対カービィ攻略ポイント/VIPキャラ対策


相手は筋肉の塊、まともに殴り合うことなかれ

1)立ち回りで意識すること
技の発生・判定・威力どれも優秀なのがカービィの強み。まともに近距離でやり合っても勝てないので機動力の低さとリーチの短さにつけ込む戦い方を意識しましょう。カービィ側は自分から差し込む手段に乏しいので必然的に置き技が多くなります。置き技に引っ掛からないよう一定の距離を保ちつつ、リーチや飛び道具を押し付けて戦いましょう。カービィは素早く差し込めないので距離を保っていればたいてい対応出来ますが、突然飛び出してくるDAと堅実に距離を詰めてくるダッシュガードには警戒が必要。特にダッシュガードはガーキャンが強いので下手な位置で攻撃をガードされると反撃を取られてしまうので結局は引きながら攻撃を振るのが得策。あまりにダッシュガードが多いなと思ったら適度に掴みを入れてお仕置きしてあげましょう。

2)撃墜拒否について
最も警戒すべきは復帰阻止での早期撃墜。復帰の弱いキャラは阻止だけで完封されてしまうことがあるので極力ステージの内側で戦う意識が大事。中~高%時は撃墜力の高い横スマに注意。思ってる以上に伸びてくるので着地狩りとして置かれることが多いです。高%時の主な撃墜技は空後・上スマ。どちらもガーキャンから狙えるのでガードしている相手の触り方には注意が必要。空後についてはガーキャンに限らずあらゆる場面から狙えるカービィのメインバースト技なので意識的に拒否しましょう。後は150%を超えた辺りから上投げが撃墜択になってしまうので自分の%を確認しながら掴みへの警戒度をあげましょう。

3)復帰する時の注意点
落下速度の遅さと多段ジャンプの合わせ技で対空時間が非常に長く、どこまでも追いかけてきます。横に飛ばす空前・空Nも怖いですが1番危険なのは多段技で持続の長い空下メテオによる早期撃墜。下から復帰しか出来ないキャラにとっては鬼門となります。カービィの復帰阻止は当てに行くというより滞空時間を活かして復帰軌道上に技を置くタイプなので復帰弱者は相手の意表をつくようなルートを選択することも時には必要となります。多少攻撃を喰らうことになっても死ななければ安いの精神で上から強引に帰ることも視野に入れましょう。あとは下Bのストーンで攻撃を無効化しながら振ってくるのも使用キャラによっては厄介。真下にしか落下できないので一瞬後ろに引くなり崖の内側に潜り込むなりで躱しましょう。

4)復帰阻止で意識すること
復帰は強くないので積極的に阻止を狙いにいきましょう。カービィは空中横移動が遅いので相手の取れる選択肢は多段ジャンプを用いて復帰のタイミングをズラすことぐらい。惑わされないように攻めどころを見定めましょう。ジャンプを消費させてしまえば小突いただけで意外と帰って来れないのも美味しい。叩く場所は外まで出られるキャラなら外で、出られないキャラは崖掴まりのタイミングを狙いましょう。上Bは頭が出やすいので開き直って崖に攻撃判定を出してくることも多い。空下などで上から叩けるなら上から叩く方が安全です。上Bに見せかけて図々しく移動回避で崖を掴むことも多いので意識を割けると叩くチャンスが増えます。

5)キャラ固有の注意点
①掴みの姿勢避け
カービィの各種空中攻撃は着地時に姿勢が極端に低くなるのでフレーム的には間に合っていても掴めないキャラが多数います。ガーキャン掴みで反撃を取ろうとするのは意識的に減らしましょう。下強攻撃も同様でしゃがみ姿勢で掴みを避けられてしまいます。

②コピー能力
使用キャラによってはコピー能力が非常に厄介になります(ピクオリ、サムス、勇者、シュルク等々)。そういうキャラの場合は最優先でNBを拒否しましょう。NBは掴み判定でガード不能なので引き行動で距離を取りながら戦うのが得策。上から空中攻撃と見せかけてNBで降ってくるのがパターンとしては多いのでケアしましょう(気をつけてても全部避けるのは無理ですが…)。

③着地狩り
落下速度が遅く空中機動力も低いので着地は弱いです。積極的に狩りに行きましょう。復帰阻止にも共通しますが、多段ジャンプでタイミングをズラしてくるので馬鹿正直に叩きに行くと躱されて返り討ちにされたりします。叩きどころを見定めて降りてきたところを狩るのが一番ですが、素早く上空まで叩きに行けるキャラはそんなやり取りを拒否してぶっ叩きに行くのが実は得策。ジャンプの上昇量も小さいので攻撃範囲に物言わせて潰しに行きましょう。


<実践動画>

【VIPキャラ対策】対カービィで考えること feat.セフィロス【全キャラVIPのススメ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です