「ガーキャン」タグアーカイブ

意識したい立ち回りの基本①

この記事では、全キャラにほぼ共通して言える
立ち回りで意識しておきたい基本的な事項を紹介したいと思います。
いわゆる巷で「スマブラ力」とか呼ばれるものだと思って頂けたら。
基礎的なことなのでVIPを目指している方ならば
実力に関わらず押さえておきたい内容です。

もちろんキャラ毎に適した立ち回りは存在しますが
そういった細かなものは各キャラの個別解説として紹介できればと思います。


①バースト意識を持つ

このゲームの基本中の基本ですが、いくらダメージを与えてもバースト出来なければ勝てません。いやいや、当たり前では?と思うかもしれませんが、非常に大事です。今一度反芻してください。

リスクの低い技を中心とした立ち回りでダメージを稼ぐのはもちろん大事で多くの人ができていると思いますが、撃墜%が溜まってからきちんとバーストを意識した立ち回りに変えられているでしょうか?
いつまでたっても、確定場面で撃墜できない投げを選択したり、もはや繋がらないコンボ始動技をあててくる人がVIP手前だと大勢います。

撃墜%を稼いだら多少のリスクを冒してでも撃墜技を当てにいく姿勢が大事です。
例え当たらなくても相手に恐怖心を与えることが重要。対人戦なので当然メンタル面も影響します。何事もビビらせたら勝ちです。

オンライン界隈に多く存在する
ダメージ溜まったらヘドバンの如く上スマを擦りつづけるマリオみたいに一辺倒なのは警戒されるのでアレですが、それぐらいの気概は必要ですね。



②反撃手段を確認する

様々なシチュエーションで自キャラがとれる有効な反撃手段を確認しておきましょう。
ガード時に限った話ではないですが、今回はイメージしやすいガーキャン行動に着目して説明していきます。

ガードキャンセル(通称ガーキャン)して取れる行動は、つかみ、ジャンプ、上スマ、上B、アイテム投げに限られます。
どの行動が適切かはキャラの技によって当然異なるので一概にどれがいいとは言えませんが、比較的多くのキャラで使いやすく、リターンが取りやすい「つかみ」がガーキャン行動の代表格と言えます。

ただし、つかみは相手からも警戒されやすい上、今作のつかみは後隙が非常に長いため、前作ほど安易にとれる選択ではありません。
なので、つかみを選択肢のひとつとしながらも、別の反撃手段も用意しておくことが基本となります。

じゃあそれってなんなの?ていうと、キャラ毎に全然違うから事前に確認しておきましょう。というのがこの話の趣旨です。

リンクを例に挙げて考えると、
相手の空中攻撃をガードしました。その反撃手段として、

1)相手が自分の目の前に着地 ⇒ つかみ、空N
2)相手が自分の背面に着地 ⇒ 空後、空N
3)相手が大きい後隙を晒している or 相手がバースト帯 ⇒ 上B、上スマ
4)自分のどちら側に着地するか分からない or つかみの範囲か怪しい ⇒ 空N
5)着地隙が少なく発生の早い攻撃を入れ込んできそう ⇒ ガード貼りっぱなし

などなど、色々なケースが考えらます。

リンクの場合、空Nが優秀なので大体の場合、空N出しながら距離をとるって行動が安定してしまいますが、上に書いたようにバースト帯であればいつまでも空N振ってないで、積極的に上Bなどを狙っていきたいですね。

ガーキャン行動からバーストできる択を持っているというのは非常に強力です。それだけでキャラランクがひとつ変わると思ってください。

例に挙げたように自分の中で反撃手段を整理しておくことで、反応速度が上がることはもちろんですが、反撃が通らなかった場合に、「この攻撃じゃ間に合わないのか、次は違う行動しよう」と切り替えることがしやすくなり、何度も同じパターンで痛手を受けることが少なくなります。
(真面目に上を目指すのであれば技フレームを把握しましょう。私は大体感覚です)

意識しているのとしていないのでは、ただやられるにしても学習の質がまるで違います。メキメキ学んでサクサクVIP入りを目指しましょう。





その2その3へ続く