ウルフVIP攻略/立ち回り解説

私的VIPランク:やや楽 ★★☆☆☆

ハイスタンダードキャラ。優秀な技が多く飛び道具に反射技持ち、機動力も悪く無いので出来る事は多い。個人的な感想ですが、やっぱ出来る事多いキャラは触ってて楽しい。弱点はなんと言っても復帰の弱さ。こればっかりはしょうがない、受け入れるほかない。あとダッシュは遅いのに空中横移動は早いのでちょっと動きに違和感を覚える。気にならない人はならないかも。ちなみにザクレイ様の発言からバ難だなんだと騒がれることも多いですが、あれは撃墜択をしっかり拒否してくる相手に対しての話でVIPレベルであればそんなことはないです。キャラに慣れるまでなかなか撃墜択通せないのはコイツに限った話ではない。全キャラVIPの宿命です。

<技解説>

個人的な重要度を「★」で5段階評価


【弱】★★★
(発生 4F ダメージ 2.4 + 2.4 + 4.8)
近距離で手軽に振れる発生の早い技として重宝する。性能としては並だが意外と使用機会は多い。

【横強】★★★★
(発生 8F ダメージ 6 + 7.2)
ウルフの技の中ではリーチがあり2段ヒットのため持続も長めで使いやすい。後隙が短い訳ではないのでちょっとした反撃や引き行動を絡めた置き技としての運用がおすすめ。上下シフト可能で崖掴まりも狩りやすい。

【上強】★★★
(発生 7F ダメージ 12)
困った時の撃墜技。技範囲が狭いので普段の立ち回りでは使いにくいので多用する技ではない。

【下強】★★
(発生 5F ダメージ 7.2)
地味。崖掴まりに対する最速攻撃。ぶっちゃけ横強の下シフトが化けた時以外使いませんでした。化けても当たるってだけで偉い。

【横スマッシュ】★★★
(発生 20F ダメージ 18)
発生激遅だが後隙が短いタイプの横スマ。正直好き。威力も高いがリーチがびっくりするほど無いので当てづらい。当てに行っても当たらないので置き技としての運用が基本。外しても反撃取られないタイミングなら積極的に使っていくのもいいと思います。お好みで。

【上スマッシュ】★★★★
(発生 13F ダメージ 7.2 + 14.4 )
メインバースト択。発生はそこそこだが技範囲と持続が優秀な上スマ。ガーキャンから使うのが基本だが、ダッシュ上スマで対空として使うのも強い。後隙は短めだが全体フレームは長いのでスカされると普通に反撃されます。ご注意を。

【下スマッシュ】★★★★
(発生 14F ダメージ 19.2)
前後攻撃するタイプの下スマッシュ。範囲が広く吹っ飛ばしのベクトルが低いのが強み。横スマの発生が遅いので確定反撃場面で使うと良い。崖際でなければ上スマでいいけど。周知の事実だが崖掴まりの2Fを狩るのが得意。あまり復帰阻止に行けないので崖上でしっかり狙いましょう。

【DA】★★★★★
(発生 11F ダメージ 13.2(9.6))
重要技。強い。ダッシュが遅いので意表はつきにくいが伸びが良く、ガンガンガードをめくるので反撃をもらいにくい。タイミングによって吹っ飛ばしが横か上か変わるがいずれにせよ展開は良い。困った時のバースト手段にもなる。後隙狩りやダウン展開での追撃は基本DAで問題ない。

【空中N】 ★★★★★
(発生 7F ダメージ 14.4(9.6))
超重要技。ライダーキックにハズレなし。発生、持続、着地隙、どれも優秀で使いやすい。ウルフで困ったらこれ振っとけ。リーチだけは無いので範囲外から攻撃合わせられたり引き行動で見られたりするのに弱い。アホみたいに突っ込まない事が大事。

【空中前】★★★★
(発生 7F ダメージ 10.8)
素直な性能で使いやすく、当てた後に追撃にも行きやすい。対空で使うなら空Nか空前かお好みでどうぞって感じ。ただ対地で使うなら空Nがおすすめです。

【空中後】★★★
(発生 13F ダメージ 18(15.6))
発生遅めで威力高め系の空後。吹っ飛ばし力は申し分ないが当てづらい。ほんと当たらん。当ててもカス当て部分が多いのも嫌なポイント。空後当てる感覚を掴めたらウルフは一気に楽になると思います。楽なバースト択が多く無いので積極的に狙うけど上手くいかんなぁって気持ちにさせられることが多い技。

【空中上】★★★★
(発生 7F ダメージ 14.4)
これも素直な性能で使いやすい。ちょっと浮かせた時なんかに追撃にいける火力稼ぎ要員。上空で当てられるとバーストもできるので浮かせて狙いに行くのもあり。

【空中下】★★
(発生 16F ダメージ 18)
見た目通りのメテオ技。発生遅くて正直使いにくい。ドンキーとかクッパとか復帰分かりやす過ぎる奴ら以外には使わなくていいです。着地狩り拒否としても空Nの方が良い。

【NB:クローブラスター】 ★★★★
(発生 15F ダメージ 9.6(8.4))
近距離にも刃物の攻撃判定のある飛び道具。ダメージも高めで弾速もそこそこ。強い。ウルフは足が遅いのでコイツを上手に使って相手を動かしましょう。後隙はしっかりあるので過信は禁物。うしろで単調に撃ち続けるのも大した意味を生まない。あくまで主体は接近戦ということをお忘れなく。

【横B:ウルフフラッシュ】★
(発生 19F ダメージ 18(24))
復帰技としてしか使えませんでした。復帰も上Bの方が使う場面は多い。

【上B:ウルフシュート】★★
(発生 18F ダメージ 4.8 + 3 + 6(7.2))
復帰技として弱い。けどしょうがない。空中移動の慣性が乗りやすいので慣れない内は事故率高め。距離も短いので思ったより帰れない。威力は高いのでたまにあえて崖を掴まらずに攻撃判定出すのも強い。怖いからあんまりやらなかったけど。

【下B:リフレクター】 ★★★
(発生 6F(反射9F) ダメージ 4.8)
反射技は持ってるだけで優秀。全方位反射なので使いやすさは抜群。適度に跳ね返して相手に弾を躊躇させましょう。直接当てに行くのはやらなくていいです。

【掴み】★★★★
(発生 その場 6F, ダッシュ8F, 振り向き9F)
ダッシュは遅いが相手にガードを強要させやすいので狙える機会は多い。投げコンもあるので火力も出やすく、高%時には後ろ投げで撃墜も可能。優秀ですね。


<立ち回り方>

丁寧なスマブラで高スペックを押し付けろ

基本スペックがどれも高水準ですが技のリーチがどれも短いので考えなしに突っ込んでいっても勝てるほどではありません。なのでしっかりと立ち回りを意識した丁寧なスマブラで丁寧に高スペックを相手に押し付ける戦い方をおすすめします。攻めの面では後述する主軸となる技をメインで使って差し込み方にだけ注意してもらえれば特段困ることはないと思います。コンボも色々ありますが技の単発火力が十分高いので覚えなくても問題ありません。復帰面はある程度諦めが必要なんでやられる前にやる精神でいいです。

1)基本の立ち回りについて
技のリーチが短いので接近戦に持ち込む必要があります。ただし、飛び道具もあるし反射技もあるのでがむしゃらに近づく必要は無く、場合によっては相手を動かす戦い方も可能。近づき方はダッシュが遅めなので空中からの差し込みが多くなりますが、単調だと処理されるだけなので地上からの選択肢も持ちましょう。具体的には空中から空Nでの差し込みが基本で、そこにダッシュからDA or 掴み or ガードの択を散らせたら十分通用します。ただしこれらの立ち回り技ではバースト出来ないのでダメージ稼げたら技の切り替え意識は必要。

2)主軸となる技について
地上への差し込みで使うのは空N・DA・掴み、対空行動としては空N・空前・空上が強い。牽制技のNBは言わずもがな、ちょっとした反撃や置き技・崖狩りに横強を用意できるともう十分。ガーキャン得意な人はガーキャン上スマが優秀なので積極的に狙っていきましょう。とにかく空NとDAが優秀で使いやすいのでその2つを信じるところから始めるといいと思います。

3)コンボについて
ほとんど知らずに戦ってましたが、なんとなくで色々繋がっちゃいます。確定してないのも多いんだろうなって感じですが、コンボを繋げることよりも1発1発丁寧に叩き込むことを意識する方が大事。投げコンだけ覚えて後はアドリブでいいと思います。
【下投げーDA】
低%限定。投げ後にDA出すタイミングにちょっと慣れが必要だが慣れれば簡単お手軽ダメージ稼ぎ要因。覚えておきましょう。
【上投げー空上or空前】
割と繋がる%帯が広いのが魅力。下投げから繋がらなくなったらこっちに切り替えましょう。空上か空前かは相手のベク変次第で。

4)復帰について
横Bでの復帰は事故りやすいし頭が出やすいので基本は上B復帰で良いと思います。ただし、横Bの方が早く帰れるので相手の準備が整って無かったり崖上で油断してそうな場合は横Bを選択することも考えましょう。復帰弱いのはどうしようもないので単調になって読まれないように努力する他ありません。

5)バースト手段について
空後・横スマ・上スマを通せると早期撃墜出来て楽に試合を運べる。空後・横スマは狙うと当てにくいが振るタイミングに気をつけさえすれば比較的低リスクで振れるので見極めて積極的に振ってよい。上スマはガーキャンで狙うのが基本だが、発生がさほど早くないので反撃以外でもジャンプ読みや着地狩りでもチャンスがあったら通したい。これら以外では崖際での横強かDAがおすすめ。最終的には後ろ投げでのバーストも可能なので撃墜技を当てることにあまり躍起にならずに空Nで崖外に出しつつチャンスを増やす戦い方をしましょう。

6)復帰阻止について
上から帰ってくる相手に空後もしくは空N合わせるのは強いので狙っていいです。崖下に空Nで降りていくのは強いが諸刃の剣。スカされて状況最悪になることもままあるのでよほどチャンスと思った時以外は行かなくていいと思います。それよりも相手の崖掴まりに合わせられる技が豊富なので崖上待機が強いと思います。合わせる技は下スマ、横強、下強の順で美味しいので崖上での準備時間と相談して技を選択しましょう。私はだいたい横強派。

7)ガーキャン行動について
上スマが優秀だがそこまで発生早くはないので何でもかんでも反撃できる訳ではない。掴みでも上スマでも取れるか微妙な場面では無理に攻撃に転じようとせずに様子見しましょう。密着を維持しなくても立ち回りが強いので距離を取るのが安定です。

8)キャラ相性について
だいたい誰でもいける。強いて言えばリーチのあるキャラがちょっと戦いにくいです。ダッシュガードで距離詰めようにも気軽に振れるガーキャン技がないので反撃が取りづらく、そもそも足が遅いので苦労する。たいがい復帰阻止強くて詰まされるのもマイナスポイント。ただ、それでも全然無理にはならないぐらいのスペックしてるので自信持っていきましょう。

<参考動画>

VIPでの対戦動画です。
1戦目(対クラウド)はリーチ差が厳しい相手ですが相手の技の後隙が大きめなので反撃は取りやすい部類だと思います。ガーキャン上スマで取れるシーンも多いので積極的に狙っていきましょう。無闇に突っ込んで相手の引き行動に引っ掛からないように注意しましょう。
2戦目(対セフィロス)もクラウドとほぼ同じ。リーチ差がより顕著なので相手の横強・空前・空後の置き行動が多くなります。しっかりと間合いの外からNB撒いて置き行動にリスクをつけてやりましょう。
3戦目(対スネーク)は近接攻撃で手榴弾が起爆するので面倒な相手ですがNBで相手の邪魔をできるので上手に使いましょう。下Bで手榴弾を跳ね返すこともできますが受け身展開になるのでメリットが薄く一生懸命狙う必要はありません。そんな暇があったら躱してNB撒いてる方が有意義です。


【執筆時ver. 10.1.0】


【PR】VIP達成したら記念にamiiboを


他のキャラの解説はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です