キャラ対策

対ロイ攻略ポイント/VIPキャラ対策



<対策ワンポイント>

  • 崖に追い込まれたらとにかくガードを固める
  • 掴まれても気にしない
  • 安易な内回避で中央に戻ろうとするのNG
  • 前慣性の飛び込みを差し返す
  • 空中攻撃はほとんど反撃取れないので甘いやつだけ狙う
  • 下強でダウンしたら内側転がり推奨(安全という意味ではない)
  • 弱は外ベク変出来ると空後に繋がりにくい(難しい)
  • 復帰は様子見を挟んで早出しを釣り出すようにすると狩りやすい
  • その場上がりは控える



1)立ち回りで意識すること
とにかく機動力と技の暴力。剣キャラなのに拳で殴るキャラとか言われてもいますが、先端がカス当てになるだけでリーチはそれなりにあるし武器判定なのでかち合えば一方的に勝てるし冗談みたいな撃墜力のくせに低%時はバカスカとコンボが繋がるしで攻撃面で言えば間違いなく全キャラトップクラス。防御面は着地・復帰ともに強くありませんが機動力が高いので誤魔化しがかなり利いてしまう。とは言えそこを付かない限り勝ち目はないのでワンチャンワンチャン大事にしていく。優秀な空中攻撃だけでなく下強をはじめとした地上技も揃っているので立ち回りで付け入る隙は近距離攻撃しかない点、ガードを崩す手段が乏しい点、使いやすいガーキャン行動が無い点あたり。前後ステップによる差し返しもかなり狙って来るので展開の早さに釣られて安易に前に出ることの無いように。

2)撃墜拒否について
絶対に食らいたくないのが破壊力抜群の空後・横B・横スマ。100%前から余裕で消し飛びます。食らってしまうシチュエーションで一番多いのがやはり崖に追い詰められた展開。崖上がりに弱を合わされて空後を食らったり、上から横Bで飛び込んできてついついガードを離してしまったり、逃げるための内回避を横スマで狩られたり。とにかく崖に追い詰められて動いてしまったところを狩られることが多いのでしっかりガードを張って動くタイミングを見極めることが長生きの秘訣。掴まれてもちょっと外に出されるだけなので気にしなくていいです。何でも撃墜出来るイメージを持たれがちなロイですが上記3つの技を拒否することが出来れば意外と困ってしまうもの。撃墜技は密着で当てる必要があり、その多くは反撃のリスクを伴うものなのでしっかりとガードを取ってこちらの攻撃の起点に出来るといい感じに試合を運べます。

3)復帰する時の注意点
復帰力が低いので深くまで阻止にくる事はありませんが、油断してると機動力に物言わせて飛び込んできます。技はほぼ空前ですが発生が早く、身構えていないと見てから回避するのは難しいので復帰しながらも相手の動向には気を配りましょう。崖上でNBを溜めてくる場合は頑張って崖を掴むタイミングをズラす。ズラせない時は神頼み。注意点はNBは見た目からは予想出来ないほど後隙が小さいので攻撃上がりを誘われない事。

4)復帰阻止で意識すること
上Bの移動距離が短く軌道の自由度も低いので復帰は明確な弱点のひとつ。ただ素の空中機動力が高く、上Bの攻撃範囲もかなり広いので空中ジャンプでタイミングをズラしたり移動回避を混ぜてきたり上Bを早出ししたりと意外と一筋縄ではいかないのも事実。防御面の脆さをつかなければロイへの勝ち目は薄くなるので行く時はしっかりと行きたいところですが、無理に仕掛けてロイに崖上を取られると非常に不味いので結構行く行かないの判断が難しい。極力素早くステージ上に戻れる阻止の仕方をする、行くのは低く飛ばした時だけに限定する等、リスク管理も頭に入れて復帰阻止を試みたい。相手にまだ余裕がある状況であれば行く素振りだけ見せて早出しを釣り出す方が期待値が高くてオススメ。

5)キャラ固有の注意点
①崖端での攻防
崖端に追い込まれた状況を凌げるかどうかで対ロイの勝率は大きく変わります。警戒すべきは破壊力抜群の弱(空後)およびマベコン。いずれも複数回攻撃が飛んで来るのでしっかりとガードを固めるのが正解。掴まれても気にしない。崖上がりに合わせてくることも多いのでその場上がりは極力選択しないようにしましょう。下強・弱が崖掴まりに当たったりもしますが致命傷にはなり得ないので崖掴まり状態でじっくりと上がる隙を見定めることも大事です。また弱は外ベク変することで空後が繋がりにくくなります。当たると思ったらスティックを外に倒しておくと助かったりもしますが、そのまま外に倒していると空後なり空前なりが当たった時に死期を早めるので戻すことも忘れずに。結構難しいので私は出来ません。

②空中攻撃に対する反撃
ロイの空中攻撃は隙が最小限になるよう正しく振ると恐ろしいことにほとんどの反撃が間に合いません。技の回転率も異常に高いので無闇に反撃を取ろうと動くと逆に殴られます。ただ全ての空中攻撃を隙が出ないように振る訳ではないので、甘い攻撃をしっかりと見定めて反撃を取りに行くようにしましょう。それまではガードで固まってればいいです。ガーキャンが弱いキャラはガードで固まってもどうしようもなくなってしまうので引きステップで躱して差し返したいところ。

③下強ダウン展開
通称下強ジャンケン。高%になると下強が低いダウン吹っ飛びになり受け身を取ることが困難なため、その後のダウン展開を読み切られるとそのまま撃墜されてしまうという恐ろしい攻撃。受け身をとっても安全ではありませんが狩りにくくはなるのでまずは受け身を試みる。ダウンしてしまった場合は内転がり・攻撃・外転がりの三択勝負。見れる人なら全て見てから狩ってきますが、そんな人は稀なので大体どれかに決め撃ちしてきます。体感外読みが多いので個人的には内転がり推奨です。ダメだったらごめんなさい。



<実践動画>

【VIPキャラ対策】対ベレト・ベレスで考えること feat.ソラ・ミュウツー・勇者



他キャラの対策はこちらから





<ロイの使い方はこちら>