キャラ対策

対ベレト・ベレス攻略ポイント/VIPキャラ対策



<対策ワンポイント>

  • 空後置きに当たらない
  • 空NはLF(ランディングフォース)までガードを離さない
  • 空Nの後隙を狩るのは難しいと心得る
  • 浮かされたら横に逃げる
  • 崖横スマは一か八かでジャンプ上がり
  • 復帰阻止に行くのは低く遠くに飛ばした時だけ



1)立ち回りで意識すること
空前・空後によるリーチの押し付け、攻め込んで来た相手の迎撃が立ち回りの基本。いかにしてリーチの内側に潜り込むかの勝負になりますが、安易に突っ込むと空Nの餌食になるという構図。中距離においても使い勝手の良い強攻撃やDAが揃っているので中々に攻め入る隙がない。突くとしたら機動力の低さと発生の遅さ。待ち構えるベレトスに突っ込まない。飛び道具があるならリーチの外から相手を動かす。無ければ甘い空前・空後を上から叩く、もしくはダッシュガードを合わせることを考えましょう。低%時は投げコンがありますがそれ以降は掴まれても安いのでガードはベレトス戦において非常に重要。ブレイクにだけ注意して多めに張っていきましょう。

2)撃墜拒否について
破壊力の塊!みたいなイメージがありますが、手堅く撃墜出来る手段に乏しいので早期撃墜さえ拒否出来れば意外と長生き出来て相手も困ります。なのでいかに早期撃墜技を食らわないかが勝負のカギ。最優先で警戒すべきは空後。置きでブンブン振り回してきますが、能動的に当てるのが難しい技なのでとにかくこちらの拒否の意識が大事。崖横スマはジャンケンになるので後述。あとは空上と上スマ。空上は攻撃範囲が異常なので浮かされたらまずは空上を警戒。ベレトス自体の機動力がないのでタテ軸をズラすイメージで逃げましょう。上スマは着地狩りのみならずガーキャンからも狙える高威力技。当たると怖い技ですが不用意な飛び込みを控えていればそこまで狙うチャンスはないはず。以上を避けていれば横強・上強・DAで撃墜する%ぐらいまでは生きられるはず。この中だと急に襲ってくるDAが一番厄介で撃墜帯と言わず常に警戒が必要な技。ただDAはガードさえ出来れば反撃が取れるので、むしろこちら側のチャンスに繋げたい技でもあります。

3)復帰する時の注意点
機動力がないので素早く飛び込んでくる事はありませんが、空前・空後はもちろん、空N・横B・上Bと選択肢が多く、復帰距離のおかげで深い位置まで仕掛けることが出来るため要注意。基本は空前を警戒していればいいです。空Nは下から復帰する場合のみ警戒、横Bは空前を警戒していれば避けられる事が多く、当たっても斜め上に飛ぶため撃墜しにくいです。上Bは不自然に相手が自分より下に潜った時のみ警戒しましょう。キャラによっては復帰阻止に来るより崖掴まりに横スマ・空下を合わせて来る方が厄介な場合もあるのでそういう時はタイミングをずらす事に注力しましょう。ただ当たる時は当たります…

4)復帰阻止で意識すること
射程の長いワイヤー復帰なのでかなり狩りにくい、と思いきやベレトスの空中機動力が無いおかげでルートが限定されやすく遠くあるいは深くまで飛ばすことが出来れば容易に狩れてしまう。もちろん深い位置まで復帰阻止に行けるキャラでないと難しいことに変わりはないがチャンスだと思ったら飛び込むべき。復帰阻止に行っては行けないのが崖から近い位置だったりジャンプが残っていて余裕のある状況。この場合、狩るのが非常に難しく無理に仕掛ける事で逆に相手に崖上を取られることになりかねません。崖上のベレトスはかなり強いので一か八かの復帰阻止を仕掛けるよりも崖上をキープして状況を有利に保つ事が特に大切になります。

5)キャラ固有の注意点
①崖横スマ
こちらの崖掴まりに対して横スマホールドを構え、動き出しに合わせて上下シフトで択を迫って来るいわゆるジャンケン。基本は相手の先撃ちを期待して無敵時間いっぱいまで掴まりっぱなしで様子見が安パイですが、時間を見誤ると下シフトでグサリ。個人的には合わせるのが一番難しいジャンプ上がり推奨。ただし当然安全択という訳ではないのでちゃんと散らす。相手のミスで先端が届かない距離だったり、攻撃上がりが当たる距離だったりすることもあるのでそこは見極める。冷静さを失わない事が大事。回避上がりが正解という説もありますが、先端は当たらないものの結局外に飛ばされてやり直しになるだけなのでどうなんだろうって感じです。

②空Nランディングフォース
空Nには着地時の攻撃判定、通称LF(ランディングフォース)が存在します。空Nをガードした時は最後までガードを離さないのは言わずもがな、相手は急降下を入力するタイミングでLFをズラすことが出来るということも覚えておいてください。そもそも空Nの着地隙が小さく、反撃を取るのが難しい訳ですが、このLFずらしによって更にややこしくなります。意図的にズラしてくる人はそう多くはありませんが、ガード解除のタイミングを誤って食らってしまうとDAやら掴みやらに繋がって痛い思いをするのであまり空Nに直接リスクをつける事は考えない方がいいです。

③崖離し横B
よくやってきます。攻撃範囲が広くそのまま崖を掴んでしまうので反撃も取りにくいです。1回目の崖掴まりの場合は大人しく諦めるのが吉。2回目以降の崖掴まりの場合は無敵がつかないので読み切った時だけ咎めるといいでしょう。ただそう簡単ではないのでまずは被弾しないことを第一に考えてガードで圧をかけるだけでもOKです。

<実践動画>

【VIPキャラ対策】対ベレト・ベレスで考えること feat.ソラ・ミュウツー・勇者



他キャラの対策はこちらから





<ベレトスの使い方はこちら>