キャラ対策

対パルテナ攻略ポイント/VIPキャラ対策



<対策ワンポイント>

  • 先端の押し付けと差し返しがメインなので考えなしに突っ込まない
  • 引き行動が多いのでどこかで深めに仕掛ける場面は必要
  • 飛んでることがほとんどなので対空意識は高く、ただし空後とかち合うと絶対負ける点には注意
  • 密着であれば空中攻撃に反撃が取れるのでダッシュガードも有効
  • 撃墜%になると後ろ投げを露骨に狙ってくるので注意
  • その場上がり掴み、内回避掴みは食らわないように
  • ダメージを稼がれるのはある程度しょうがないので撃墜拒否に注力したい
  • 着地狩りが鬼強いので暴れない


1)立ち回りで意識すること
先に言っておくとこいつに弱点らしい弱点はありません。なので弱点を攻めるというよりかは相手の強みを発揮させないように気をつけながら真面目に差し合うしかありません。なので強みを理解することから始めましょう。パルテナの強みは①優秀な機動力および空中攻撃による差し返し、②着地狩り、③空前およびNBによる牽制です。立ち回りにおいては①の差し返しが主な攻め手となるため、相手の思惑にはまらないように攻め込む時は慎重に。ただし慎重になり過ぎても③で動かされるだけなので気軽にNBを撃てない間合いを維持しつつ攻めどころを探りましょう。差し返しを狙う以上、相手は引き行動が多くなるので深く踏み込むことも時には必要。ここぞという場面で強気に行きましょう。②の着地狩りについては後述。

2)撃墜拒否について
撃墜が弱い訳ではありませんが、バースト技は限られているのでしっかりと警戒していればある程度は拒否できます。序盤のダメージをコンボで稼がれやすい分、撃墜はしっかり拒否していきましょう。主な撃墜択は空後・空上・後ろ投げ。後ろ投げは崖端という条件付きなので意識しているだけで大分違ってきます。空上は対空や着地狩り、空後はあらゆる場面で飛んで来るので撃墜に限らず注意したい技ですが、対地には下りでしか当たらない(デカキャラ除く)点と着地隙がない訳ではないので近ければ反撃が間に合うという点で地上にいれば防ぎやすく相手としてもダッシュガードを合わされると怖いので振りやすくはありません。注意すべきはやはり着地狩り、そして復帰阻止。

3)復帰する時の注意点
復帰阻止が強力かつ多彩なので注意する事項は多い。一番食らいたくないのは撃墜性の高い飛び方をする空後。リーチはそれほど長くないのでパルテナ本体が接近してきたら真っ先に警戒しましょう。空後を嫌がって上から帰ろうとすると飛んでくるのが空上。こちらも撃墜力が高いので警戒を怠ってはいけません。空前は空後よりリーチが長めですが吹っ飛ばし力は低いので脅威はそこまで。空Nは長い持続を活かして主に下から復帰を咎める手段として飛んできますがベクトルが斜め上なので撃墜されることは稀。当たっても冷静に対処しましょう。
空中攻撃以外に厄介になるのが横BおよびNB。どちらも当たって撃墜されるというよりかは(撃墜されますが…)躱すためにジャンプか回避を消費させられて復帰ルートを制限されるのが強力。特に横Bは突然空間に攻撃が現れるので吹き飛ばされても相手から目を離さないで発動のタイミングを窺いましょう。
復帰阻止ではありませんが崖狩りも非常に厄介。下強および上スマが崖掴まりに当たるかつ持続が長いかつ撃墜に繋がるので使用キャラによっては復帰ルートというよりかは崖を掴まるタイミングに注意が必要な場合もあります。復帰に関して注意することまみれじゃないか。

4)復帰阻止で意識すること
テレポート系復帰なので相手の意表を突く早さで阻止に行かない限り復帰を狩ることは出来ません。また無理に出て行って躱されると攻守が入れ替わって上記のキツイ復帰阻止展開を迎えることになるのでそれは極力避けたいところ。なので狙うのは崖掴まり2Fに限定してタイミングを合わせて崖に技を置きましょう。当たらなければしょうがないので崖上キープで崖攻め展開に移行します。戦場・小戦場などの台ありステージの場合は崖をスキップしてテレポートで直接台上に逃げることもあるので、そういう素振りを感じたらすぐに対応できるように。

5)キャラ固有の注意点
①着地狩り
対パルテナで最も注意したいのが着地狩り。ダメージ稼ぎにおいても撃墜においても着地狩りに左右されることが多いのでいかにここを拒否出来るかが重要になります。基本的な考えとしては絶対に暴れない。パルテナの空上の判定および空後・DAの無敵の前では暴れ技なんて無意味です。とにかく安全に着地することを最優先しましょう。距離を取りながら急降下N回避を通すのが安パイですが、位置関係によっては一度外に逃げてしまっても構いません。崖展開も面倒ですが死ぬよりかはマシです。

②投げについて
中%まで下投げから空前・空後が確定しますが外ベクで繋がりにくくなるので下投げのモーションが見えたら絶対に外ベク変してください。崖を背負った状態で間違って内ベク変しようものならそのまま撃墜されてしまいます。また後ろ投げが撃墜技なので高%になったらガンガン狙ってきます。振り向き掴みはもちろん、回り込み回避やその場上がりからなど露骨な場合も多いので崖に近い場所で戦う時には警戒しましょう。

③NB・横Bについて
差し合いにおいて距離をあけすぎるとNB・横Bが飛んできます。どちらもダメージが高いので食らいたくはないです。また撃ったのを見てから動いているようでは反撃が間に合わないのでお仕置き出来るとしたら自分の前進と相手の発射が噛み合って上手く躱せた時ぐらいだと思ってください。基本的には相手が撃ちにくい間合いを保って牽制してリスクをつけるというよりかは被弾しないことが大事になってきます。


<実践動画>

【VIPキャラ対策】対パルテナで考えること feat.クラウド【全キャラVIPのススメ】


他キャラの対策はこちらから