ガオガエンVIP攻略/立ち回り解説


私的VIPランク
:やや楽 ★★☆☆☆

機動力最低レベルな癖に飛び道具ひとつ持たない肉体派ファイター。その代わりとして技は優秀なものが多く、小回りの利く使いやすい技から撃墜力の高いパワフルな技まで粒ぞろいなので近づくことさえできればかなり強力。したがってガオガエンを使う上でいかにして近づくかは至上命題となる。機動力の低さゆえの接近の難しさの他に欠点として復帰の脆さもあげられます。これはプレイヤーの努力でなんとかなる場合も多いので復帰方法については手札を揃えましょう。どうしようもない時はどうしようもないですが。VIPの行きやすさで言うと技がシンプルで使いやすく単純に強いので行きやすい部類だと思います。横Bのタイミングだけはちょっとだけ慣れが必要。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★
(発生 5F ダメージ 3 + 3.3 + 8)
一般的な弱。こいつに頼らなくても出の早い技は多いのでそこまで必要性は高くないがあったらあったで便利。確実に入ると思った時には同じ発生のNBを選択した方が威力は高い。

【横強】★★
(発生 12F ダメージ 15.6(14.4))
威力はスマッシュ級だが遅い発生と短いリーチで当てにくい。撃墜%が溜まるまでは封印でOK。後隙はそれほど大きくないので置き技として運用しましょう。

【上強】★★★★
(発生 6F ダメージ 10.8)
発生が早く前後に判定がありコンボ始動にもなる優れもの。ごちゃついた場面で狙いたいのはこれ。撃墜は出来ないのであくまでダメージ稼ぎ用の技。

【下強】★★★★
(発生 9F ダメージ 10.8)
ガオガエンの中では長めのリーチで横の差し合いで使いやすい。当てるといい感じに浮くので空中攻撃で追撃にも行きやすく火力稼ぎとしても優秀。この技が更に真価を発揮するのは崖。崖掴まり状態にも当たりそのまま追撃で撃墜が可能。ガオガエンの崖攻めの強さを支える大事な一手。

【横スマッシュ】★
(発生 16F ダメージ 21(19.2))
大振りな横スマ。威力は高いが他にも撃墜技は複数あるのでリスクを冒してこの技で撃墜する必要はない。当たれば強いので読みを通せた時にどうぞ。

【上スマッシュ】★★★★
(発生 13F ダメージ 20.4 )
早めの発生、前後判定、カス当て無しと優秀な上スマ。威力も申し分なく撃墜力も高い頼れるバースト技です。ガーキャンから狙っていきましょう。後隙は小さく無いので使うのは撃墜%になってからでよし。

【下スマッシュ】★
(発生 18F ダメージ 19.2)
ボディプレス系下スマ。発生は遅いですが、予備動作で相手の掴みやDAを躱せるので後隙に入れ込んで誤魔化す使い方が主流。好みじゃないので使いませんでした。

【DA】★★★★★
(発生 8F ダメージ 15.6(10.8))
足の遅いガオガエンにとって救世主のような技。素早く飛び込んでくれるので後隙狩りや差し返しに使いやすい。更に根本部分の威力が高く、高%であれば撃墜も可能。後隙は大きいのでガードされれば反撃確定。差し込みで使う時は要注意。

【空中N】★★★★
(発生 5F ダメージ 15.6(持続8.4))
発生・範囲・持続・判定の優れた優秀な空N。全身判定で使いやすさも良好。ガーキャンで反撃に使うも良し、着地の誤魔化しに使うも良し、崖狩りに使うも良し、復帰阻止に使うも良し。密着で困ったらとにかくこれな頼れる技。

【空中前】★★★★
(発生 8F ダメージ 15.6(持続11.5))
長いリーチと攻撃範囲で横の差し合いにおいて活躍する技。掴みと横Bの存在から、相手が飛んでくれる事が多いのでジャンプ読みで空中に置いておくといい感じに刺さります。カス当てにはなりますが地味に持続が長いのも嬉しい。復帰阻止としても使える汎用性の高い技。

【空中後】 ★★★★
(発生 7F ダメージ 15.6)
リーチは短めですが咄嗟に出せて小回りの利く技。空後にしては威力に物足りなさを感じますが使いやすさと引き換えにという感じ。ガーキャンとしても使えるので背面でガードした時やめくられた時に使っていきましょう。

【空中上】★★★★
(発生 7F ダメージ 9.6)
攻撃範囲と回転率がとても優秀。吹っ飛ばし力はそこまで高くありませんが、そのおかげでお手玉しやすく、台があるとボコボコ入ります。着地狩りとしても当然使いやすいので浮かせた時には積極的に狙ってダメージを稼ぎましょう。

【空中下】★★★
(発生 16F ダメージ 18(持続10.8))
強力なメテオ技。発生は早くないが下方向のリーチは長めでそこそこ当てやすい。ただガオガエンの復帰力的に下まで当てに行くのはハイリスクなので崖に置く使い方が無難。

【NB:DDラリアット】★★
(発生 5F ダメージ 20.4~9.6)
5~6Fに全身無敵、攻撃中は両腕無敵が付加される。弱と同じ発生で無敵が発生するため、後隙にNBを入れ込むのはオンラインガオガエンの必修科目。意外と後隙が少ないのでガードされても軽い反撃で済みますが、引いて見られたら隙だらけもいいところなので非常に危険。その場回避を通した時や崖攻め下強で浮かせた時ぐらいしか怖くて使えませんでした。

【横B:ロープスイング】 ★★★★★
(発生 16F ダメージ 24(14.4, 4.8))
ガード不可の突進技で破壊力も抜群。ガオガエンが最も通したい技になりますが、相手が最も警戒する技でもあるのでいかにしてこいつを通すかが腕の見せ所。基本は着地際など余裕のない状況を狙うか、ガードを固めたくなる状況で叩き込むか。崖際に追い込んで当てるのがベストだが、飛んで躱されやすくもあるのでそこはジャンプ読み空中攻撃との読み合いを仕掛けましょう。タイミングによって3パターンに分かれますがほとんどの場合ラリアットで正解です。ショルダーによる上撃墜も出来ないと思ってください。タイミングは慣れるしかありませんが、強いてコツを言うならリキまないこと。

【上B:クロスチョップ】 ★★
(発生 11F ダメージ 3.6 + 8.4 + 10.8)
独特な軌道を描く復帰技。上昇量はそれなりにありますが、ガオガエン自身の空中横移動力が低すぎて崖下に行くのも一苦労。時には落下部分で崖を掴みに行く必要もあります。一応ヘビーアーマーが付くので多少の復帰阻止耐性があるのが救いか。攻撃技としてはリスクリターンが合わないのでガーキャンとして使うのもあまりおすすめしません。

【下B:リベンジ】 ★★★★
(受付 3~27F ダメージ 2.8)
受けたダメージに比例して技の威力が上昇する特殊なカウンター技。一番の狙いはやはり飛び道具。機動力が低く格好の的にされてしまうので安易な弾には下Bでリスクを付けていきましょう。ただし成功後に後隙が生じてしまうため何でもかんでもリベンジを取っていたら釣られる場合があるのでそこは状況と相談。その他、覚えておいた方がいい情報はを以下に箇条書きしておきます。

  • 投げられると解除
  • 一定以上(36%)ダメージを受けると解除
  • 60秒の制限時間を過ぎると解除
  • 技を空振りすると制限時間が減少
  • 重ね掛けで制限時間・ダメージはリセット
  • ガードされても解除されない
  • 掴み打撃・崖上がり攻撃等では解除されない


【掴み】 ★★★★★
(発生 その場 7F, ダッシュ 11F, 振り向き 12F)
発生は一般的ですが、掴み範囲が優秀。更に投げは、広い%帯で繋がる投げコン持ちな上に前・後ろ・上全てで投げバ可能という優等生っぷり。間違いなく主戦力になるので積極的に狙っていきましょう。





<立ち回り方>

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021071321154300-0E7DF678130F4F0FA2C88AE72B47AFDF-1024x576.jpg

距離の詰め方と技の振り方

横移動性能があまりにも低すぎるので少しずつ距離を詰める術を覚えない限り勝てません。特にリーチもち弾持ちは常にこちらの間合いの外から攻撃してくるので、そういう奴らとどう渡り合っていくのかを考える。ただ重量級らしく苦手相性は火力で解決することが出来るのでまずは間合いの詰めかた、そして次に技の振り方を覚えてしまえば結構勝てるキャラに仕上がるはずです。復帰はがんばれ。

1)基本の立ち回りについて
ジリジリと距離を詰めてリーチの長い技で牽制、隙あらば始動技を当てて一気に火力を稼ぐ。機動力が低いので一気に攻めようとしてもダメ。前後ステップとダッシュガードを活用して少しずつ距離を詰めて懐に潜り込む。空中攻撃が特に優秀なので相手のジャンプには敏感に。自分で浮かせて展開を作るのももちろんあり。横Bは相手の体勢を崩してから。ニュートラルの差し合いで使っても中々通りません。

2)主軸となる技について
差し合いで軸となるのは空前・下強・DA・掴み。空前・下強はリーチを活かして対空・対地の牽制として。DAは脚の遅いガオガエンの貴重な差し返し択。掴みは崩し兼コンボ始動技。後は浮かせた時の追撃手段として空上。ガーキャン反撃や着地の誤魔化しとしての空N。圧倒的撃墜力の横Bあたりの技が主軸と言えるでしょう。

3)最低限覚えるべきコンボ
空中攻撃が優秀なので感覚で繋がりそうだと思ったら大体繋がる。全体的にアドリブ性が高いので使用機会の多い投げコンと崖で撃墜に繋がるお手軽コンボだけ紹介します。
【下投げー空上 or 空前】
確定帯の広い大切なダメージ源。外ベク変されると空上が低%時にしか繋がらなくなるので空前の方が安定感はありますが、空上はそのままお手玉にして更なるダメージが望めるので入るチャンスがあるならば妥協せず選択していきたい。ちなみに空後を選択することで火力を上げることが出来ますが反転が必要になるので余裕があればでOK。
【下強 or 上強ー空上 or 空前 or 空N】
立ち回りで使い易い下強、上強で浮かせた時のコンボ。中%までは大体どの空中攻撃でも繋がるのでアドリブでお好きにどうぞという感じ。意識すべきは高%で崖掴まりに対して下強を当てた時のコンボ。空NかNBに繋ぐことで撃墜できるのでそこだけは大切にしていきたい。

4)復帰について
言うまでもなく弱い。ただ前提条件弱いと思っているので意外と帰れるじゃんと感心することもある。大切なのは横Bを使うタイミング。横の復帰距離を稼ぐために横Bを使用することはほぼ必須となりますが、この横Bの使用中、使用後が最も狩られやすいポイント。使用するのは相手の手の届かない上空か崖下深くまで潜ってから。深く潜って横Bで移動し、ジャンプと上Bで真下から崖を掴む動きは簡単な上に上Bのアーマーのおかげで結構安心感もあるオススメ復帰ルート。横の復帰距離が足りないと思ったときは上B早出しで上から崖を掴むことも必要になりますがそこの判断は完全に慣れるしかありません。

5)バースト手段について
崖際に追い詰めて横Bで早期撃墜が理想。ただ読まれやすくもあるのでジャンプ読み空前とセットで考えること。後はガーキャン上スマの攻撃範囲と威力が優秀なので撃墜機会が多め。それ以外だと意外とパワーが足りずに撃墜しきれないことも多いですが最終的には上投げ・DAでどこからでも撃墜できるのでバ難で焦る必要はまずない。

6)復帰阻止について
復帰力が貧弱なのでリスクは伴いますが空中攻撃が優秀なので復帰阻止性能は高い。狙うべきは攻撃範囲と吹っ飛ばしに優れた空前か持続の優秀な空N。いずれにせよ、積極的に復帰阻止に行くのはちょっと小突けば帰って来られない相手や空中での自由度が低いいわゆる復帰弱者に限定しましょう。

7)ガーキャン行動について
空N、空後、掴み、上スマ。空Nは範囲は狭いものの発生が早く全身判定なので非常に便利。密着状態なら迷わず空Nでいいです。空後は背面限定ですが空Nよりも広い範囲を拾えるので強力。掴みはリターンが高いので狙えるなら最も狙いたい選択肢。上スマは上記の技に比べるとさすがに発生が遅めですが攻撃範囲が広く何より高威力の撃墜技なので%が溜まっていたら意識していきたい。

8)キャラ相性について
近接攻撃のみかつ最低クラスの機動力なのでキツイ相手は山ほどいます。何とか距離を詰めて優秀な技を押し付けて勝つしかありません。一応飛び道具に対しては下Bでリスクを付けられますが、相手もそれは分かっているので釣られないように注意。




<実践動画>

ガオガエンVIP立ち回り解説【全キャラVIPのススメ:スマブラSP】


VIP前後での対戦動画です。

1戦目(対ガノンドロフ)
機動力も技のリーチも似たようなものなので技の出の早さで勝負しましょう。動画だと復帰阻止をガシガシ決めて勝っていますが、こっちも復帰阻止には弱いので立場は簡単に逆転しえます。

2戦目(対デデデ)
ゴルドーをリベンジで取れると非常に美味しいですが、相手もそこは分かっているはずなので安易に撒かない、もしくはリベンジの後隙を狩れるように撒いてくることに注意が必要。これはデデデに限らず他の飛び道具持ち相手においても同様。撃墜%で横Bを当てると緊張してミスる。あるある。

3戦目(対クラウド)
剣キャラきっつい。動画の相手のように間合いの外からブンブン技を振られると近寄ることも出来ない。少ない後隙を狩ったりガーキャンで反撃を取ることに全力を尽くしましょう。

4戦目(対ガオガエン)
The 肉弾戦。このミラーであれば普通に立ち回り勝負になるのでしっかり差し合いを仕掛けて勝ちましょう。復帰阻止はひとつのポイントになるのでしっかりと。ぶっちゃけ絵面が面白いというだけで採用した試合。


【執筆時ver. 12.0.0】

【PR】VIP達成したら記念にamiiboを



他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です