アイクVIP攻略/立ち回り解説


私的VIPランク
:やや楽 ★★★★☆

脳筋パワーキャラに見せかけて剣士キャラ特有の繊細な間合い管理とコンボによるダメージ稼ぎを要求してくる意外と立ち回りで考えなければいけないことが多いキャラ。扇風機と揶揄される空Nをブンブンしてるだけでもある程度のところまで行けてしまうのは事実ですが、それだけでVIPに到達することは難しいと思われるので伸び悩んだら間合い管理についても考えてみましょう。見た目通りパワーは申し分ないのでバースト手段は豊富に取り揃えており、立ち回りと撃墜で狙う技を変える必要がないのは嬉しいところ。辛いところは飛び道具耐性の無さと復帰の脆さ。こればっかりはどうしようもないので頑張りましょう。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★
(発生 4F ダメージ 3 + 3 + 6)
弱としては取り立てて優秀な部分はありませんがアイクの中では密着で素早く出せる技として重要。ただ弱を通せるなら掴みを通したい場面が多いのも事実。もちろん弱の方が早いので出番がない訳ではないがケースバイケース。

【横強】★★★★
(発生 12F ダメージ 16.2)
発生は遅いがその分リーチと威力が高い横強。先端であればガードされてもほとんど反撃を取られないので振り方にさえ気をつければ置き技として活躍してくれます。もちろん撃墜力も高いのでバースト技としても活躍してくれます。一応上下シフト可能で威力の変化はなし。

【上強】★★★
(発生 11F ダメージ 14.4(9.6))
発生は遅めですが持続と攻撃範囲が優秀。対空攻撃やジャンプ読みで使うのが基本。ガードされれば普通に反撃されるので気軽に振れる技ではありませんが撃墜出来る技なので狙う価値はあり。

【下強】★★★★★
(発生 7F ダメージ 9.6)
地上戦の要。発生が早く回転率も高いため差し合いで気軽に振れる技として重要。リーチも悪くなく当たるといい感じで浮き上がるので空中攻撃で追撃できダメージ稼ぎとしても申し分なし。崖掴まりにも当たるのでそのまま撃墜に持って行けたりもする。使っていきましょう。

【横スマッシュ】★
(発生 31F ダメージ 26.4(22.8))
劣化ガノン。封印で。

【上スマッシュ】★
(発生 25F ダメージ 20.4(12) )
劣化ガノン。こちらも封印。

【下スマッシュ】★★
(発生 13F ダメージ 19.2(22.8))
相手の隙を咎めるのに使えるぐらいには発生が早いので一応選択肢。この技でなければいけない事も少ないのでわざわざ使うかと言われると使いませんでしたが。

【DA】 ★★★★
(発生 15F ダメージ 16.8(13.2, 10.8))
発生撃遅なのに何故か当たってしまうDA。予備動作とダッシュモーションが似てるからかな?単純に広すぎる攻撃範囲のせいな気もしますが。ほぼスマッシュみたいな威力をしてるのでもちろんバースト技。攻撃範囲が上にも広いので小ジャンプで躱しきれないのが強い。狙いどころは着地狩りと外回避読み。特に外回避で距離を取ることが癖になっている人は多いので意識して狙ってみるとバンバン通ります。

【空中N】 ★★★★★
(発生 10F ダメージ 9(7.2))
攻撃範囲と持続の優秀さは見た目通りだが、何故か着地隙も少ない。そしてヒット後は良い感じで浮くので高%まで確定コンボが存在し火力を稼げるどころか撃墜できたりする。一番隙の少ない攻撃が一番火力高いならそりゃ擦るわなって感じの性能。低%から中%ならどこを当てても大体コンボが繋がりますが高%では後側の持続部分を当てる必要があってちょっと難しいので意識的に狙うのは諦めました。もちろん弱点もあって、着地隙が少ないと言っても密着でガードされると反撃を取られることと発生が遅いので発生前を潰されやすいということ。また登りで当てても旨みはないので降りで狙うのが基本になるためガードされやすい。いかに空Nを通すかがアイクの立ち回りの全て。

引用元:https://ultimateframedata.com/



【空中前】★★★★★
(発生 11F ダメージ 15.6)
発生は遅めですが攻撃範囲が異常。空N、下強、下投げで浮かせた時の追撃の安定択でもあり出番は多い。吹っ飛ばしのベクトルが低めなので崖際での撃墜の期待値が高めですが逆にステージ中央からは高%でも撃墜出来ないので空上を選択するなど工夫が必要。相手の飛び込みを迎撃するなら空Nよりも空前の出番。攻撃範囲の広さを活かして復帰阻止にも活躍してくれます。

【空中後】★★★★
(発生 7F ダメージ 16.8)
発生・威力・リーチどれも優秀な間違いなく強い技。吹っ飛ばし力も抜群なので最も通したいバースト技でもあります。空Nからも繋がるので一番狙いやすいのはそれ。ただ%が高くなると入りにくくなるので撃墜狙いだと直接当てる必要が出てきます。地上の相手には登りで振ってもデカキャラにしか当たらないため降りで当てる必要があり、そうなるとガードで防がれやすくなかなか通りません。なので狙うなら対空、特に空上を匂わせて回避を誘ってから当てに行くのがおすすめ。

【空中上】 ★★★★
(発生 13F ダメージ 13.2)
技範囲の秀でた優秀な着地狩り技。威力も高く発生もこの性能であれば悪くは無いレベル。後隙は大きいが後隙を狩られるような位置関係で振る技ではないので特に気にならない。アイクは意外とジャンプ力があるのでかなり上空で当てることができ、空上でバーストする機会もかなり多い。打ち上げてから最速で当てに行くのも回避を誘ってから当てに行くのもどちらも強い。揺さぶって相手に2択を迫りましょう。

【空中下】★★
(発生 16F ダメージ 18)
大振りのメテオ技。見た目通り範囲は下に広いですが横は狭いのでしっかりと上を取る必要がある。着地時の暴れとして使えなくもありませんが当然ハイリスク。当たる確信が持てる時以外は使わなくていいと思います。

【NB:噴火】★★
(発生 30F~ ダメージ 12~)
崖狩り専用技。溜め時間が長いので復帰に時間がかかるかつタイミングが読みやすいキャラ限定。私は下強で崖狩りすることが多かったのでほとんど使いませんでした。

【横B:居合切り】★★★
(発生 -F ダメージ 7.2~)
復帰技。十分に溜める高度があればかなり横に移動できる。発射するタイミングを自由に選べるので相手の復帰阻止を掻い潜ることも可能で、直接崖に掴まるのが基本だが危険を感じたら頭上を越えてステージに戻るのも選択肢。またダッシュ中に相手を感知すると自動で攻撃し、攻撃した場合は尻餅落下にならずに再び行動可能になるので復帰阻止手段が直接攻撃しかない相手には阻止されにくいのも強み。攻撃しなかった場合は尻餅落下となるが着地までの時間が短い場合は極端に着地隙が少なくなる特性があるため出来れば地面に近い高度で発射したいがそうすると阻止に捕まりやすくなるというジレンマがある。

【上B:天空】★★★
(発生 15F ダメージ 7.2 + 1.2×n + 3.6 + 7.2)
復帰技としては復帰距離微妙な上に狩られやすいといまいちな性能だが、攻撃手段としてはダメージが高くアプデで撃墜も可能な吹っ飛ばし力をもらったのでそこそこ優秀。狙うとしたら復帰時の巻き込みかガーキャン。もちろん後隙は膨大で発生も遅めな部類なので気軽に使うことは出来ませんが、後隙多めのDA等に対する反撃としては十分に間に合う早さなので選択肢のひとつとして用意できると役に立つ時があると思います。

【下B:カウンター】 ★★
(受付 9~33F ダメージ 12~)
何の変哲もないカウンター。使うとしたら相手の復帰技潰し。それも空前で事足りることも多いのでそんなに出番はありません。刺さる相手にだけ使いましょう。アイクとか。

【掴み】★★★★
(発生 その場 7F, ダッシュ 10F, 振り向き 11F)
掴みの発生としては普通ですがアイクの中では発生が早い部類。さらに中%まで繋がる投げコン持ちなのでダメージ稼ぎとしても重要な役割を果たします。投げコンが繋がらない%になったらリターンがガクっと下がるので頻度を減らして崩しの手段としてのみ使いましょう。




<立ち回り方>

空Nだけの男ではない

強みは圧倒的なリーチとパワーキャラとは思えないほど繋がるコンボ。始動技の使い勝手の良さも相まってダメージ稼ぎ性能はかなり高いと言えます。一方で弱みは近接で素早く出せる技が無いので懐に入られると弱いということと復帰の脆さ。復帰については一度の読み負けで1ストックが簡単に消えるので、復帰で狩られることが多いと感じたらちょっと手札を増やしてみましょう。

1)基本の立ち回りについて
パワーキャラとは言えやる事は一般的な剣キャラと一緒。リーチと武器判定を押し付けて相手を近づけない。技が大振りで前隙・後隙が大きいので相手に反撃を取られない振り方を意識することが何より大事。空Nを始めとした始動技が通るとコンボでまとまったダメージを稼げるのでリターンを意識した技選択も出来るとなお良し。空Nを振り回すだけでは処理されて終了なので空Nを通すための立ち回りを考える。

2)主軸となる技について
言わずと知れた空N、地上戦の要の下強、崩しの掴みはどれもコンボで火力を稼ぐ事もできるので非常に重要。後は近寄らせないための技として横強置きと空前対空の技範囲が異常。どちらも前隙・後隙が大きいので振り方には注意が必要。浮かせた後の追撃、着地狩りとしては空上・空後・DAが強力なのでダメージ稼ぎとしても撃墜としても積極的に狙っていきましょう。

3)最低限覚えるべきコンボ
【空Nー空前 or 空上 or 空後 or 上強】
アイクの基本でもあり奥義でもある空N始動コンボ。空前・空上が最も通せる機会が多いのでまずはそこから。0%時には上強を選択。空後は空Nを背面当てした場合に狙いやすいです。空Nの背面は持続部分のため吹っ飛ばし力が低く空後の確定帯が広くになります。自分から狙って背面を当てに行くのは少々難しいですが、当たった時にすぐに反応できるように知識としては持っておきたい。

【下強ー空前】
気軽に振れる下強から火力を伸ばせる重要コンボ。崖掴まりに当てると高%でも繋がりそのまま撃墜出来るので非常に強力。使っていきましょう。

【下投げー空前 or 空上】
中%まで繋がるお手軽投げコン。内ベク変の場合は空上も繋がります。ダメージとしては空前の方が高いのですが、空上は当てた後に着地狩り展開を継続出来るので私は当たる場面では空上を選択していました。

4)復帰について
弱い。上Bはアーマーがあるとは言え狩られやすいので横Bで崖を掴むのが基本。相手があからさまに崖に攻撃を合わせようとスマッシュホールド等で待ち構えている時は欲張って攻撃を当てに行くと危険なので頭上を超えて帰りましょう。ジャンプを潰されると復帰力がガタ落ちするのでジャンプの切りどころが何より大事。多少の被弾もやむなしで生きて帰る事を最優先に考えましょう。

5)バースト手段について
横強・DA・空前・空後・空上。パワーキャラの名に恥じぬ豊富さ。立ち回りで振る技でそのまま撃墜出来るので特別撃墜のために動きを変える必要はありませんが、着地狩りでの撃墜が大事であることと撃墜%で掴んでも美味しくないということを覚えておきましょう。

6)復帰阻止について
空前の攻撃範囲が異常なので強力な撃墜手段ではありますが復帰が弱いので阻止に行くのは斜め上に飛ばした時だけ。崖下の相手に対しては下強で崖掴まり狩りを狙いましょう。タイミングの読みやすい相手であればNBも選択肢。

7)ガーキャン行動について
無いと思った方が良い。大きな後隙に対しては上Bが間に合うことと背面上方向の攻撃に対しては空後が当たるということを覚えておくといいことがあるかも知れませんが、基本は掴みが通らないシチュエーションであれば距離を取ることを考えて下さい。

8)キャラ相性について
リーチが長くてパワーもあるので並大抵の近接キャラなら立ち回りが強かろうが壊しやすいです。ただ機動力がないので飛び道具を撒きながら距離を取られると追いつけないのでかなり厳しい。弾でジャンプを潰されるとそれだけで帰ってこれないという場面も多く、こればっかりはしょうがないという感じです。頑張りましょう。



<実践動画>

アイクVIP立ち回り解説【全キャラVIPのススメ:スマブラSP】


VIP前後での対戦動画です。

1戦目(対クラウド)
大剣対決。似通った性能をしてるところもありますが機動力と技の出の早さで完全に負け。下手に攻め込んでガーキャン上Bに捕まらないように注意。相手は飛び込みによる差し込みが多いので対空迎撃意識は高めで。

2戦目(対クッパ)
身体がデカいので空Nをかなり通しやすい。しっかりとコンボを繋いでダメージをとりましょう。相手のガーキャン上Bは最優先で警戒。相手の空前による復帰阻止もかなり脅威。

3戦目(対ホムラ&ヒカリ)
ヒカリは普通に立ち向かっても絶対に追いつけないので迎撃で倒す意識で技を置く。ホムラであれば差し返せるのでちゃんと相手の攻撃を見る。ブレイズエンドは普通に辛いので何とか耐える。

4戦目(対ピカチュウ)
ヒカリ同様追いつけないので置き技中心の戦い。相手の差し返し、ガーキャン反撃に捕まらないように技を振るのが何より大事。ここまで機動力に差があると軽いとは言え撃墜が困難なので着地狩り展開を大切にすること。


【執筆時ver. 11.0.1】

【PR】VIP達成したら記念にamiiboを



他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です