こどもリンク(ヤンリン)VIP攻略/立ち回り解説

私的VIPランク:つらい ★★★★☆

弾幕キャラの代表的存在。個人的には相手として当たりたくないキャラ筆頭。飛び道具持ちはVIP楽勝なんて言う人もいますが私はめちゃくちゃ苦戦しました。慣れていないとまず飛び道具の撒き方が難しく、すぐに距離を詰められて弾を撃つ暇も与えてもらえません。そして何よりバースト。良い感じにダメージを稼げても撃墜択が少なく最終的にバースト勝負になって負けるパターンが多かったです。飛び道具は最初は通っていたものも試合終盤になるにつれて相手が慣れてきて通用しなくなることが多いです。弾幕の張り方は大いにその人のクセが出るものでなかなか試合中に変えることは難しいのでジリ貧になる前に多少強引にでも撃墜択を通しに行く戦い方をおすすめします。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★★
(発生 4F ダメージ 2.4 + 1.8 + 4.2(or百裂))
リーチは短いしダメージも高くはないが素早く暴れられる技が少ないので割と使ってしまう。弱い技ではありませんが弱で甘えない方がリターンが高くなるケースも多いので弱の頻度が多いなと思ったら技選択を見直すことをおすすめします。

【横強】★★
(発生 10F ダメージ 14.4)
心許ない威力と発生とリーチ。使用頻度は高くありませんが高%時であれば撃墜も出来るので隙の少ない置き技としてたまに使います。

【上強】★
(発生 9F ダメージ 9.6)
もっさり動作であまり使う気になれない上強。一応前後に判定がありますがそれなら上Bの方が確実に優秀。

【下強】★★★★★
(発生 8F ダメージ 12)
地味に重要な技。見た目以上に後隙が少なくガードされても手痛い反撃はとられない。逆に当たれば空前が確定するので%によってはそのまま撃墜も可能。発生に物足りなさを感じますがリターンが高いので特に撃墜レース時に積極的に狙いたい技。

【横スマッシュ】★★
(発生 15F ダメージ 7.2 + 14.4)
発生の割に威力は高めですがリーチが短いので当たるビジョンが描けない。後隙も大きいので確定シーン以外では使わないように。

【上スマッシュ】★★★
(発生 10F ダメージ 3.6 + 3.6 + 9.6 )
ガーキャンからの撃墜択。発生もそこそこ早く威力もちゃんと撃墜できるだけはあるので信用出来る。前後に判定があり3段攻撃なので持続も長く対空攻撃としても使えますが外すと隙だらけもいいところなので振るなら当てること。

【下スマッシュ】★★★
(発生 9F ダメージ 15.6(14.4))
スマッシュとしては威力がやや物足りないがその分発生が早いのでちょっとした確定反撃場面で重宝します。横スマより使用機会は上。ただ後隙は大きいので確実に入る時以外は使わない。

【DA】★★★★
(発生 8F ダメージ 13.2(12))
剣が短いので若干リーチが足りない時もあるが基本はダッシュが速いので着地狩り・後隙狩りとして十分な仕事をしてくれる。あくまで差し返し択、これで差し込むとえらいことになるので気をつけて下さい。困った時の頼れるバースト技でもあります。アプデで前投げが強化される前はほとんど撃墜をDAに頼ってた苦い思い出。

【空中N】 ★★★★★
(発生 4F ダメージ 12(6))
大人リンクに比べて足が短いので攻撃範囲は狭いですがその分発生が早く持続と判定の優秀さは健在。密着された時に相手を追い払ったり着地を誤魔化したり浮かせた相手の追撃に使ったり用途は多岐に渡ります。持続当てから他の攻撃に繋いだり出だしを当てて撃墜したり攻めの面でも大活躍してくれます。

【空中前】★★★★
(発生 14F ダメージ 7.2 + 9.6)
発生が遅めだが2段攻撃で持続が長く威力も高め。飛び道具で浮かせて空前で撃墜するのがヤンリンの理想。ベクトルが斜め上なのがちょっと残念。地上の相手に1段当てからコンボも出来ますがまぁ、必須ではないです。

【空中後】★★★
(発生 6F ダメージ 6 + 8.4)
空前よりも威力はないが出は早いのでちょっと浮かせた時の追撃に使えると火力稼ぎが安定します。反転入力苦手なので私はそこまで使いませんでしたが。こちらも1段当てからコンボが可能。

【空中上】★★★★
(発生 5F ダメージ 18(14.4))
意外なほど発生が早く低%時に下投げ、上Bから繋がるコンボパーツ。それ以外でも持続の長さを活かして着地狩りに使え、出だしを当てれば撃墜も可能。大人リンクより間違いなく出番は多い。

【空中下】 ★★
(発生 13F ダメージ 21.6(18))
超持続、高威力だが使い勝手は良くない。一応ガードされても跳ねて逃げやすいので着地際の暴れとして使えるが空Nで良い。

【NB:炎の弓矢】 ★★★★★
(発生 14F~ ダメージ 4.8~14.4)
飛び道具にしては発生・後隙が優秀で飛距離も溜め無しでも十分なほど。被弾すると良い感じに真上に浮き上がるのが強力で追撃に行きやすい。弾幕の主役。単発火力は低いので必ず追撃とセットで考えましょう。

【横B:ブーメラン】 ★★★★★
(発生 27F ダメージ 13.2+)
お馴染みのブーメラン。語る必要がないぐらい強力な飛び道具。スマッシュ入力で威力と飛距離が増加するのでスマッシュ入力推奨。NB同様、近距離で当てれば空中攻撃が確定するのでダメージ稼ぎから撃墜までヤンリンの攻撃の主軸。

【上B:回転斬り】 ★★★★★
(発生 9F ダメージ 1.2×n + 3.6)
強力なガーキャン攻撃かつコンボの締め。地上では後隙が異様に少なくガードされても手痛い反撃をもらわない上に当たれば空中攻撃に派生できる優れもの。空中では攻撃範囲の広さから飛び道具などから繋がり撃墜も出来る強力なコンボパーツ。外したら痛いからあまり狙いませんでしたが。復帰技としては阻止されやすくカウンターにすこぶる弱いのでイマイチですが外向きに撃って逆に相手を巻き込んだ撃墜するなんて使い方も出来るのでまぁまぁ。ワイヤー復帰もありますし。

【下B:爆弾】 ★★★★
(発生 17F ダメージ 2.4×n)
生成型飛び道具。弓矢、ブーメランとはまた違った軌道で牽制できるので折り混ぜていきたい。近距離で当てられれば空中攻撃に繋がるのは他の飛び道具と同様。生成してから投げて攻撃出来るまでに時間がかかるので使用するのは比較的余裕がある時にすること。

【掴み】 ★★★★
(発生 その場 12F, ダッシュ 14F, 振り向き 15F)
ワイヤー掴みなので発生は遅いがリーチは長く、飛び道具によってガードを固めやすいので掴むチャンスは大いにある。投げ自体のダメージは高くないが0%時には投げコン、高%であれば前投げで撃墜も可能。相手を崩す手段として上手に使いましょう。空中でのワイヤー攻撃も中距離での差し合いで使えますが上手く使いこなす自信が無かったので私は使いませんでした。



<立ち回り方>

飛び道具単品ではなく追撃もセットで考える

リンク族の中でも機動力と飛び道具に特化したキャラ。飛び道具はどれも優秀でその弾幕性能は全キャラでも随一。ただし弾は所詮弾。単発の威力は低く、ひたすら飛び道具で攻撃していてもワンタッチで数十%稼ぐのが当たり前なこの時代においてそれだけでは応戦できません。ひたすら崖に逃げて詰められたら逆崖に逃げてという戦い方をしていてもいつか捕まって火力負けします。そうならないためにも、飛び道具が主軸となることに間違いはないのでそこからどう攻撃を組み立て行くのかを考えましょう。あとは撃墜手段の確認。これも必須項目。

1)基本の立ち回りについて
まずは多彩な飛び道具で弾幕を張る。ただし相手との距離が遠すぎると飛び道具からの追撃に行けないので常に相手の間合いのちょっと外ぐらいを意識すること。接近されても出の早い技、優秀なガーキャンは揃っているので追い払うことは容易。あまり飛び道具に固執しないで接近される気配を感じたら一旦撃ちやめて迎撃体勢を取りましょう。そして撃墜意識は常に高く。飛び道具をひっかけて撃墜出来れば理想的ですが、上手く拒否されるようであれば多少のリスクを冒してでも倒しに行く気構えで。リード時は特に。試合が長引くほど相手が飛び道具に慣れてしまうので不利です。

2)主軸となる技について
NB・横Bが軸で余裕がある時に下Bを混ぜる。飛び道具で浮かせたら空前・空Nで追撃。接近されたら空N、掴み、ガーキャン上Bで追い払う。撃墜%になったら下強、ガーキャン上スマも意識。

3)最低限覚えるべきコンボ
かなり数が多く難易度の高いものも多々。難しいもの、機会の少ないものは無視して撃墜に絡むコンボから優先して習得しましょう。
【飛び道具各種ー空前】
低%〜高%まで確定してダメージ稼ぎから撃墜までお世話になる最も決めたいコンボ。ブーメラン、爆弾からが繋ぎやすい。弓矢は硬直が短いので空Nに繋げるのもよし。
【下強ー空前or上B】
こちらも割と低%〜高%まで入る。撃墜も可能なので優先的に狙いたい。%が高すぎると下強が浮きすぎてしまうので上Bを選択する必要があるが外ベク変された場合はちゃんと確認しないとヒットしないのでリスクもあります。ベク変猶予が短いのでVIP手前でされたことほとんどないけど。
【上Bー空上】
ガーキャンからの反撃で火力が稼げる優秀なコンボ。出番も多いので使えるように。相手のベク変確認だけが少々やっかい。

4)復帰について
上Bかワイヤーの選択肢があって優秀。基本は復帰阻止に来られる前にワイヤーでさっさと崖掴まってしまうのが安全。相手がルートを塞ぐように待ち構えているところにワイヤーで帰ろうとすると持続の長い技を置かれて狩られるので危険。大きく外に出された時は下Bでボムを出しておくと小突かれても帰れるパターンが増えるのでおすすめ。

5)バースト手段について
困るのでバースト手段の整理は最優先項目。一番狙いたいのは飛び道具からの空前撃墜。近距離で当てる必要はあるが飛び道具始動のため低リスクでバーストできる理想的な形。次点で下強撃墜コンボ、空中攻撃直当て、ガーキャン上スマなどの近距離攻撃。最終的にはDA、前投げで撃墜できるものの高%が必要になるので出来ればその前に仕留めたいところ。

6)復帰阻止について
あまり行かない。やるなら下から帰ってくる復帰力の低い相手に急降下空Nするぐらい。それもリスクの高い行為なので爆弾準備したり崖展開を大事にする方が有意義だと思います。崖下に爆弾落とすのはあり。

7)ガーキャン行動について
上Bが強い。ものすごく発生が早い訳ではないが表裏確認不要で当てたらコンボに派生可能、後隙が少ないのでガードされても手痛い反撃はなし。ただしバーストはできないので撃墜%であれば上スマ狙いに切り替えたいところ。掴みはワイヤーなので発生の遅さに注意。空Nはワイヤーに化けまくるので信用していませんでした。操作精度が悪いだけなんですけどね…

8)キャラ相性について
割とどのキャラ相手にも不利だと感じることは少ないはず。反射持ちも厳しいように見えて実はそこまで。強いて言えば飛び道具を撒く暇もなく接近してくる素早い近距離ファイターが面倒。



<実践動画>

VIP前後レベルでの対戦動画です。

1戦目(対マルス)
剣のリーチでは負けますが相手には飛び道具が無いので常に相手の攻撃範囲の外で立ち回ることを心がけましょう。復帰阻止はキツイので頑張って躱してください。無理な時は無理。

2戦目(対インクリング)
機動力が高くダッシュの姿勢も低いので飛び道具を掻い潜って接近される機会が多くなります。あまり弾幕を張ることに固執しないで密着されると思ったら空N、上Bで追い払いましょう。

3戦目(対セフィロス)
リーチ差が厳しいのでなかなか近づけませんが、相手は身長が高く飛び道具が被弾しやすいので上手く飛び道具を起点に攻め込みましょう。近づけないので弾幕を張り続けるしかありませんが、正直相手サイドの方が嫌なはず。自分がセフィロス使ってたら絶対やりたくないカード。




【執筆時ver. 11.0.1】

【PR】VIP達成したら記念にamiiboを



他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です