リュウ・ケンVIP攻略(コマンド無し)/立ち回り解説

私的VIPランク:つらい ★★★★☆

先に説明しておきますが、私はコマンド入力も強弱入力の使い分けも出来ません。「なんだよそれ、スマブラしろよ…」ってずっとボヤいてました。一生懸命練習したのですが一向に安定する兆しが見えなかったので、私は手持ちの少ない手札で戦い抜くことを選びました。なので、リュウケンとしてはクソザコの部類ですがそれでもなんとかVIPには入れました。この記事は同じ悩みを持つ方々に向けて書いているので「普通にコマンド入力も強弱入力も余裕よ」って方々には参考になる箇所が少ないかもしれません。ご了承ください。
リュウとケンは他のダッシュファイターに比べれば性能差があり、戦い方も変わってくるので本来は別々に解説するべきだと思いますが、立ち回りを使い分けるほど深く理解できていないので一括で説明してしまいます。

<特殊仕様について>

1)自動振り向き
自動で相手の方を向くチート性能。表裏確認なんて必要ありません。デメリットは空後が出しづらいぐらい。ガード中は解除するまで振り向いてくれないのでガーキャン掴み、上スマを狙う場合は注意。

2)強弱入力
ボタンを押す長さによって弱攻撃、強攻撃は技が変わり、必殺技は威力が変わる。短押しを(弱)、長押しを(強)と表現することが多い(ややこしい)。弱攻撃、強攻撃は基本短押しの方がコンボ始動技になるのでまずは短押しから。

3)距離判定
弱攻撃(強)と横強攻撃(弱)は相手との距離によって技が変化する。どちらも密着当てがコンボパーツとして優秀なので狙うなら密着。

4)技キャンセル
一部の技は、ヒットした直後に必殺技を入力することで後隙をキャンセルして必殺技を出すことが出来る。相手にガードされた場合においても有効。大体の弱攻撃、強攻撃と各種空中攻撃が対象で、狙い技は次に何を繋げるかもセットで覚えておきましょう。

5)コマンド入力
必殺技をコマンド+攻撃ボタンor必殺技ボタンで打つことが出来る。コマンド入力した場合、必殺技ボタン単体で出すよりも技の威力が上がる。威力の上昇倍率は技によって変わる(例えば昇竜拳なら1.2倍)。また、コマンド入力でしか出せない技も存在します。参考までにコマンド技一覧を下に記載しておきます。下記以外に簡易コマンドと呼ばれる公式のコマンド表には記載されていない入力方法も存在します。

【共通】
波動拳:↓↘︎→+AorB
竜巻旋風脚:↓↙︎←+AorB
昇竜拳:→↓↘︎+AorB
【リュウ限定】
灼熱波動拳:←↙︎↓↘︎→+AorB
【ケン限定】
大外回し蹴り:←↙︎↓↘︎→+AorB
鉈落とし蹴り:→↘︎↓+AorB
稲妻かかと落とし:大外回し蹴りor鉈落とし蹴り後ボタン押し続け


<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱(弱)】★★★★★
(発生 2F ダメージ 1.8 + 1.8 + 6)
<共通>超重要技。私のリュウケンの半分は弱弱昇竜。やってることほぼテリー。自動振り向きの恩恵で他のキャラより弱が格段に入りやすいです。やられるとうぜーですが使う側からすると神仕様。

【弱(強-密着)】★★★★
(発生 7F ダメージ 14.4)
<共通>いわゆるアッパー。ダメージが高く昇竜拳にも繋がるので当てられると火力を稼ぎやすくバーストも狙える。ただし密着でなければ技が化けて昇竜に繋がらないから判断が難しい。私は強弱入力の使い分けが出来ないのでたまに弱(弱)が化けてラッキーって感じでした。狙って出せたことはありません。

【横スマッシュ】★★★★
(発生 15F(ケン:13F) ダメージ 21(ケン:19.2))
<共通>発生はそこまで早くはないが威力、リーチともに申し分ないスマッシュ。後隙もそこまでないのでバースト帯でなくても立ち回りで振って行ける技。リーチを活かして置き技として使うと使いやすい。

【上スマッシュ】★★★
(発生 9F ダメージ 20.4 )
<共通>技範囲は狭いがそこそこ早い発生から高いダメージを出せ、バーストも可能。ガーキャンで使うにしろ上Bの方が発生が早いが後隙が上スマの方が少ないのでもう少し気軽に振れる。

【下スマッシュ】★★★★★
(発生 5F ダメージ 19.2)
<共通>発生5Fから20%弱のダメージを叩き出すイカれ技。その分吹っ飛ばし力はそんなにない。ベクトルが低いので展開が良くなることは多いがバースト帯になったら横スマを狙っていきたいところ。スマッシュだがキャンセル対象技なので低%時には横Bに繋げられる。

【DA】★★★
(発生 7F ダメージ 14.4)
<共通>普通なDAだがこれもダメージ高め。着地狩りに使っていきましょう。自分から攻め込むための技ではないので差し合いシーンでDAで突っ込むのはほどほどに。特に足の遅いリュウ。

【空中N】 ★★★★
(発生 4F(ケン:6F) ダメージ 9.6)
<共通>持続が長く判定が強い上、後隙も少ないため差し込み技として優秀。低〜中%でヒット後に何かしら繋がるので火力面でも稼ぎ頭。空Nでの差し込みが強いことが相手にバレてることと、リーチが短いので(特にリュウ)範囲外から技を押しつけられると弱い点に注意。

【空中前】 ★★★★
(発生 8F ダメージ 16.8)
<共通>判定が強くダメージも高い。リーチも空Nよりはある。主な使い道は対空迎撃。相手の飛びに合わせられれば判定の強さから大体一方的に勝てる。ダメージ稼ぎ要員。

【空中後】 ★★★
(発生 8F ダメージ 19.2)
<共通>高威力なシンプルな空後。ダメージも吹っ飛ばし力も高いのでダメージ稼ぎからバーストまで使っていける。難点は自動振り向きのお陰でいちいち反転させなければ出せないところ。

【空中上】 ★★★
(発生 6F(ケン:5F) ダメージ 6 + 7.2(ケン:7.8))
<共通>そこそこ発生が早く、上Bに繋がる偉い技。ケンの方が上方向に範囲があるのでリュウより使いやすい。空上ヒット確認前から上B入れ込んでおけば、空上ヒットすれば繋がるしヒットしなければ技キャンセルされないので上B暴発しない。見た目難しそうだがやってみたら意外と簡単なのでお試しください。リュウは2段攻撃で2段目をキャンセルして上Bを出す必要があるのでケンよりちょっとだけ入力がシビア(な気がする)。

【NB:波動拳】★★★★
(発生 12F(ケン:13F) ダメージ 9.6(ケン:6.6))
<リュウ>メインウェポン。ケンに比べて機動力が低いため振る機会が多い。また、威力もケンより高い。特にコマンド技の灼熱波動拳はダメージが高い上に多段技でガードされても足止めできる優秀な技。コマンドの中では簡単(?)な方なのでこれだけは出せるようにしておくと大分楽になる。
<ケン>隙の割には当てても旨味が少ないので積極的に振る技ではない。距離が空いた時のちょっかいがけ程度。

【横B:竜巻旋風脚】 ★★★
(発生 8F ダメージ 13.2(ケン:3.6×n))
<リュウ>バースト技。突進技なので回避、ステップを多用してくる相手には不意に出すと刺さったりするが、下強(強)から繋ぐのが無難。
<ケン>リュウとは違い多段技のためガードされても手痛い反撃を受けにくいので立ち回りで振っていける。リュウ同様、下強から繋がるがバーストはできないので用途が違う。この技の利点はダメージよりも一気にラインを詰められることにあり、リターンが見た目には分かりにくいが強いことは確か。日頃からライン管理を意識出来てる人はバシバシ狙って行って良い。

【上B:昇竜拳】 ★★★★★
(発生 6F(ケン:5F) ダメージ 18(ケン:2.6 + 9.6 + 7.8))
<共通>超重要技。ダメージ稼ぎもバーストもこれ。申し分ない威力です。OP相殺なぞ知らん。必殺技ボタンは長押しで良いです。弱2段目から繋ぐのが基本ですが、下強(弱)、上強(弱)から出せる人はどうぞ。私は弱入力できないので狙いません。発生6Fなのでガーキャンから打つのももちろん強い。

【下B:セービングアタック】 ★★
(発生 – F ダメージ 20.4)
<共通>着地狩り拒否技。長押しで溜められて、溜め中にスティックを2回弾くとキャンセルして移動出来る。リュウケンは空中機動力が弱いので浮かされると着地がキツい部類です。下Bのアーマーで誤魔化して降りたり、キャンセル移動でフェイントかけて降りたりしましょう。反撃手段として使うのは使い所が難しいので使いませんでした。身の丈に合った立ち回り大事。


【掴み】 ★★★
(発生 その場6F, ダッシュ9F, 振り向き10F)
<共通>大事なダメージソース。後ろ投げのダメージが高く、15%程度入るので基本は後ろ投げでダメージ優先で良い。崖展開に自信があったら前投げで外に出すのもいいでしょう。投げバはありません。


<立ち回り方>

ベースはとにかく弱弱昇竜。入力が簡単で十分なダメージが稼げてバーストも出来ます。OP相殺かかってバーストしにくくなりますが気にしない。一回余分に当てればいいんです。自動振り向きのお陰で狙える機会も多いはずです。自分から攻め込む時は空Nが強い。判定も硬く、後隙も少ないのでガードされても誤魔化しが利く上に、持続当てからコンボも繋がると良いことずくめです。ただし、相手の引き行動には弱いので、慎重に様子を見てくる相手には、こちらも一度冷静に下がって波動拳でちょっかいかけて、相手が飛んで来るようなら空前で迎撃したり、ガードして掴んだり、着地にDA合わせたりしてダメージを溜めましょう。リュウはケンに比べて機動力が低い代わりに波動拳の威力が高く灼熱波動拳という優秀な飛び道具をもらっているので、ケンより引いて待ちのターンが多くなりますが基本は一緒です。灼熱波動拳はコマンド技ですが入力が簡単な部類なので試して見ましょう。出来なさそうならNBでもよし。私は成功率低いくせに一生懸命打ってました(参考動画参照)。リュウケンは、カッコいいコンボなんて出来なくても単発威力が高いので十分に戦っていけます。


その他、要点をいくつか挙げておきます。

1)コンボについて
調べてみれば無数に出てくると思いますが、コマンド技を絡めるものだったり、ダメージ帯でコンボルートを変えなきゃいけなかったりと複雑なものが多いです。なので、汎用性があり、簡単なものを3つほど紹介します。
【弱弱or弱(強-密着)ー上B】
上で紹介した通り強い。特に語ることなし。弱を弱(強-密着)のアッパーに替えられるとより火力が伸びる。上強、下強は弱入力安定して出せる人はどうぞ。
【降り空Nー下スマor弱】
空Nを絡めた自分から攻め込む択。空Nが強いので狙いどころも多い。低%限定コンボだが本当てより持続当ての方が確定帯が広い。下スマに繋げるか弱弱昇竜に繋げるかは選択だが下スマの方が多少リーチが長いので入りやすい。
【下強(強)ー横B】
下強が差し合いで使えるのでこれも狙いどころはある。私は弱入力との使い分けができないのでいきなり強入力で出していましたが、出来る人は弱入力から繋げましょう。リュウの場合はバースト出来るのでより旨味がある。

2)復帰について
基本は上Bになるが遠くに飛ばされた場合は横Bも駆使することになる。この横Bの後隙が最高に狩られやすいので、横Bを打つタイミングに細心の注意を。下Bのキャンセルステップも距離稼ぎに使えるが横B同様狩られやすいのでタイミングには注意。慣れてないのに下Bのアーマーで誤魔化そうとすると思わぬ事故に繋がるので控えるように。

3)バースト手段について
弱弱昇竜が一番楽。それ以外の選択肢では横スマ、空後、上スマの順です、個人的には。ガーキャン上Bも撃墜択なので構えておくこと。リュウ限定で横Bも選択肢になるのが嬉しい。

4)復帰阻止について
弱いので行かなくていいです。崖展開の維持に努めて下さい。ただ、行かないにしても行くフリは結構効くので忘れずに。相手が上から帰って来る場合は空後を合わせられるとバースト狙えますが反転入力が必要なのでちょいと面倒。

5)ガーキャン行動について
掴み、上Bが本命。特に上Bはバースト択なのでダメージ稼げたらチャンスをうかがいましょう。ガード中は自動振り向きしてくれないのでめくられたら反転上Bが必要。上スマも上Bほど発生が早くはないがダメージが高く、外した時のリスクが低いので使いやすい。空中攻撃は発生早いのが空Nだが、範囲が狭く登りで当ててもコンボに繋がらないのでイマイチ。

6)キャラ相性について
近距離ファイターには概ね行けます。纏わりついて弱を擦りましょう。リーチあるキャラは近づくのが大変ですが、懐に入りこめてさえしまえばこちらのものです。様子を見ながらジリジリと距離を詰めていきましょう。安易な前回避などはVIP前とはいえ読まれる人には読まれるので乱用NG。弾キャラは待ち合いするには波動拳じゃ少々心もとないので自分から攻めていく必要があります。機動力のないリュウの方が厳しい戦いを強いられますが、無理かと言われるとそうでもないので焦らず冷静に処理していきましょう。

<参考動画>

こんなんでもVIPでの対戦動画。

1戦目のリュウは、果敢に弱狙いに行っていますが、なかなか入らず結局波動拳頼みの試合になっています。リーチある相手にはこれでいいです、気づいたら撃墜%まで溜まっているので。それにしても灼熱のコマンド入力甘すぎでしょうよ…。

2戦目のケンは、相手も近接なので弱弱昇竜中心の立ち回りになっています。やってること一辺倒ですがVIP行くだけならこんなんでも行けてしまうんだっていう参考としてご覧ください。

【執筆時ver. 9.0.1】


【PR】VIP達成したら記念にamiiboを


他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です