ベレト・ベレスVIP攻略/立ち回り解説

私的VIPランク:つらい ★★★★☆

何気にVIP入れるまでに一番時間がかかった。VIP入り目指した順番が早めだったのもあるが、かなりの曲者。
何がつらいって機動力が絶望的。今作、重量級でもそれなりに足早いからここまで動きづらいキャラっていないんじゃない?そして、小回りの利く技が少ない。圧倒的なパワーとリーチがあるのに気軽に当てられるバースト技がないから気づいたらバ難に陥りがち。投げバくらいくれても良かったんじゃないですか?
ベレト注目してる発言してるプロもちょいちょい見るし、かのMkLeoもオンライン上ではよく使ってるそうなので、可能性はありそうなのですが、素人目には全く感じられませんでした。そもそもオンライン上に蔓延る弾キャラが吐きそうになるくらいきつい時点でVIP難で間違いないでしょう。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★★(発生 4F ダメージ 11.2〜)
一般的な弱。リーチは短いが発生は地上技最速なので密着時の暴れに割と使用します。百裂部分は範囲が広いのでガードされても押し出せて反撃は安く済むことが多いです。

【横強】★★★★★
(発生 8F ダメージ 13.2)
主要技。発生が早く、技範囲が広く、そこそこリーチのある攻撃。ベレトスにしては、使い勝手の良い優秀な技。全体フレームは短くないので連射性能は悪くはないが良くもない。置き攻撃として多用する。吹っ飛ばしもそれなりにあるので崖際であればバーストを狙えるがOPかかりがちなので大体高%が必要になる。

【上強】★★★★★
(発生 9F ダメージ 12)
主要技その2.横強を上方向に変えたような使いやすい技。後ろ側にもしっかりと判定があるので横回避を多用する相手には上強を置いておくと戦いやすい。バーストは出来ないと思っておいた方がよい。低%時には上強ー上強が入りそうで入らないことが多いので空Nか空上に繋ぎに行く方が良いかも。

【下強】★★★★
(発生 13F ダメージ 9.6)
リーチの長い牽制技。広い%帯で空上に繋がる。発生は弱もしくは横強、上強の方が早いので密着状態では振らないこと。先端を掠めるイメージで振るのが強い。技範囲は足元にしかないので、ジャンプで躱されると後隙の長さもあって痛い。多用すると簡単に読まれるので注意。相手に意識させるとジャンプしがちになるので、そこを空前、空後で狩るのはあり。

【横スマッシュ】★★★
(発生 23F ダメージ 21.6(14.4))
ワンチャン技。先端当てるとめちゃ飛ぶ。発生はウソでしょ?ってくらい遅い。確定反撃場面でも全然確定しなくてもうっ!ってなる。威力が上シフトで上がり、下シフトで下がるが、下シフトで崖狙いに行くのが一番使いやすい。先端であればガードされてもガード硬直長いので反撃はもらいにくい。相手の着地際に置いたり不意に引き横スマをかますのは結構あり。

【上スマッシュ】★★★★
(発生 13F ダメージ 19.2 )
大事なバースト技。発生はそこそこだが、吹っ飛ばし力とダメージが高い。ガーキャン上スマ当てるの上手い人はベレトのランク上がる。上方向に範囲が広く、持続も長いので対空としても使える。前方向には見た目よりあるが短いのに変わりはないのでガーキャンで出す時は密着が望ましい。後方向にはないのでめくりには注意。

【下スマッシュ】★★★
(発生 19F ダメージ 27.6)
ハイリスクハイリターン技。見た目よりは発生は早く横スマより早いので反撃場面で使うのはありだが通る場面は少ない。ガード削り値が異常なので主要な使い道はガードブレイク。ベレトスはガード削る手段が豊富なので狙える場面は多いが、あまりに露骨だとジャンプされて終わりなのであからさまなのはダメ。

【DA】 ★★★★
(発生 9F ダメージ 15.6(10.8))
範囲広い、早い、すごい伸びる、ダメージ高い、バースト狙える。強い。鈍足ベレトの救世主的存在。後隙狩り、着地狩りはダッシュ掴み行っても間に合わない場面が多いのでDAでいいです。ガードされると普通に反撃確定なので立ち回りで振るには注意が必要だが、不意にかますと予想以上の伸びで結構入る。根本だと威力が下がるので先端意識で。

【空中N】★★★★★
(発生 6F ダメージ 7.2)
ベレトの主成分。この技なかったらどうなってたか、くるくる系空Nに外れなし。ベレトスは密着されると雑魚ちゃんなのでガーキャン空Nで追っ払うのは必修項目。技出しながら着地すると攻撃判定が出る(いわゆるランディングフォース)のも偉く、誤魔化せる場面が多い。しかし、着地隙はある方なので最後までガードされると普通に反撃もらう。しっかりめくって着地するか、技出しながら距離を取りましょう。空Nから繋がる技も多いがどちら側に飛ぶのか分かりにくいのが非常にやっかい。

【空中前】 ★★★★
(発生 12F ダメージ 15.3(10.2))
主要技。範囲は真横にしかないがリーチは超長いので先端を押しつけるように振る。立ち回りでブンブン振るしバースト技だし復帰阻止もこいつ、多忙技。先端以外はカス当たりになり「ぺちっ」という悲しいSEとともに悲しい吹っ飛ばしを披露する。小ジャン最速で出すと地上の相手に当たらないので降りで振る必要がある。急降下空前が地上の相手に当たるタイミングは最低限つかんでおきましょう。こいつの振り方でベレトスは大分強さ変わるので使い始めの頃はとにかく振って感覚を覚えましょう。

【空中後】★★★★
(発生 13F ダメージ 18(12))
空前と同じ感覚で振っていいです。空前より気持ちリーチが短く威力が高い。崖側で当てると早期バースト可能。先端であればガードされても反撃ないため積極的に狙っていきたい。

【空中上】★★★★★
(発生 10F ダメージ 13.8)
上方向にアホほどリーチ長くて持続も長い。こいつの機動力の低さだから許されてるめちゃつよ技。吹っ飛ばしはそこそこだが、かなり上空で当てられるのでメインバースト技でした。この技が強いと気づけたらベレトスの立ち回りも変わってくる。

【空中下】 ★★★
(発生 22F ダメージ 22.8)
斧なのでハイリスクハイリターン技かと思いきや結構使いやすい。着地隙は普通に長いので振り方に工夫は必要だが。発生は遅いが小ジャンプから出しきれるのでジャンプで相手の掴み等をスカした時の最大反撃になる。下方向に範囲がすごく長いので崖掴まりに対してメテオを狙うのがメイン。威力がかなり高いので早期撃墜も可能。ステージ上に着地しないで外に落ちながら振ると当てやすかった。着地狩りに対する暴れとしては隙大きいので微妙。ヒット音が心地良いので私は結構好んで使ってた。

【NB:魔弓 フェイルノート】★★★
(発生 45F ダメージ 14.4)
使い道ありそうで無さそうである。発生遅いので普通に打っててもまぁ、当たらない。ガードかジャンプでキャンセル出来るので毎回打つ必要はない。飛び道具にしてはガード削り値が非常に高いのでガードさせたら儲けものという意識は大事。ただ技の判定が弱っちいのでしょぼい飛び道具と相殺されて腑に落ちない気持ちになる。相手のダウンに対して出しておくと良い感じに起き上がりと噛み合うことが多い。場外の相手に当てるとバースト出来るしVIP前だと割と当たる。多分復帰に必死でこっちのこと見てない。反射持ちに撃つのは自殺行為、気をつけよう。ちなみに振り向くことで発射のタイミングを遅らせることが出来るが、まぁ、初見殺しって感じ。

【横B:魔槍 アラドヴァル】★★★
(発生 21F ダメージ 20.7(空中17.1))
相手に使われるとつっよ!ってなるけど自分で使うと当たるか!ってなるタイプの技。範囲はものすごく広いが発生遅くて後隙も長いハイリスク技。カス当たりがあるのもイマイチ。空中で復帰阻止に使うのが一番使いやすいが、当然警戒されているのであまり当たらない。吹っ飛ばし方向も斜め上なので場外で当てても意外とバースト出来なかったりもする。崖離し横Bは、相手が崖上でガード緩いタイプだったら狙っていって良い。
ver.11.0.0のアプデでガード硬直時間が延長、空中で発動した時の後隙減少と強化を貰いました。これにより地上では先端であればガードされても反撃されにくくなり、空中では復帰阻止、復帰阻止に対する迎撃どちらに対しても使いやすくなりました。格段に振りやすくなりましたが依然として根元をガードされるとスマッシュが余裕で間に合うぐらいの隙をされすことになるので振り方には注意が必要。

【上B:魔剣 天帝の剣】★★★★
(発生 11F 9F ダメージ 17.6)
復帰技としては優秀。ワイヤー系の例に漏れず小突かれると終わりなので使い方に注意は必要。攻撃技としてもダメージが高く対空、ガーキャンの択として使える。特に低%時は横Bに繋がるため狙う価値あり。復帰時に阻止に来た相手を逆に踏み付けて倒せることもある。崖を掴める場合は崖を優先するので狙うのは難しいが出来たらラッキー程度で。
ver.11.0.0のアプデで発生が早くなりました。ガーキャンで反撃を取れる範囲が広がったのは純粋に大きい。さらに低%時は上投げから繋がるようになり(ベク変次第?)、序盤の火力稼ぎが加速しました。

【下B:魔斧 アイムール】 ★
(発生 62F ダメージ 36)
魔神拳です。ガードブレイク時にどうぞ。それ以外は使わなくて良し。

【掴み】 ★★★
(発生 その場6F, ダッシュ10F, 振り向き11F)
足の遅さが悲惨なので使いやすい行動ではないがリーチ技のおかげで相手にガードを固められる場面が多いので使用頻度はそれなり。ダッシュ掴みは本当に伸びないので後隙狩りにはDAを使いましょう。投げは、低%時は下投げ空前、入らなくなったら前投げ、後ろ投げで崖外に出すで良い。復帰を狩にくい相手には、上に投げて空上狙いに行く選択もあり。投げバは無いと思うこと。



<立ち回り方>

空前、空後および各種強攻撃のリーチを押しつけて中距離で戦うのが理想。しかし現実は簡単に接近されてあわあわと空Nを振り続ける扇風機になりがち。技の小回り効かないし、距離取ろうにも機動力ないのでいくらかしょうがないところもありますが、避けるために技のヒット率をあげることを意識しましょう。空前空後は当てるの難しいし回転率もよくないので慣れないうちは横強か上強を主軸に立ち回ると良いと思います。ちなみに空中機動も絶望的なので一度浮かされるとなかなか地面に着けずにボコボコにされます。無理に空Nや空下で暴れようとせずに場外に出て上Bで崖掴んで相手のターンを終わらせることを考えましょう。体重は重たいので相手のバースト技さえ注意して拒否できればかなり長生きできます。

要点をいくつか挙げておきます。

1)コンボについて
覚えておきたいのは3つ 
【下投げー空前】
0%から結構広い%帯まで入る。多分確定してないけど下投げ早いからベク変間に合ってないのか?よく分からないけど入るから使いましょう。躱されてもリスクないし。
【空NーDA】
空Nの着地時の攻撃判定(ランディングフォース)からは色々繋がる。0%なら横強。ダッシュ掴みも入れられるし、%高くなってダウン取れたら横B入ったりもする。ただ%帯覚えるのダルいんでとにかくDAでいいです。ダウンしようがDA。慣れたら色々探ってみるのもいいでしょう。
【下強ー空上】
中%帯で幅広く繋がる。%低すぎる時は浮きが足りないので空Nを選択しましょう。%高くなって確定しなくなっても着地狩りの展開になるので下強はどの%帯でも当てる価値がある。

2)復帰について
ワイヤー復帰。強い。上方向に結構伸びるのでかなり下からでも帰れる。横方向にはイマイチなので貧弱な空中機動力で一生懸命横に動こう。攻撃判定はないので(たまに踏み付けで返り討ちに出来るが)復帰阻止はバンバン来る。最短ルートで帰ると狩られやすい。上Bの発動タイミングに神経を使いましょう。おすすめは限界まで下に潜ってからの復帰。限界距離は体感で覚えておきましょう。(参考動画の2戦目で頑張って復帰阻止を躱し続けています。ご参考にしていただければ。)

3)バースト手段について
こんなに火力あるのに気付いたらバ難になりがち。と思ったらウソみたいな早さで撃墜出来ることもある。両極端。小回りきかないからバースト拒否されやすいけど焦らないこと。個人的バースト択は、なんだかんだ空前、空後。次点で空上、上スマ、DA。たまに横スマ、空下、横B。当たるとラッキーNB、上Bかな。横強、上強は立ち回りで振り続けるので撃墜技にはなりにくい。ガーキャン上スマの当て感身に付けるとバーストがかなり楽になる。

4)復帰阻止について
リーチを活かした復帰阻止が強いので積極的に行きたい。上Bの復帰距離も長いのでかなり深めまで行ける。狙いたいのは空前。ベクトルも良く、当てれば早期撃墜も可能。リーチは長いが範囲は真横にしかないので軸の合わせ方に慣れが必要。横Bは範囲は広いが読まれやすいので、ジャンプや回避を消費してどうしようもない相手を詰ませる一手として振るのがおすすめ。空N降りは当てやすいが斜め上に飛ぶので撃墜は出来ない。ちょっかいがけ程度。無理に行って逆に形勢悪くなりそうなら崖上待機の方が強い。

5)ガーキャン行動について
選択肢は掴み、空N、上スマ、上Bぐらい。迷ったら空Nで良い。低%帯は上Bで火力をとり、バースト帯は上スマを選択出来ると非常に強い。私は空Nばっかり振ってたなぁ、だから弱いのか。

6)キャラ相性について
重量級、デカキャラは技当てやすいのでかなり行ける。間合い管理を徹底して近づけないようにしてやりましょう。足速いやつらは当然キツイ。ボコボコ技食らっても焦らず体力差で勝つことを意識しましょう。弾キャラは無理。吐く。全然近づけない。マッチングの段階でため息しか出ない。ただ、絶対勝てないかと言われるとリーチあるから噛み合えば行けたりする。イライラするけど安易にジャンプで攻撃を仕掛けに行かず、ガードを張りながらジリジリ距離を詰めて空前の間合いに入れましょう。

<参考動画>

VIP底辺での対戦記録。今回は2本立て。
1戦目(ベレト)は間合い管理のやりやすい相手との立ち回りの参考に、2戦目(ジョーカー)は距離を詰められて接戦を強いられた場合の立ち回りの参考にしていただければと思います。特に2戦目は見苦しくていいですね。


【執筆時ver. 9.0.1】
【一部追記ver. 11.0.0】


【PR】VIP達成したら記念にamiiboを


他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です