キングクルールVIP攻略/立ち回り解説


私的VIPランク
:やや楽 ★★☆☆☆

あらゆる意味で今作の人気者。重量級はVIP易と相場が決まっていますが、こいつは他の重量級に比べて多芸な分、攻撃に圧が足りないのでちょっと工夫が必要。行きやすいことに変わりはありませんが。VIP前で出会うキンクルはどこで習ったの?ってぐらい崖際で横BとNBを交互に撃ってガン待ち決め込んできますが、発売当初ならともかく今はそれだけでVIP行けるほど生温い環境ではないので是正しましょう。重量級で相手を動かせる遠距離攻撃を持っているのはかなり偉いポイントであることに間違いはないので要は使い方のお話。ちなみに簡単に行けちゃったもんだからVIP易にランク付けしていますが、私は重量級使うの苦手です。こいつに限った話ではないですが使えると思った部分だけ参考にしていただければ幸いです。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★★★
(発生 4F ダメージ 3 + 3 + 8.4)
そこまで強い訳じゃないのに他に使いやすい技が少ないからえらい優秀に見える技。実際図体デカい分技範囲も広めなので弱としては優秀。密着状態では頼りましょう。

【横強】★★★★
(発生 12F ダメージ 15.6)
発生が遅い分腹アーマーがあるのでかち合えば一方的に勝てる。攻撃範囲も広めなので置き技として運用するのがいいと思います。相手の差し込みに合わせた引き横強が強い。上下シフト可能で威力は変わらないが下シフトで崖を狙えるので覚えておきましょう。

【上強】★★★
(発生 5F ダメージ 13.8)
珍しく発生が早く攻撃範囲も広め。ただし、出だし以外はカス当てになるため対空で使うと大体本当てにならずいまいち使えない。私はほぼ下投げで埋めた後専用として使ってました。

【下強】★★
(発生 13F ダメージ 15.6)
地上の相手に当てると埋めるためリターン高めだが、いかんせん発生が遅すぎて当たらない。技範囲は衝撃波みたいなのが出るため足以外にも広がるが当然埋まらないので後隙の誤魔化し程度。あんまり使う必要ないと思います。

【横スマッシュ】★★
(発生 19F ダメージ 22.8(23.9))
発生遅い分威力高い系の横スマ。リーチ短いし後隙も長いこと考えるとあんまり威力が見合ってない気がする。当然そんなに振る技ではない。たまに引き横スマ置いておいたらひっかかって嬉しい。そんな程度で。一応上下シフトで威力が変わり、上シフトが一番強いが正直そんなに気にしなくていいと思ってます。

【上スマッシュ】★★★★
(発生 6F ダメージ 20.4(9.6) (12))
頭突き・腹・着地と攻撃部位が転移する技。一番攻撃力が高いのが出だしの頭突き部分で発生は驚異の6F。ただし、ほぼ真上にしか判定が出ないのでガーキャンで対空技として運用するのが基本。腹アーマーはもちろん、発生時には頭無敵が付くので相手の攻撃に合わせる使い方も可能。

【下スマッシュ】★★★
(発生 22F ダメージ 21.6(4.8))
ボディプレスタイプの下スマ。発生は遅いが、飛び上がり部分で低い攻撃や掴みを躱せる上、腹アーマー付きなのでほぼカウンター技。対地には衝撃波も出るので誤魔化しも多少きく。外したら隙だらけなので当然擦っていい技ではないが掴みを読んだ時など不意に出すとひっかけられる時がある。使わなくてもいいと思いますがパナし技としてはありな性能。

【DA】★★★★★
(発生 7F ダメージ 18(13.2))
重要技。威力が高く飛び出しがよく図体がデカい分攻撃範囲も広いため不意打ち性能も高め。腹アーマー付きなので相手の着地に合わせるのがシンプルに強い。ガードをめくる、めくらないの判断がしづらいのもポイント高い。とは言え、動き遅いから読まれやすいしガードされればスマッシュが余裕を持って確定するぐらいの後隙を晒すので適当にパナしていい技ではない。せめて掴みと択を迫りたい。

【空中N】 ★★★★★
(発生 7F ダメージ 14.4(9.6))
超重要技。キンクルには珍しく気軽に振れ強技。特筆すべきは腹アーマーと着地隙の少なさ。腹アーマーにより相手の攻撃とかち合ったときは一方的に勝てるので着地狩り拒否や復帰阻止で猛威をふるう。また見た目に反して着地隙が少ないので急降下空Nをガードされても弱入れ込んでおけば相手の掴みに勝てる。やられると結構うざい。欠点はリーチが短いのと発生がそこまで早くないこと。

【空中前】 ★★★★
(発生 11F ダメージ 18.6(9.6))
攻撃範囲と威力が優秀でダメージ稼ぎからバーストまでお世話になる技。着地隙は大きめなので差し込みに使う技ではない。リーチを活かして差し返しやジャンプ読みで置いておく使い方が強い。NB・横Bで相手を動かして当てることを意識しましょう。

【空中後】 ★★★★
(発生 18F ダメージ 22.8(17.4))
これも技範囲と威力が優秀だが発生がバリ遅く後隙も普通にある。置き技専用。引きながら置いておき攻め込んできた相手に引っかける使い方をしましょう。何故か割と頼りになる技。

【空中上】 ★★★★
(発生 7F ダメージ 16.8(12))
癖の塊。発生早めで上に飛び上がるため相手の不意を突きやすい。威力も高く普通にバースト択。ただし発生後は尻餅落下並みに操作不能になるため使いどころは慎重に。リスクに見合った威力かと言われると微妙だが割とお世話になる技。一応頭無敵に腹アーマーも付く。

【空中下】 ★★★
(発生 14F ダメージ 14.4(10.8))
見たまんまのメテオ技。メテオ技の割には発生早めなので普通に使える。地上の相手に当てた場合もメテオ判定になるため撃墜コンボに繋がる狙う価値にある技。上手に使えなかったけど。腹アーマー付き。

【NB:パイレーツキャノン】 ★★★★
(発生 25F ダメージ 15.6)
適度に遅い弾速と長い射程距離がいやらしい牽制技。前隙・後隙ともにたっぷりなので近場で撃つのはもちろんNG。弾発射後に追加入力で吸い込みに派生する。この吸い込み力が意外と高く分かってるのに食らって腹立つ思いをした人も少なくないと思います。ただ立ち回りの主軸になる性能はもちろんしてないので擦らないように。なんでVIP前のキンクルってあんなに擦ってくるんでしょう…。

【横B:クラウンスロー】 ★★★★
(発生 27F ダメージ 10.8(戻り8.4))
相手を動かす重要な牽制技。横Bに執着して立ち回りが雑になるのは避けたいが適度に撒いて妨害していきたい。6~63Fにアーマーが付くが痛いのは痛いので反撃もらわないようタイミングには気を付けたい。床に落ちた王冠を拾うと強制的に隙を晒すことになるので拾い時にも注意。この仕様いる?愛嬌があって好きだけど。

【上B:フライングバックパック】 ★★
(発生 11F ダメージ 3.6×n)
復帰距離が長く、上方向への判定と範囲が優秀なので復帰阻止拒否に役立つ。ただし横はがら空きもいいところなので上昇するにしてもその軌道には気を配らないとあっという間に撃墜される。どうしようもない時はどうしようもない。

【下B:ボディカウンター】 ★
(受付 5~28F ダメージ -)
存在を忘れがち。そして忘れてもらって構わないと思います。相手も忘れがちなので不意に弾を跳ね返すと爆アド拾えることもありそう。不意にっていうのが重要なので執拗に反射しようとするのは無駄なので止めましょう。余計に被弾したり隙を晒すリスクの方が高いです。そういう意味も込めて存在を忘れてもらって構いません。

【掴み】★★★★★
(発生 その場 8F, ダッシュ11F, 振り向き12F)
強い。発生は遅めだが範囲が広く、何より投げのリターンが高い。上投げで20%入るので迷ったら上投げで問題ありません、美味しすぎる。後ろ投げは吹っ飛ばし力が高い上、ベクトルが低いため撃墜時にかなりお世話になります。下投げ埋めはダメージ低いと繋がりませんがレバガチャ次第なのでなんとも。体感100%超えれば大体上強入るので崖に追い詰めた時の撃墜択にどうぞ。


<立ち回り方>

体力差で勝つ

図体のデカさに機動力の低さ、技の使い勝手の悪さから真面目に差し合いして勝つキャラではありません。かと言って他の重量級のように圧倒的に攻撃力が高い訳でもありません。こいつの長所はダメージの稼ぎやすさとタフさです。攻撃はどれも平気で15%超えるダメージを与える上、飛び道具の火力も高い。復帰も重量級の重さに反した復帰距離を誇るため長生きしやすいです。また、個性の腹アーマーのおかげで殴り合い展開に強く相打ちには一方的に勝てます。これらを活かして立ち回りで負けていようが被弾数こっちの方が多かろうが最終的に生きてた方が勝ちなんじゃっていう泥臭い勝ち方がコンセプトのキャラです。欠点は何といっても復帰距離が長いとは言え復帰阻止されやす過ぎるので相手によってはその耐久力を活かしづらいこと。これはもうどうしようもない。誰にでも勝てるキャラじゃないと割り切りましょう。

1)基本の立ち回りについて
①飛び道具で相手を動かして返り討ちにする+②自分から差し込む
の組み合わせ。①は2種類の飛び道具を使って相手から攻めてくるように誘導し、そこを置き技で処理する戦い方。②は飛び道具に当たるまいと自ら引いていく相手を追い詰める戦い方。①だけで完結できれば楽なんですがそこまで飛び道具が優秀なわけではなく引いて戦うにも限度があるため、②の自分から差し込むという手段も持っておく必要があります。特に反射持ち相手だと飛び道具に依存することが出来なくなり一気にキツイ戦いを強いられることになるので、そういう意味でも自分から差し込む手も準備しておきましょう。

2)主軸となる技について
牽制のNB・横Bは言わずもがな。攻めてきた相手を返り討ちにする横強・空前・空後。自分から差し込む時に使うDA・空N・掴み。密着時の暴れに弱・空N。これだけ覚えておきましょう。特に掴みのリターンが高いので後隙狩りなりガーキャンなりで通せるときはしっかりと通していきたい。

3)コンボについて
【降り空Nー弱】
低%限定。急降下空Nでの差し込み機会が多いので出番は多い。弱ではなくDAが入る時もありますがとりあえずは弱でいいです。空Nガードされた時にも弱で誤魔化せることが多いので入れ込んでいてもそこまで悪いことにはならない。おすすめはしませんが。

【下投げー上強】
前方向にバーストしたい時の撃墜コンボ。100%超えればほぼほぼ通るので相手の%はチラチラ見ておきましょう。抜けられる読みで上スマor空上当てに行く手もあるので、まぁ出来る人はどうぞ。

【空下ー上スマor空上】
通称アルセーヌ。撃墜コンボは覚えておいた分だけ得をする。まぁ、こいつ全然バースト困るキャラではないので覚えなくてもいいですが。空下もそこまで狙いにくい技ではないのでジャンプで相手の攻撃を空かした時などチャンスがあれば使っていきたい。何よりこのコンボ入ると気持ちいい。

4)復帰について
距離はあるけど横がガラ空き過ぎて復帰阻止されたい放題。どうしようもない場面はどうしようもないけど上方向の攻撃範囲の広さと判定の強さを活かして相手に当たりに行く等工夫はできる。特に多いのが真上に帰る時、十中八九相手は外側に回り込んで崖メテオを狙ってくるので敢えて外に膨らんで帰ることで復帰阻止を妨害できます。妨害出来なかったときは崖受け身の心構えを。またルート変更が裏目に出ることもありますが自分を責めないこと。何度も言いますがどうしようもない時はどうしようもないです。

5)バースト手段について
豊富。お好みでどうぞ。個人的に多かったのは空前・DA・後ろ投げ・下投げ上強です。横強・空上・空N復帰阻止・ガーキャン上スマ辺りも強いのでおすすめ。

6)復帰阻止について
崖下であれば空Nが強い。持続と腹アーマーのおかげでカウンターのように運用できるため一部キャラは詰ませることが出来る。上からの復帰については空前が狙いやすくリターンも高い。空後は爆アド狙えますがやはり発生が遅すぎて全然当たりませんでした。

7)ガーキャン行動について
狙いたいのは掴みだが基本は全方位攻撃できる空Nが便利。ただし発生がそこまで早くなく地上の小さいキャラには当たりにくいので無理に狙わないのがコツ。臭い場面はしっかり様子見しましょう。空中からの差し込みについては上スマを合わせられるとかなり強力なので使えると戦いが間違いなく楽になります。

8)キャラ相性について
ほぼ不利。もう誰が来てもキツイ。特にキツイのは弾持ち、反射持ち、密着強いキャラ、リーチ持ち。該当しないキャラ誰よ。相性とかそういう次元で戦うキャラじゃないので気にしないでください。

<参考動画>

VIPでの対戦記録です。
1戦目(対ウルフ)全部キツイ。相手の飛び道具避けようないし、反射技持ってるだけでこっちの飛び道具制限されるし、接近しても不利だし。もうゴチャらせて体力差で勝ちましょう。ただこういうカードだと接近させまいとNB多めになる相手は多いので上手く後隙狩るなりDAで潰すなり合わせられると一気に試合を持っていけます。
2戦目(対バンジョー&カズーイ)は卵の弾幕がとにかく厄介。全部捌こうと思っても捌ききれないのである程度の被弾は受け入れましょう。弾幕に動かされて雑に攻め込まない限りはそこまでいけない相手ではない。卵に横B合わせられれば勝てるのも嬉しい。横Bに横B合わせられるとバイバイなのは注意。安易な飛び道具撒き厳禁なのは相手が誰でも一緒。

【執筆時ver. 10.1.0】


【PR】VIP達成したら記念にamiiboを


他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です