダメージが高い上に当たると2回ヒットしやすく、その間に空中攻撃で追撃することも出来る。まとまったダメージを稼ぐことが出来るので序盤から中盤にかけて最も通したい選択肢。撃墜%になるまでNBはボスギャラまで溜めることを意識しましょう。アイテム化することでコンボが更に決めやすくなるので出来ればアイテム化したい。アイテムキャッチは走ってその場キャッチが出来なければDAや空前でもOK。ステージ外に投げてキャッチするのは余裕が出来てから。

〔ベル:ダメージ 9〕★★★★★
最強の撃墜択。当たると一定時間拘束出来るので横スマが確定します。軌道が独特で普通に投げると当てにくいのでアイテム化してから狙うのが定石。ベルはしばらく地面でバウンドしてくれるのでキャッチが容易なのも嬉しい。アイテム化するとガーキャン投げが可能になるので一番の狙いはそれ。ただベルを所持していると相手もガードを固めてくるのでそこは駆け引きが必要。

〔カギ:ダメージ 19.2〕★★★★
最大溜めだけあって高威力。弾速が非常に早くて避けづらいのも強い。それなりに%は必要だがもちろん撃墜も可能。撃墜狙い以外でも相手の飛び道具を全て消しながら飛んでくれるので弾幕を張ってくるような相手にはかなり刺さります。相手によっては序盤から積極的に使うのもあり。消火栓を1発で飛ばしてくれるので消火栓ごと飛ばすのが有効ですが、その場合タイミングがかなり読まれやすくなるので工夫は必要。

【横B:パワーエサ】 ★★★★
(発生 24F ダメージ 7.2~14.4)
軌道の自由度の高い突進技。移動距離も非常に長く判定も強いので復帰技としてかなり安定します。注意点はエサを落とされると突進できないので復帰阻止の届かない場所で発動すること。ベルと組み合わせたオシャレな撃墜は出来ないので割愛。

【上B:パックジャンプ】 ★★★
(発生 4F ダメージ 6(7.2, 8.4))
3段回の復帰技。2回目、3回目はちゃんとトランポリンに乗らないと跳ねてくれないので意外と復帰で事故のもとになったりする。3回目のジャンプはそれなりに高度が稼げますがそこに至るまでにかなり時間がかかってしまうので相手キャラによっては容易に狩ってきます。極力1回目のジャンプでさっさと崖を掴めるように復帰しましょう。発生が早いので実はガーキャンとしても選択肢。使いませんでしたが。

【下B:消火栓】 ★★★★★
(発生 9F ダメージ 10.8(吹っ飛び15.6))
用途が多岐に渡るパックマンの立ち回りの要。メインの使い道は自分の前に設置してNBを溜める時間稼ぎ。それ以外だと相手の飛び道具に対する壁、着地狩り拒否、崖下の相手に対する遠距離攻撃。一定のダメージ(13%)を与えると消火栓を飛ばすことができ、これもまた強力な飛び道具として使えます。飛ばし方は横スマで一発で飛ばすのもありですが隙が大きいので消火栓から降りながら空後を当てて後1発で飛ぶ状態にしてから飛ばすのがオススメ(下記GIF参照)。これだと飛ばすタイミングも飛ばし方も調整しやすいので立ち回り組み込みやすくなります。消火栓は当然相手も利用できるのでそこは要注意。特に飛び道具でも飛ばすことが出来るので盾として活用してた消火栓にそのまま襲われないように気を付けましょう。ただ消火栓を飛ばすために相手が時間を費やしてくれるとNBを溜める時間が生まれるのでそれはそれでありがたい展開。なんにせよ重要な技なのでバンバン使って使い方に慣れましょう。

オススメの消火栓の飛ばし方


【掴み】 ★★★★
(発生 その場 12F, ダッシュ 14F, 振り向き 15F)
最強の掴み。発生こそ遅いもののリーチが長く何より持続が長い。その持続の長さたるやその場回避で避けられないほど。掴みは回避で避けるというセオリーを完全にぶち壊す破格の掴み。そして全体フレームは長いものの後隙は小さく意外と狩られにくいのもポイント。ガーキャンからの反撃としては使いにくいということとジャンプには滅法弱いということにだけ気を付けて積極的に使っていきましょう。投げは中%まで繋がる投げコンがあるためダメージを稼ぎやすく、高%時は後ろ投げで撃墜可能とリターンも悪くない。




<立ち回り方>

バ難になっても立ち回りを崩さない、相手を動かす

優秀な飛び道具、時間稼ぎを可能にする消火栓、密着拒否能力の高い空中攻撃とガーキャン反撃。ガン待ちしてくれと言わんばかりの性能をしていますが、そんなことしてても不毛なので攻める時は攻める、引く時は引く、メリハリをつけて立ち回りましょう。

1)基本の立ち回りについて
NB(フルーツ)を溜める。近づいて来たら小ジャン空前で迎撃。密着されたらガーキャン空Nで追い払う。これが全て。NBはリターンの高いボスギャラまで溜めるのが基本ですが、たまにオレンジを投げつけると不意打ちとして効果的。また中%を過ぎてボスギャラコンボが入らなくなったらベルの生成に移行する。消火栓はNBを溜めるための足止めや飛び道具対策として設置してもいいし消火栓自体を飛び道具として活用しても良い。ただ消火栓絡みの操作は結構慣れが必要なので立ち回りが崩れそうだと感じたら必要最低限の使用でも構いません。

2)主軸となる技について
前述の通りNB・空前・空N・下B。これらを使いこなせれば立ち回りで困ることは特にありません。特に大事なのは空前・空Nの使い方。これらで相手を追い払うことでNBを溜める時間的余裕を確保しましょう。下Bは妨害・飛び道具としての扱い以外に着地狩り拒否としての大事な役割もあります。またその他の技として掴みも非常に強力な選択肢。隙が大きいので乱用は出来ませんが要所要所で使っていきたい。

3)最低限覚えるべきコンボ
【上投げー空上】
中%まで繋がる投げコン。掴んだらとりあえずこれで火力を伸ばしましょう。

【空前ー空前 or 空N】
小ジャン最速空前からのコンボ。低%限定だが空前から空前、再び空前と複数回入って外まで追い出せる。締めを空Nに変えても繋がるし、空前をガードされたら下Bで消火栓を出して逃げるなんてことも可能。とにかく近距離戦の主軸となるコンボなので臨機応変に使い分けられると立ち回りが変わります。

【NB(ボスギャラ)ー空前】

ボスギャラを絡めたお手軽高火力コンボ。ボスギャラで浮いたところに空前を入れてもう一度ボスギャラを当てる。そこからさらに追撃も出来ますがちょっと難しいのでまずはボスギャラから空中攻撃を一発入れることを考えましょう。アイテム投げの方が後隙が少ないので確定シーンが増えますが、NBから発射する場合でも一応コンボは可能。



4)復帰について
基本は横B。判定が強いのでルートを読まれても早々阻止されません。パワーエサを食べる前の部分を叩かれると弱いので発動位置には要注意。上Bは狩られやすいので出来れば使いたくありませんが、1回目のジャンプでさっさと崖を掴める場合はあり。またその他の選択肢として下Bを使うと一瞬滞空して復帰のタイミングをずらすことが出来るので崖上で待ち構えられている場合などに有効。とにかくパックマンはステージ外での自由度が高いので最短で崖を目指す必要はなく、しっかりと相手の動きを確認してからルートを選択するようにすると防御面が格段にアップします。

5)バースト手段について
意外と困る。横スマの威力が異常なので横スマでさっさと撃墜出来るのが理想。80%ぐらいから撃墜が狙えるのでそれぐらいになったらベルの生成を始めましょう。横スマを除くと復帰阻止、空後、上スマ、消火栓、カギ、後投げといったところ。復帰阻止については後述。空後は試行回数を稼ぎやすくステージ上から倒すなら一番のリスクの低い選択肢。上スマはガーキャンで。消火栓、カギは低リスク撃墜択だが準備に時間がかかるので当たったらラッキー程度。後投げは高%かつ崖際でなければ撃墜できませんが、なんだかんだ言ってあると嬉しいのが投げバ。ちなみにリンゴは信用ならないので狙いませんでした。オレンジで外に出す方がマシです。

6)復帰阻止について
復帰距離がかなり長いのでステージ外での自由時間が長く復帰阻止性能はかなり高い。主要な撃墜択でもあるので積極的にいきましょう。狙う技は威力は低いが脅威の回転率を誇る空前、威力の高い空後、多段技で当てやすく必ず向いている方向に吹っ飛ばす空下が選択肢。特に空下は撃墜力も高いので積極的に狙っていきたい技ですが急降下しながら当てると抜けやすいのが難点。復帰阻止に行く際に役に立つのがオレンジ。程よい速度で一直線に飛んでいくので相手の復帰ルートを潰しやすく当たればそのまま撃墜も可能とかなりお得な技。時間がある時はとりあえず投げておきましょう。

7)ガーキャン行動について
迷ったらとにかく空N。発生・範囲ともに優秀でたとえ防がれてもそのまま逃げることが出来るので咎めることも難しいと雑に強い技。これだけで密着を拒否することが出来るのでガーキャン空Nは立ち回りにおいても強行動。これで相手を追い払ってNBを溜める時間を確保しましょう。少々発生は遅いですが上スマもガーキャンからの選択肢になり得るので撃墜%になったら意識していきたい。

8)キャラ相性について
多彩な飛び道具を持ち機動力も悪くなく近接も強いので割と誰とでも戦えます。反射持ちは面倒ですが面倒止まり。近接を軸に据えて反射されないように投げつければ問題なく戦えます。




<実践動画>

パックマンVIP立ち回り解説【全キャラVIPのススメ:スマブラSP】


VIP前後での対戦動画です。

1戦目(対C. ファルコン)
言うまでもなく脚が速いので簡単に距離を詰められてしまいます。NBを溜めるのは相手を追い払って余裕を作ってからにしましょう。パックマンは肉弾戦でも十分に強いのでNBの頻度を押さえるというのも手。またこういう近距離ファイターの場合、ボスギャラ・ベルまで溜め切らずにオレンジの段階でポイポイ投げてしまうのも結構有効。

2戦目(対ロボット)
飛び道具対策の消火栓をビームは貫通してくるしコマは上を飛び越えて来るしで結構厄介。近距離戦も相手は判定が強い空Nを振り回してくるので要注意。復帰阻止はかなり行ける相手なのでガンガン狙っていきましょう。

3戦目(対ウルフ)
相手の飛び道具の弾速が速いのでNBを溜めるのを妨害されがち。せっかく溜めたNBも反射が怖い。相手の空Nの判定が強いのでこちらの空中攻撃は潰されがちと厄介な要素を兼ね備えた強敵。それでも立ち回りでやりきれないことはないので相手の行動をしっかりと見て焦らず戦いましょう。こいつも復帰阻止は狙いどころ。

4戦目(対ケン)
密着が怖いのでとにかく接近を許さない。密着されたら空Nで追い払う。相手の飛び込みは空前で叩く。飛び込みからの差し込みが多いのでフルーツの投げるタイミングは要注意。溜めてる間に詰めてきたと思って焦って投げると飛び越えられて痛いのをもらいます。


【執筆時ver. 12.0.0】

【PR】VIP達成したら記念にamiiboを



他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です