キャラ対策

対セフィロス攻略ポイント/VIPキャラ対策



<対策ワンポイント>

  • 距離の詰め方はダッシュガードか斜め上からの飛び込み
  • 各種行動の後に引きステップを入れ込むのでどこかで強引に詰める
  • 復帰阻止は深くまで追えるキャラなら意外と出来る
  • 崖は無理に狩ろうとしない、危ない、上がられてもしょうがない、八刀一閃に対応できる位置で待機
  • とにかくガードの張り方が大事になるが減っていると下スマで割られるので残量には注意
  • 後ろ投げは外ベク変
  • シャドウフレアをつけられたら攻撃を当てて距離を取ることを考える、無理そうなら爆発を受け入れる心を持つ、シールドブレイクされるのが最悪


1)立ち回りで意識すること
中距離での差し合いにおいてこいつとリーチ勝負出来るのは弾キャラか一部の腕を伸ばす奴ぐらいなのでほとんどのキャラが攻撃を掻い潜って接近する必要があります。セフィロスの攻撃のほとんどは真横にしか判定が無いため斜め上からの飛び込みがまずは接近するための本命択となります。これに対してセフィロス側も引き行動や空前置きで対抗してきます。そこにダッシュガードを差し込むのが第2の接近手段。セフィロスの空中攻撃は空N以外全てガーキャンから反撃が取れるのでダッシュガードが刺さる場面は多いです。①斜め上からの飛び込みと②ダッシュガードの2つの配分を相手の行動や自キャラの強みに合わせて調整する意識を持って差し合うとちょっとやりやすくなるかと思います。

2)撃墜拒否について
気を付けるべき撃墜技は空後・横強・空上。これらさえ拒否出来ればステージ上から撃墜されることはそうそうないので頑張って防いでいきたい。空後・横強は主に横の差し合いで狙ってくるのでしっかりとガードを固めていれば問題ありません。空上も差し合いで使ってくることがありますが一番はやはり着地狩り、浮かされた時に最も警戒すべき技です。行く素振りを見せて回避を誘発してくることも多いので焦って回避しないことが大事。発生自体は遅いので冷静に見れば躱せます。躱せないこともあります…。後は外に出された時の復帰阻止や崖展開で撃墜されることもありますがこれは結構噛み合いによるので当たる時は当たるし当たらない時は当たらない。外に出されないのが一番なので結局はニュートラル状態での横強・空後・空前を食らわないことに意識を割きましょう。

3)復帰する時の注意点
注意しなければいけない事項がたくさんあります。
①空前復帰阻止
シンプルに外に飛び出してくるタイプの復帰阻止。リーチが長く持続も見た目より長いので強力。羽が生えていると機動力が増しているため不意を突かれやすく、ジャンプも増えているため一度躱しても2発目が飛んできたりして驚異的。画面端で食らうと早期撃墜に繋がるので真っ先に警戒したい選択肢。
②崖フレア
復帰に合わせて崖にメガフレアもしくはギガフレアを設置するパターン。ギガフレアの場合は発射されたのを見て爆発のタイミングに崖上がりの無敵を合わせれば問題ないので焦らないこと。焦って上がるとギガフレアに見せかけたメガフレアが飛んでくるので気を付けましょう。フレアのチャージはキャンセルすることが出来るため発射する前提で動かないこと。釣り行動としてフレアを溜める人も結構います。
③崖空下
食らうと強力なメテオで早期撃墜されるので常に頭の片隅には留めておきましょう。下から復帰かつタイミングが限定されていない限りそうそう食らうことはありませんがキャラによっては驚異なので横から復帰のルートもしっかりと残しておくことが大事。完全に空下狙ってるなと思ったら崖下に潜り込むより少し離れた位置から崖を掴むようにすると安全。

4)復帰阻止で意識すること
八刀一閃が怖いので復帰阻止に行きにくくはありますが、八刀一閃は溜め時間が長く復帰距離自体は長くないので上手く小突けるとあっけなく倒せたりします。セフィロスが上Bを溜める位置まで素早く深く阻止に行けるキャラは限られてしまいますがチャンスだと思ったらチャレンジしてみる価値はあります。行けないキャラは一閃読みで技を置くか八刀一閃に巻き込まれないように距離を置くか。巻き込まれるとダメージも痛いし真下から外向き入力されると撃墜されたりするので絶対に食らわないでください。ガードするのもかなりガードを削られるのであまりオススメしません。

5)キャラ固有の注意点
①シャドウフレアへの対応
シャドフレをつけられた場合、基本的には攻撃を当てて相手を追い払ってからガードなり回避なりでやり過ごすことを考えましょう。追い払えなかった場合、一番危険なのはシャドフレの起爆と本体の攻撃を合わせられてガードを割られること。危ないと思ったら本体の攻撃のタイミングに合わせて回避してください。最悪シャドフレの爆発は食らってもいいです。起爆のタイミングは感覚で何となく覚えるしかありませんが弾がひとつの場合は視覚的に分かるので覚えておくと役に立ちます(実践動画参照)。

②下スマシールドブレイク
セフィロス戦はガードがかなり活躍するためあらゆる場面でガードを多用することになりますが、ガードに対するセフィロス側の回答として下スマがあります。これがかなり削り値が高く、横強・空後などで削れていれば割れるし、羽が生えていれば微ホールドされるだけでMAX状態から一気に割られる上にアーマー付きという厄介極まりない技になります。ガードを多用するという戦法自体は間違っていないのでガードを削られたら下スマへの警戒度を高める意識を必ず持つようにしましょう。

③後ろ投げ-空後
低%は後ろ投げから空後が確定(恐らく)してしまいますが、後ろ投げを外ベクしないと中%でも確定します。崖際で外ベク変を怠ると50%ぐらいから撃墜されてシャレにならないので必ず外ベク変を仕込みましょう。

<実践動画>

【VIPキャラ対策】対セフィロスで考えること feat.クラウド【全キャラVIPのススメ】


他キャラの対策はこちらから