ミェンミェンVIP攻略(麺麺)/立ち回り解説


私的VIPランク
:やや楽 ★★☆☆☆

世界中のヘイトを一身に受ける苦労人。まぁいくらかしょうがないかなって印象。それだけ突出した性能をしており一部のキャラは存在するだけで詰ませてしまうので不快に思うのもまぁ分かる。ただ対策というか対ミェンミェンに慣れてなさすぎて過剰にそういう感想を抱いてしまっているんじゃないかなとも思います。なにせスマメイト等の上位プレイヤー達にはお馴染みとなっていますがVIP未満の戦闘力帯だとまぁ見ない。そりゃ突然こいつに遭遇したら蹂躙されますよって話です。操作の特殊性も相まって自分で使うとそんなお手軽強キャラという感想の前にこいつの弱みにダイレクトにブチ当たるはずなのでキャラ対策を深める意味でも自分で使ってみるのをオススメする一体です。とは言ったものの引くぐらいの強みも感じてしまうんですがね。ちなみに一通り操縦できるようになってしまえばさっき言った通りVIP未満ではまともにミェンミェン対策が出来ていないのでかなりEasy Winを拾えます。つまりVIP難易度は操作と立ち回りの修得難度にほとんど依存しています。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★
(発生 4F ダメージ 3 + 2.4 + 6.6 (or百裂))
貴重な近接で素早く振れる技。使い所は接近を許した時の暴れになるが、そういう状況であれば弱で暴れるより下強やDAでライン交換(めくって相手の背面に回る)を狙ったほうが美味しいので使用頻度は低め。咄嗟の場面で役に立つことはあるしダメージも高めなので決して使えない技という訳ではありません。ちなみにBボタンの短押しでも出せます。

【横強】 ★★★★★
(ドラゴン:発生 14F ダメージ 9.6(強化11))
(ホットリング:発生 14F ダメージ 6 + 3)
(メガボルト:発生 14F ダメージ 13.2)
立ち回りの主軸。破格も破格なリーチをしている上に出しながら前後に動いたりジャンプ出来たりもする。横Bと組み合わせて使うことで弾幕を形成して相手を徹底的に拒否したり外に追い出したりしましょう。横スマと比べて後隙も少ないので振り回すならこっち。基本は攻撃範囲が異常で隙の小さいホットリングを使用することになります。ホットリング自体のダメージは低めですがドラゴン横強や横スマに繋がったり有利展開を作ったり出来るので非常に重要な役割を果たします。また上下シフトでかなりの範囲をカバー出来るので接近拒否の要にもなります。メガボルトは見た目通り桁違いの威力で撃墜で活躍する他、判定の強さを活かして相手の飛び道具を打ち消しながら殴るという芸当が可能です。ただし当然隙も大きいので使い方はちょっと難しめ。両腕ドラゴンはわざわざ選択する必要性が分からないので使った事ないです。ちなみに横強ではドラゴンレーザー出ない。

【上強】★★
(発生 5F ダメージ 8.4(持続7.2))
上スマをコンパクトにしたような技。上スマがそもそも強いので当たるなら上スマでいい場面も多いですが流石に上強の方が隙は小さいので対空をローリスクで行えるという利点はある。浮かせた時の追撃についても同様。

【下強】★★★★
(発生 10F ダメージ 8.4(持続6.6))
スライディング系下強。姿勢が低く攻撃を躱しやすい上に移動距離が長く相手にガードされてもめくってくれるため崖端に追い詰められても楽々ライン回復が行える。後隙も小さくめくり確認してから反撃が間に合う攻撃は限られます。更に中%まで上スマや空中攻撃でコンボが可能で火力稼ぎとしても申し分なし。間違いなく強力な技なので上手く使っていきましょう。ただし発生が遅めでジャンプで躱されると上から技を被せられるので読まれやすいタイミングでの乱用は要注意。

【横スマッシュ】★★★★
(ドラゴン:発生 16F ダメージ 19.2 + 8.4(強化22 + 14.4))
(ホットリング:発生 16F ダメージ 14.4 + 3)
(メガボルト:発生 16F ダメージ 25.2)
横強よりさらにリーチの長い高威力技。横強同様、B技と組み合わせて使用することになりますが後隙がかなり大きく、攻撃中に移動することも出来ないので両方ともガードされた場合は相手のスマッシュが余裕で間に合ってしまいます。なので使用する時は十分な距離を確保するもしくはあえて一発でやめて相手のガード解除タイミングをズラすなどの工夫が欲しいところ。
ドラゴンは攻撃後に追加入力を行うことでレーザーによる追撃が可能。低%時であれば横スマ本体からレーザーまで確定するので非常に高いダメージが稼げます。その他にも距離をとって油断している相手への不意打ちや復帰阻止として機能してくれます。ただしレーザーを使用する場合は後隙が激増するのでより一層の距離を確保する事。
ホットリングは横強同様、ドラゴンに繋げることが出来るのでヒット確認が出来たら追撃していきたい。また復帰阻止性能が桁違いなので下から復帰するしかないキャラ相手にはバシバシ狙っていきましょう。
メガボルトは破格な威力をしていますが後隙も膨大なので気軽に振れる技ではありません。ただガード削り値も異常なので強化ドラゴンと合わせると簡単にガードを割ることが出来ます。ガード多めの相手には狙ってみるのもあり。

【上スマッシュ】★★★★★
(発生 8F ダメージ 19.2(持続16.8, 14.4) )
発生・威力・攻撃範囲全て優秀な強技。更に飛び道具の反射まで付いてる優遇っぷり。アプデにより弱体化を受けましたがなんのそのな性能。ガーキャン反撃としてはもちろん上方向の攻撃範囲を活かして対空迎撃手段としても活躍してくれます。特にミェンミェンは上から攻められることが多いのでそういうのを上スマで返り討ちに出来ると一気に火力が上がります。

【下スマッシュ】★★★
(発生 6F ダメージ 18(15.6))
これまた一桁発生のスマッシュ。密着でめくられると途端に振る技が無くなるので前後判定の下スマは貴重。横スマの発生が遅いので崖際でのチャンスシーンで撃墜を狙う時に役に立ってくれます。咄嗟に選べると強い技だがそれが結構難しいのよね…

【DA】 ★★★★
(発生 7F ダメージ 12(持続9.6))
素早く前方に飛び出す技。移動距離・速度がともに優秀でダッシュの遅いミェンミェンの強力な差し返し技。相手のガードもしっかりとめくるので下強と並んで危機回避手段としても役立ちます。当てると前方に飛ばすのでコンボは出来ませんが良い感じに復帰阻止展開に持っていけるので強力。横強による牽制に織り交ぜて相手を翻弄していきましょう。

【空中N】 ★★★★
(ドラゴン:発生 10F ダメージ 10.2(強化11.7))
(ホットリング:発生 8F ダメージ 7.2)
(メガボルト:発生 14F ダメージ 14.4)
クルクル系空N。攻撃範囲・持続・着地隙どれも優秀で相手を追い払う時に重宝する大切な技。アームによって発生・威力が異なりますが個人的にはドラゴン空Nが最もバランスが良く使いやすかったです。ホットリング空Nは発生の早さを活かしてガーキャン反撃等に、メガボルト空Nは撃墜手段として使い分けてました。なお降り空Nからコンボで火力を伸ばせるので防御手段としてだけではなく攻撃手段としても狙っていきたい選択肢ではありますが、着地際にミェンミェンが空Nを振ることなんて誰でも分かるのでかなり読まれやすいです。反撃を取られない位置で使用する、もしくは敢えて振らずに着地する等の選択肢を用意する必要もあるなと使ってて感じました。ちなみにアームによる着地隙の変化はありません。

【空中前】 ★★★★
(発生・ダメージは横強・横スマと同じ)
横強・横スマの空中版。使用感は横強と変わりませんが、空中攻撃にしては珍しくはじき入力をする事で空中でスマッシュを出すことが出来ます。状況に応じて使い分けていきましょう。注意点としてはスマッシュの場合、空中で少しだけホップしてしまうので着地の誤魔化しとして振る時ははじき入力にならないようにしましょう。用途としては横強による弾幕に混ぜて相手の上からの差し込みの牽制がメイン。復帰阻止としても当然機能します。相手に高度を合わせるのが結構大変なのでシンプルなのに使いこなすのに一苦労する技。もう少し上手に使えると楽だったな。

【空中後】 ★★★★
(発生・ダメージは横強・横スマと同じ)
空前と同じ。

【空中上】 ★
(発生 7F ダメージ 7.8(5.4))
よくあるサマーソルト系の空上。発生も攻撃範囲も悪くないが威力が低いという点と空中まで追いかけてこれを当てるぐらいなら地上で着地狩りに徹した方が強いという点から出番は少ない。意識的に使う必要はないでしょう。

【空中下】 ★★★
(発生 15F ダメージ 13.2(10.8) + 3.6)
急降下系空下。一瞬落下が止まるので着地狩りを狙う相手のタイミングをズラしてカウンターの様に決めるのが主。あまり積極的に使うような技ではありませんがミェンミェンは着地が弱いのでこれで強引に着地を通すことも時には必要。着地際に攻撃判定が出るので急降下系の中でも使いやすい。出始めにメテオ判定があるがでっていう。

【NB】 ★★★★★
(発生・ダメージは横強・横スマと同じ)
横強、横スマに同じ。

【横B】 ★★★★★
(発生・ダメージは横強・横スマと同じ)
横強、横スマに同じ。

【上B:アームジャンプ/アームフック】 ★★★
(発生 12F ダメージ 10.8(強化12.4))
ステージ外で使うとワイヤー復帰。地上で使うと大ジャンプ。空中で使うと上方への遠距離攻撃と多様な効果のある上B。ワイヤー復帰は言わずもがな、地上上Bは斜め上に飛ばした時の追撃として、空中上Bは頭上の相手の不意打ちとして使いましょう。特に空中上Bは警戒されにくいので意外と通ります。投げによるドラゴン強化の効果も乗るので覚えていたら。

【下B:アームチェンジ】 ★★★
(発生 -F ダメージ -)
ホットリング・メガボルト・ドラゴンの順にアームをチェンジします。空中でも発動出来るので安全を確保してからチェンジしましょう。撃墜後に変えるとなんか煽りっぽくなってしまうのが欠点(?)。

【掴み】 ★★★★★
(発生 その場 18F, ダッシュ 18F, 振り向き 18F)
発生の遅さと引き換えに超リーチを誇る掴み。外した時のリスクは当然高いものの投げのダメージが高く150%程度で上投げバーストも可能とリターンも高い。さらに投げる事で一定時間A技のドラゴンが強化される。この恩恵がかなり大きく火力の底上げに繋がるので投げのダメージ以上のリターンをもたらしてくれます。ミェンミェンにとって掴みを通せるかどうかは勝敗に直結すら大事なポイントです。立ち回りの主軸となるアーム攻撃によって相手にガードを固めさせることが出来るので掴みを通すチャンスは必ず訪れます。相手のガードのパターンを意識して狙って行きましょう。







<立ち回り方>

とにかく相手の飛び込みを許さない

超リーチ攻撃で相手を近寄らせない立ち回りを徹底するなんてことは言うまでもなく、具体的に大切になってくるのは飛び越えて上から攻めてくる相手を叩き落す手段と密着された時の対処方法。その2点さえクリア出来てしまえば後はお好きにどうぞと言わんばかりの高性能揃いなので、2点に重点を置いて立ち回りを構築していきましょう。

1)基本の立ち回りについて
ホットリング強攻撃を軸に相手の攻め込みを制圧するのが全て。Aボタンのドラゴンはホットリングから連携して当てることが出来るので火力はそれで伸ばしましょう。相手からすればジャンプで斜め上から攻め込むのが一番安パイなので、相手の飛びを落とす意識が特に重要。ジャンプの咎め方は①ホットリング上シフトもしくは空前で叩く、②空Nで迎撃、③引いて着地際に振り向き掴み、④ガーキャン上スマで反撃。メインは①、②になりますが③、④のリターンが高いので隙あらば狙っていく。特に③の掴みはドラゴンを強化することが出来るのでダメージ以上にリターンが期待でき、通ると思ったら積極的に狙っていきたい選択肢。また④は崖端に追い詰められて逃げ場が無くなった時の大切な切り返し手段なのでちゃんと使えるようにしましょう。

2)主軸となる技について
前述①〜④の通り主軸となるのはホットリング・空N・掴み・上スマ。その他に立ち回りで重要になってくるのが下強・DA。用途としては似通ってる部分がありますがどちらも相手のガードをめくれるので崖端に追い詰められた時に強引にライン(立ち位置)を交換する手段として使えます。また後隙が小さく咎められにくいので近距離攻撃としても振ることが出来ます。下強はコンボ始動にもなるのでリターンが高いのが魅力。DAは攻撃範囲が広く着地狩りの用途で使いやすく、真横に吹っ飛ばすので復帰阻止展開を作りやすいのが強みです。

3)最低限覚えるべきコンボ
【下強ー上スマ】
低%限定のお手軽コンボ。アプデによって0%時に決めると当て反になるキャラもいるようですが気にせず使ってました。下強の先端より根本を当てた方が繋がりやすいです。
【ホットリングードラゴン】
横強でもスマッシュでも繋がる定番コンボ。これがあるから立ち回りの主軸をホットリングにしても火力負けしない。低%時であればドラゴンスマッシュからそのままレーザーまで確定するので非常に美味しい。投げでドラゴンが強化されているとそのまま撃墜も狙えてしまいます。ドラゴンを撃つ撃たないの判断が難しいところですがミェンミェンの立ち回りの肝となるコンボなので積極的に使っていきましょう。
【空N持続ー横強】
下り空Nからのコンボ。着地の誤魔化しで空Nを使用する機会が多いので狙える場面も多め。基本はドラゴン空Nからホットリング横強に繋いでそのままドラゴンで火力を稼ぐことになりますが、0%時に限りメガボルト空Nからメガボルト横強、そしてドラゴンに繋がるので狙ってみるのもあり。

4)復帰について
ワイヤー復帰で距離自体は短くないが、ミェンミェン自身の空中横移動力が低く、ワイヤーの中では発生が遅いので狩られやすい。ルートの工夫で躱すにも限界があるので大事なのは復帰阻止に来た相手の妨害。攻撃範囲の広いホットリング空前でとにかく相手を叩きましょう。崖上でガードされてもその間に崖を掴めるのでOK。相手に攻撃を当てられるかどうかでミェンミェンの復帰力が大きく変わるので意識的に上達させていきたい項目。

5)バースト手段について
ドラゴンスマッシュ・上スマ・ホットリング復帰阻止・メガボルト空N・上投げ。ドラゴンで遠距離から撃墜出来るのが理想。特に投げで強化されていると撃墜力が格段に高まるので狙い時、強化ドラゴンレーザーも撃墜択になるのでなおのこと。上スマは立ち回りの延長でそのまま撃墜が狙えます。ホットリングによる復帰阻止については後述。メガボルト空N・上投げについては撃墜までに%を要しますが、拒否が難しく上バーストなので寿命のように使うことが出来ます。

6)復帰阻止について
ホットリングかドラゴンレーザー。ホットリングは下シフトで崖下に及ぶ広範囲をカバーでき、ホールドでタイミングを調整することが出来るので刺さる相手にはとにかく刺さる。ドラゴンレーザーについてはホットリング以上の遠距離攻撃で早期撃墜も狙える不意打ちのような選択肢。レーザーは自動で相手の方に向くので思ったより当てやすく、強化レーザーだと言うまでもなく撃墜力が上がるので狙い時。ただちゃんと警戒している人なら普通に躱せるので使うかどうかは相手を見て判断しましょう。いずれの選択肢もステージ上から狙うのが基本だが、外に出て当てに行くのももちろん強力。ただ外に出る場合は縦軸を合わせるのが少々難しく外した時のリスクも高いので慣れが必要。試してみて上手くいかなかったら無理はしなくてよい。

7)ガーキャン行動について
とにかく上スマ。発生が早く上方向の攻撃範囲が非常に広いので相手の攻撃をガードする前に迎え撃つように使うのもあり。ただ、横方向の範囲はそれほどでもないので届くかどうかの判断は大事。届かないと思ったらガード張りっぱなしや回避でやり過ごすか空Nを振りながら距離を取るか。掴みは超絶出が遅いのでほとんどの場合、間に合わないと思いましょう。

8)キャラ相性について
アームを飛び越えて攻めて来られるかどうかにかかっているので空中機動の優れている相手は要注意。逆に機動力の無い相手はカモれる可能性が高い。復帰で詰ませられる相手も多いので相手キャラによる戦いやすさは顕著に表れるはず。そして戦いやすい相手の方が確実に多いのがこいつの強いところ。





<実践動画>

ミェンミェンVIP立ち回り解説(麺)【全キャラVIPのススメ:スマブラSP】


VIP前後での対戦動画です。




【執筆時ver. 12.0.0】

【PR】VIP達成したら記念にamiiboを



他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です