キャラ対策

対ホムラ&ヒカリ攻略ポイント/VIPキャラ対策



<対策ワンポイント>

  • 技の回転率に騙されがちだがヒカリの攻撃はほとんどがガードから反撃が間に合う
  • ヒカリの真骨頂は着地狩り、浮かされて辛いと思ったら崖に逃げる方がマシ
  • ヒカリの上B復帰は切り上げの攻撃範囲に注意、1段目で崖を掴めない深さまで落ちた時は復帰阻止の大チャンス
  • ヒカリの空NはLFまでしっかりガード
  • ホムラに代わったら自分から攻めない、甘い行動を差し返す
  • ブレイズエンドは中距離で警戒していれば意外と当たらない
  • ホムラに崖端に追い詰められたらガードを固める、安易に内回避を切るのが一番危険


1)立ち回りで意識すること
<ヒカリ>
大前提、こいつと真っ向から差し合い出来るキャラなんて限られているので立ち回りは基本的に誰であろうとツラいと思ってください。意識すべきは多めのガードと置き技。ガードに関してはダッシュ掴み見えないし中%まで投げコンが存在しますが逆に言うと掴み以外でヒカリがガードを崩す手段はありません。また恐ろしい回転率を誇る攻撃の数々も実はガードから反撃が間に合うものが多いです。厄介なのは剣のリーチなのでダッシュガードで詰めて密着展開を作ってガーキャンから反撃を取るパターンを意識してみましょう。ガードを多用していると相手が掴みを選択する機会も増えるので、そうなれば置き技に引っ掛けやすくなります。そのもうひとつの攻略手段が置き技。これはぶっちゃけ技振り回して当たったらラッキーって方法です。スマートではありませんがそうでもしないと捉えられません。相打ち上等で相手が来そうな位置に技を置きましょう。注意点は置き技を見てから捌ける距離が圧倒的に長いので相手が冷静に見て差し返して来てると思ったら頻度を抑える必要があります。

<ホムラ>
注意すべきは置き技とブレイズエンド。ヒカリと違って自分から差し込むのが得意ではないのでリーチを活かした置き技をブンブン振って来ます。それを咎めるには発生前を叩くか密着でガードもしくは回避を通すしかないありません。相手の引きジャンプにリスクをつけるのは無理だと思って前慣性ジャンプに狙いを定めましょう。最も警戒すべきはやはり空下。自分から突っ込んで空下を狙ってくる相手ばかりなら対策できますがこちらの前進や回避に噛み合う様に置いてくるので咎めるのが難しいです。ただこれも引きジャンプに釣られないように気をつければ被弾はかなり抑えられるのでチャンスが訪れた時のみお仕置きする姿勢で構いません。食らう時は食らいます。ブレイズエンドは機動力があるキャラ以外は無理に躱そうとせずガードでいいです。

2)撃墜拒否について
撃墜シーンは崖展開か着地狩り展開が多いのでそこはしっかり拒否するイメージを持ってやり過ごしましょう。パターンとしてはヒカリで外に出されたり浮かされたりしてホムラの攻撃でズドンが主流。着地狩りについては空上のリーチに気をつけながら急降下N回避を通すのが1番。崖展開については横強と上強に注意。強攻撃を嫌がって安易に飛び上がると空中攻撃の餌食なのでしっかりガードを固める事が大事。掴まれてもいいです。死にません。凌いだと思って前に出ると引き空後が置いてあるパターンもあるので決まった安全択はありません。じっくり見るしかないです。なんとか攻撃の隙間を見つけて回避を通すなり暴れを通すなり飛び越えるなり状況の好転を図りましょう。

3)復帰する時の注意点
深くまで復帰阻止に来れるキャラではないので外で倒されることは少ないですが、それでもホムラが急に飛び出してくることがあるので安心は出来ません。真下からの復帰を咎めるのが難しいので下から復帰は安定しやすいですが、崖掴まりに下強や空下を合わせた来ることが多いのでタイミングを読まれないことが大事。特にホムラの空下は食らえばワンストック溶けるので崖をスキップする選択肢を用意することも時には必要になります。

4)復帰阻止で意識すること
復帰阻止でリターンをとれないと勝ち目が無いので積極的に行く。復帰のパターンとしてはヒカリは上B・横B・移動回避、ホムラは上Bか横Bを投げつつ移動回避。ここに下Bによるチェンジを組み合わせてきます。ヒカリの場合は横Bは最終手段、ほとんどが下から上B復帰になります。ヒカリの上Bは復帰距離自体は短いものの斬り上げの攻撃範囲が非常に広く一段目の上昇で崖を掴める位置まで来られると咎めるのが難しくなるので叩くならもっと崖から遠い位置が望ましい。横Bで復帰する場合は崖の真横を陣取るように動くので意識していれば察知しやすく分かっていれば上から叩くチャンスになります。ホムラの上Bはヒカリよりも上昇が早いので持続の長い技を置いておくと狩りやすくなります。

5)キャラ固有の注意点
①ヒカリの空N着地
上からの差し込みや密着状態での誤魔化しに飛んで来やすい空Nですがベレトスの空Nのようにランディングフォース(着地時の攻撃判定)が存在します。うっかりガード解除してしまいがちなので最後までしっかりとガードしましょう。そしてめくられたらほとんどのキャラは反撃が間に合わないので無理はせず次の行動に備えましょう。

②崖ブレイズエンド
復帰の際に崖にブレイズエンドを設置されることがありますが下から頭が出ないように復帰すれば当たることはありません。崖を掴めたら無敵時間でやり過ごすなり回避上がりするなり安全に上がりましょう。ただ最近はやってくる人も減ってきたので普通に崖に空下振られる方が怖いです…

③因果律予測
そうそう狙えるものではないので立ち回りを変える必要はありませんが、一部の多段技(アイクの上Bやルフレの横Bなど)はガードしてから因果律を発動することが出来るので自分のキャラにそういった技が無いかどうかは把握しておくといいと思います。


<実践動画>

【VIPキャラ対策】対ホムラ&ヒカリで考えること feat.ミュウツー【全キャラVIPのススメ】



他キャラの対策はこちらから